私は45歳で、息子は18歳です。
6年前に離婚して、息子との関係が深まったのは昨年からです。
現在までの間、私は母親であることを忘れ、妻や彼女のように息子と接していました。
外へ2人で出かけて誰もいない瞬間にキスをしたり、自宅では優しく愛されたり、私は息子からの愛情に酔いしれていました。

でも最近になって息子が、「子供を産んで欲しい」と言うようになりました。
まだ妊娠できる体なので不可能ではないのですが、その子の将来を考えると、とても妊娠なんてできません。
でも息子に嫌われたくないという思いもあって悩んでいます。
欲求不満な息子が私に性欲を向けているだけだと思っていたのですが、息子は真剣に私にそう告げます。
私も関係を深めてからは、どうしても息子の考えに同調してしまいがちで困っています。

息子との成り行きは、端的にいえば、息子の一途な気持ちに応えてあげたということでしょうか。
息子が中1の頃から私を見る目が変わってきていました。
私は着替えの最中やお風呂上がりでも息子と裸や下着姿で接するのも恥ずかしくなかったのですが、胸や下半身を見る息子の目にいやらしさを感じていました。
そして息子に対して羞恥心を感じるようになりました。

息子が中3の頃、私が深夜に目を覚ましてキッチンで水を飲もうとした時、洗面所兼脱衣所から光が漏れているのに気付きました。
そっと行ってみたら、息子が私の下着でアレに包んで1人エッチをしていたんです。
その時から、息子は私とそういう関係を持ちたいんだと理解するようになりました。
幼少の頃とは違う私を見る目の理由がその時にわかりました。
離婚して母子家庭でこれからやっていかなければならない私にとって、誰にもこのことは相談できず、家庭の空気も壊したくないと思い、ずっと黙認していました。

息子が高3になって、成績もそこそこで進学も上手くいきそうなことが分かってからは、私の心も少し変化してきて、息子の置かれた性環境に対して不憫に思うようになりました。
今でも、私の汚れた下着ですることに対しては理解できないのですが、どうせ毎日私のでするのならと、着替えやお風呂上がりに話しかけられても私は体を隠さずに息子と接するようにしていました。
性のはけ口を私に向け、そして受験が成功すれば、この子にとってはいいのかもと思っていたのです。

そういった状況の中で私も性的に不満を覚えるようになり、職場でアルバイトの大学生と性的関係を持ってしまいました。
いつもしつこく誘われたのと、お酒のせいもありました。
関係をした日、深夜帰宅して息子の部屋を覗いたら、息子が一生懸命に受験勉強をしていました。
私はその時、すごく罪悪感を覚えて居た堪れない気分でした。
すぐにお風呂に入ってその日は寝ようとしたのですが、健気に勉強に励んでいた息子の姿が目に浮かび、なかなか寝つけませんでした。

深夜2時頃、まだ勉強しているのかなと息子の部屋を覗いたら息子がいません。
もしやと思い脱衣所に向かったら、やはり息子は私のショーツを嗅ぎながら1人エッチをしていました。
それを見た瞬間、色々な感情が相まって、(受験が成功したら息子にあげよう)と決心しました。

その後、息子は見事受験に成功しました。
親子で喜び、「何かお祝いをしようか?」と聞いたら、「一緒に御飯が食べたい」と言うので、「じゃあ2人で旅行しようか」となりました。
2人での旅行は初めてで、卒業式の後に温泉旅館に行くことに決めました。
息子は母子で行くことに当初は恥ずかしがっていましたが、道中は楽しく過ごせました。

旅館に着いて、夕飯までまだ3時間近くあったのでお風呂に入ろうということになり、浴衣に着替えることになりました。
その時、私は今で言う勝負下着を着けていました。
人生初のTバックでした。
私は息子の前で躊躇なく下着姿になり、息子はゆっくりと上着を脱いでいました。
恥ずかしくて顔から火が噴きそうでしたが、息子に見てもらおうと買った下着なので、下着姿になってもすぐには浴衣を着ず、荷物の整理をしたりして時間をかけていました。

息子が上半身裸でパンツだけになった時、「お母さん、少し痩せた?」と聞いてきたので、「本当?そうかな」と前向きになって息子に下着姿を見せました。
近くでまじまじと見つめる息子の視線を感じました。

「お尻も小さくなったね」と言うので、今度は後ろ向きになってお尻を見せました。

「白くて綺麗だよ」と言われて、「ありがとう」と素直に答えてしまいました。

「刺繍が綺麗だね」

「結構高かったんだよ」

そう言うと刺繍が施してある辺りを息子が触ってきて、そのうちに息子がお尻を撫でてきました。
私はすごく嬉しくて、感じるままにお尻をくねらせてしまいました。
3分くらいそれが続き、私が振り返って、「お母さんでいいの?」と聞くと・・・。

「僕お母さんのことをずっと想ってたんだよ。僕の初めての人になって」

感激して思わず涙が出てしまいました。
フレンチキスのつもりが息子に舌を入れられ、私も舌を絡ませるとすごく気持ちよくなってしまい、キスだけで軽くイッてしまいました。

愛撫なんて全然されていないのですが、私は早く息子を受け入れたい気持ちでいっぱいで、息子のパンツからアレを取り出して、「入れて」とお願いしました。
すごく硬くてビンビンなアレを私が誘導して、座布団を3枚敷いた上で2人で重なり合いました。
入れてから少し動いてもらうと、すぐに息子が感極まっていました。
中に出されてしまいました。
結局、夕飯までにもう1回しました。
今思うとすごく乱暴な愛撫で、ひたすらに感情をぶつけてくるようなエッチでしたが、愛情の深さを感じました。
明るい部屋で私のアソコを見せてあげても、入れる時には分からなくなる息子がとても可愛かったです。
こんなに回数の多いエッチをしたのは新婚のとき以来です。
セックスしている最中に、息子から愛の告白みたいなのをされて、私も狂ってしまいました。

こんな感じで、私は息子と関係をはじめました。