私は小学6年生の冬休みに初体験をしました。

仲の良い友人(たかし)と、冬休みの宿題を友人宅で数日間していました。
友人は勉強が苦手で、もっぱら私が教える側でした。
友人には姉さん(中学3年生)がいて、地元でも有名なヤンキーでしたが、かなりスタイルのいい美人でした。
私はいつも(綺麗なお姉さんだな)と、憧れと性的な目で見てました。

冬休みはいつもコタツで宿題をしてました。

姉さん「りょうくん、いつもゴメンね~、たかしバカだからさぁ」

たかし「うるさい、あっち行けって」

私「全然。2人でやった方が早く終わるし」

宿題2日目。
友人の姉さんがジュースとミカンを持って来たので、その日は終了となり、3人で談笑していたところ、友人が家の中でかくれんぼをしようと言い出しました。

(3人でかくれんぼって・・・)と思いつつ、かくれんぼが始まりました。

友人の家は平屋でしたが、商売を営んでる家だったのでかなり立派で、部屋数もかなりありました。
思いのほか部屋数もあって、ちゃんとかくれんぼが成立して面白かったです。

数回目に友人が鬼で、私と友人の姉さんが隠れる番の時でした。
友人の姉さんがこっそり耳打ちしてきました。

姉さん「押入れの中に隠れよう」

私「うん」

その耳打ちの時に胸が私の腕に押当たってて、柔らかさと女性の香りにドキッとしました。
かくれんぼが始まり、友人の姉さんに手を握られて奥の部屋へ・・・。
そこは亡くなった祖母の部屋らしく・・・。

姉さん「この部屋、ほとんど入ることがないんだよね。アイツたぶん分からないよ」

押入れの布団の奥に2人で密着して隠れました。
姉さんの香りと先程の胸の柔らかさが気になり心臓がバクバクしていました。
残念ながら、このかくれんぼでは何もなかったです。
数十分後に押入れから出て、2人とも上手く友人を欺いて勝ちました。

たかし「どこに隠れてたの~?全然分からない~」

姉さん「(いたずらっぽく)りょうくん、どこに隠れてたの~?(笑)」

私「えっ?・・・教えないよ~(笑)」

その数回後のかくれんぼ。

姉さん「さっきの押入れに行こ」

頷く私。
2回目の押入れってことで、慣れからなのか、姉さんの密着も先程より強く感じました。
数分後、軽く手が触れた時に姉さんが手を握り締めてきました。

(え・・・?)

姉さんは無言で私の手を自分の胸に押し当てました。
しばらくは手を動かせず、胸に手を当てたままでした。
それだけでも柔らかさや胸の大きさ(D~Eカップ)、乳首などが分かり、興奮と同時にペニスが痛いほどギンギンになりました。

姉さん「動かしていいんだよ(笑)」

いたずらっぽく催促されました。
私は片手で揉んだり、乳首を手のひらで転がすように動かしてみました。
姉さんの吐息や小さな喘ぎ声がさらにドキドキと興奮を呼び、もう片方の手でも胸を揉もうとしましたが、体勢が悪くて触れる程度でした。
お姉さんはそれを察知したらしく、こちらに背中を預け、後ろから両胸を揉めるような体勢になってくれました。
自分の硬くなったペニスが姉さんの腰に当たり、勃起しているとこがバレてしまいました。

両手で胸を揉み続け、ときどき乳首も摘まんだりしていると、次第に姉さんの喘ぎ声も荒くなり、身体や腰がウネウネと動くたびにペニスが擦れて、私も身体がビクビクしました。
姉さんが体を私から離したので、(終わり?)と一瞬思いましたが、それは間違いで、姉さんは自分の手を後ろに回して、ギンギンになったペニスを擦ってきたのです。
私はオナニーを覚えたばかりだったので、初めて女性に触られる感覚は電気が走るくらいの気持ちよさでした。

姉さん「おっきいね・・・」(小さな声)

ちなみに当時は16センチほどでした。
6年生ながら身長も165センチくらいありました。
それから数分間、お互いの胸とペニスを触り合いました。
私は姉さんのアソコにも触りたい衝動に駆られ、意を決して股間に手を伸ばしました。
すると手を掴まれて、ダメという意思表示をされました。

(・・・ダメ?)

一瞬の後、姉さんの手は緩みました。

(いいのかな・・・?)

すでにパンティはかなり湿って熱くなっていました。
パンティの中に手を入れるとアソコはかなりヌルヌルでした。

(うわっ・・・ヌルヌルだ)

クリトリスや穴の場所は雑誌などで大体知っていたので・・・。

(これかな?)

クリトリスに触れると姉さんの吐息やビクつきも激しくなり、私のペニスをギュッと握り締めているだけになりました。
穴に指を入れた時、一番大きな声が出ました。

姉さん「ンッ・・・アァァッ」

(すげぇ・・・感じてる)

胸と穴とクリを触り続けて数分・・・。

姉さん「・・・イクっ」(小さな声)

姉さんは身体を震わせてイキました。

姉さん「イッちゃった(笑)」

私「うん」

姉さん「りょうくん、凄くちんちんおっきいんね(笑)」

そう言って身体を反転させると、ジャージの上から強めに擦ってきました。
そしていきなりジャージの中に手を入れて直接ペニスを擦ります。

(ヤバい・・・すげぇ気持ちいい)

ペニスがビクンビクンして、先端から我慢汁が出てヌルヌルなのが自分でも分かりました。
気持ち良さにボーっと身を任せてたら、いきなり温かい感触に包まれました。

(えっ?口?これってフェラチオ?)

数回上下されただけで射精感が一気に来て、我慢することもできず、姉さんの口の中に大量の精子を出してしまいました。

姉さん「ンッ・・・ンッ・・・ングッ・・・いっぱい出た(笑)」

その時は考える余裕もありませんでしたが、姉さんは大量の精子を飲み干してくれました。
放心状態でしたが、ペニスは収まりがつかずにギンギンのままでした。
姉さんは手で擦りながら、「カチカチ(笑)」と言いながら何かモゾモゾしました。
私はまだ放心状態で、心地よい痺れと快感が長時間続いている感じでした。
その瞬間!

私「えっ?」

姉さん「ンッ・・・ンッ・・・おっきい」

姉さんは上に跨がり、アソコでペニスを咥え込んだのです。

(うわっ、うわっ!ヌルヌルで気持ち良すぎる)

私は反射的に姉さんに抱きつきました。
一番奥までペニスが入ったのか・・・。

姉さん「ンッ・・・アッ・・・おっきい・・・よ」

姉さんの数回の出し入れに、我慢することも何かを考えることもできず、強い快感に包まれてそのまま大量に射精してしまいました。

私「ウッ・・・ウッ・・・」

射精が始まっても姉さんの動きは止まらず・・・。

姉さん「アァァ・・・気持ちいぃ・・・アァ・・・イクッ・・・」

激しく動くと同時に私も2回目の射精。
姉さんは私に抱きつき、身体をビクビクさせながら、初めてそこで初キス(ディープキス)をしました。
2人はまだ繋がったまま。
姉さんは小刻みに出し入れして余韻を感じているみたいでしたが、そのまままた大きく出し入れをしはじめて・・・姉さんは2度目の絶頂へ。
そして私は3回目の射精へ。

姉さん「りょうくん、何回イッた?もうベチャベチャだね(笑)」

私「何回も出たから・・・」(放心状態)

掛け布団のシーツで愛液や精子でベチャベチャになったお互いのアソコを拭いて押入れから出ました。

友人「どこ行ってたのさ~。もしかして家の外とか?反則だぞ~」

姉さん「ズルしてないよ~」

私「オレも~」

それから冬休みの間は、何度もかくれんぼをして、そのたびに隠れてセックスをしました。
友人が留守の時に姉さんの部屋でセックスしました。
姉さんは私のチンチンがかなり気に入ったらしく(当時の彼氏よりも大きかったのかも)、冬休み中はセックス三昧で女性の身体を理解するには十分過ぎるほどでした。

長々と拙い文章ですみませんでした。