会社に出入りしている22歳の新人生保レディ。
契約を取りたくて、社食で熱心に説明してくれるんだけど、こっちが椅子に座ってる横で屈んで説明するもんだから、大きく開けたブラウスの下に覗くサイズの合わないブラから貧乳がチラチラ。
説明を聞いているふりをしながら貧乳が気になって気になって。
よくよく見ると推定サイズBカップくらいの膨らみにピンクの乳首がこちらに向かって挨拶をしてるではないか。

(まさか誘ってるんじゃないよね?)

なんて自問自答しながら入る素振りを見せたら、案の定食いついてきた。
とりあえず1回カクテルバーでデートしてくれたらOKだよって言ったら、「約束ですよ~」ってことで、次週行くことになった。

そしてその日が訪れ、とある駅で待ち合わせ。
新人生保レディは約束5分遅れで走ってやってきた。

「ごめんなさい~。降りる出口を間違えてちゃって」

もちろんこちらは仮面を被った狼男ですから、そんなの満面の笑みを浮かべて許しちゃいます。

「何飲む?」

「私、じつは飲めないの」

「ほぇ?なななっ何?」

「ごめんなさい、体質が合わなくて」

「えっ?飲むとどうなるの?」(←下心全開)

「たぶん、1杯で立てなくなる」

「嘘だろ?じゃあほんとに軽めのを選んであげるよ」

と、エロ狼に変身した俺はカルーアミルクをチョイス。

「美味しいっ」

「飲みやすいでしょ?ほとんど酒は入ってないから」(←悪魔の囁きモード全開)

彼女1杯に俺3杯のペースだけど、彼女の目が確かにヤバイ。

「2杯目いく?また軽いの選んであげるから」

と、オレンジフィズを注文。

「美味しいっ・・・でも、もしかしたら少し酔ってるかも」

「大丈夫だろ?2杯ともジュースだし。これで酔った人見たことないよ」(←鬼畜全開)

などと言いながら、仕事の大変さを聞きながら調子に乗せる。

「可愛いから、『契約したらデートして』とか多くない?」

「言われることもあるけど、私こう見えても堅い女なんですよ。お客様と飲んだのも初めてだし」

2杯目のフィズを飲み終えた頃には彼女の目が明らかに飛んでいる。
それでも、こちらはエロ気なんてこれっぽっちもありませんという安心感を与えながら・・・。

「大丈夫?契約用の印鑑も持ってきたから、酔い醒ましに少し外を歩こうか」

と誘い出し、階段を上ろうとする彼女を「危ないなぁ」と支え、肩を寄せ合う擬似カップル状態に成功。
肩を抱いても抵抗せずにふらふら歩く彼女。
しばらく歩くと小さな公園のベンチを発見。
座りながら肩を抱き、「やっぱめちゃめちゃ可愛いな」と120%のお世辞を言うと満更でもない様子。

「キスしたくなっちゃった」

「ダメですよぉ、そんなのぉ」

と言いながらも目は虚ろ。
少し強引に肩を抱き寄せてキスをするが、酔いのせいか受け入れる。
昼間の真面目な彼女とのギャップに年甲斐もなく俺もドキドキ。
舌を絡ませつつ服の上から推定Bカップの胸を触ると甘食のような膨らみ。
顔だけじゃなくてスタイルもいい。

「ちょっと目の前に立ってみて」

黒のリクルートスーツに身を包んだ彼女を立たせる。

「仕事中は判らなかったけど、スタイルもモデル並だね~」

逆営業トークをかましながら、立っているのがやっとの彼女のスカートを一気に捲る。

「えっ?やめて下さい・・・」

しかし彼女は立っているのがやっとなので抵抗できない。
狼の俺は一気に子羊のストッキングと純白の下着を膝まで下ろした。

「◯◯ちゃんのお尻、みんなにまる見えだよぉ」

「は、恥ずかしいです~」

(ん?Mだろ?)

子羊のあそこを触ると、柔らかな毛並みはすでにたくさんの蜜が!

「感じてるの?」

「・・・」

個人的にはこの時点で達成感があったので、通りに出てタクシーを呼び止めた。
たまたま帰る方向が同じだったので2人で乗ったんだが、途中で彼女の気分が悪くなり、2人で途中下車。
これ以上の車移動は無理かなと思っていたら、これもたまたま近くにビジネスホテルがあり、ダメ元で今から2人は可能かと、彼女を外に待たせながらフロントに聞いてみた。
もう日付が変わりそうな時間だったが、1部屋ならということで、抱きかかえながら入室した。

(少し飲ませ過ぎたかな・・・)

反省するも、一瞬でさらなる欲望が沸いてきた。

「大丈夫か?てか、マジ弱いんだな」

「ごめんね、余計なお金使わせちゃって・・・。あ~っ、気持ち悪い」

「少し寝るか?」

「うん、ごめんね」

「とりあえず服脱げ。高いスーツがくしゃくしゃになるぞ」

そう言って備え付けのパジャマを渡す。

「恥ずかしいよぉ、さっきの公園は暗かったけど・・・」

「もう仕方ないなぁ」と目の前に立たせ、「子供なんだから~」とか勝手な解釈でスーツの上着とスカートを脱がす。

白のブラウスにストッキング。
先走り汁がすでにパンツを濡らすくらいに興奮している俺。
ストッキングを脱がし、ブラウスのボタンを一つずつゆっくり外していく。
純白のブラとパンティを見て、達成感というか征服感というか、なんとも言えない気持ちになった。

「恥ずかしい?」

「うん」

(全裸姿が見てみたい!)

部屋の中とは言いながら冬の最中、肌寒い。
身長150センチの新人子羊のブラを取る。
会社でチラチラ見えた、あの貧乳が露わになった。
まるで中学生のようだ。
乳首は綺麗なピンク。
ストライクど真ん中の直球だ。
しゃぶりつきたい気持ちを抑え、本来ならここで上のパジャマを着せるが鬼畜は違う。
狙うは全裸。

「えっ?下着も?」

子羊がしゃべり終えるのを待たず、純白のパンティを一気に剥ぎ取る。
あの新人担当が俺の前で全裸になった瞬間だった。
けしてロリではないが、公園で感じたように柔毛ながら範囲は広い。
貧乳&薄毛もドストライクだ。

「子供かと思ったらしっかり生えてるんだね」

「・・・」

赤い顔がさらに赤くなる。

「後ろ向いてみ」

つんと突き出た尻。
綺麗だ!

一通り見たら全裸にパジャマを着せる。
部屋はツインだが、ここでいつもの言葉。

「何もしないから一緒に寝よっ?」

腕枕をして、30分くらい話す。

「彼氏はいるの?」

「ううん、好きな人はいるけど・・・」

「エッチしたことはある?」

「一度だけ。私、今こんなことしてるけど、めちゃめちゃ堅いんだから勘違いしないでね」

確かに真面目だ。
何気にパジャマのボタンを外す。

「『何もしない』ってさっき」

「うん、しないよ。触るだけ」

甘食も興奮して先を尖らせてきた。

「あ~っ、はぁはぁ」

「感じてんだ?」

「違うもん」

「久しぶりなんだろ?」

「まあね」

「てか、めちゃめちゃストライクなんで、胸だけ撮らせて?」

「顔は嫌だよ」

写メ撮る。
パジャマの下に手を入れる。

「こんなに濡れてんだ」

「うるさ~い」と言いながら、触ったことには抵抗しない。

もういただきだ。
器用な足でパジャマを剥ぎ取りディープキス。
舌を絡めてくる彼女。
俺のマグナム・・・じゃなかった、俺の単一乾電池が唸りをあげて吠える。
『入れさせろ』と。
準備はお互い万端。
あとは息子を子羊にぶち込むだけだ。

ん?あれ?
場所はここのはず。
なぜ???
息子がパニクる。
子羊に尋ねる俺。

「言ったでしょ、1回しかしてないって。それも3年くらい前だし」

決して俺がマグナムなわけじゃない。
どちらかと言うと小さなほうだ。
もう一度指で確認して乾電池を当てるが入らない。
結局、先っぽだけしか入らず、子羊を指でイカせた。
その後、添い寝で朝まで過ごした・・・。

鬼畜の割に強引に貫通もせず、エロい表現も上手くできず、すまんかった。