学生時代からの友人の井村とは月に1回のペースで飲みに行ったり、自宅を訪ねて奥さんの手料理で飲む機会がある。
その時は彼女を連れて行くのだが、いつも井村夫婦から「いつ結婚するの?」と言われたりする。
俺や彼女が見ても、とても幸せな夫婦に見えた。

ある時、いつもの通り飲みに行ったが、井村の奥さんの仁美さんがどこか浮かない表情をしているように思えた。
仁美さんがトイレに行ったときに井村に聞いても、要領を得ない返事ばかり。
まあ夫婦間の問題だから、これ以上聞くのは野暮だと思い、質問するのをやめた。
彼女も仁美さんの様子を見て、「大丈夫かな?」と心配そうだった。

それから1週間が過ぎたある日、仁美さんから俺の携帯に1通のメールが来た。

『相談したいことがあるので今晩、自宅に来れない?』

そんな内容。
俺が『彼女も連れて行きたいけどOK?』と返したら・・・。

『じゃあ3人分の料理を作って待っているから』

と返信があった。
彼女にメールをして2人で井村の自宅に行った。
玄関先で仁美さんはいつも通りの笑顔で出迎えてくれた。

3人でワインを飲みながら夕食を食べた。
洗い物や後片付けをしている間は彼女と2人、リビングでワインを飲みながらテレビを見ていた。
やがて仁美さんが後片付けを終えて合流。
話が盛り上がってワインのボトルが2本ほど空になった頃、仁美さんがこぼした台詞が・・・。

「私、旦那と別れようかと思う・・・」だった。

俺と彼女は思わず目が点になった。

「子供が欲しいって旦那に言ったら、旦那は子供はいらないって軽く言ったの!」

仁美さんの目には涙が溢れていた。
俺も彼女も返す言葉に詰まった。
今まで盛り上がっていた場がしんみりしたことに気付いた仁美さんは・・・。

「ごめんなさいね、あっ、そうだ。沙耶ちゃん(俺の彼女)、女性の口に合う美味しいワインがあるのよ、飲んでみる?」

「はい、飲みたいです。仁美さんはワイン通だからきっと美味しいでしょうね」

仁美さんは彼女から受け取ったグラスを持ってキッチンに消えた。
そしてしばらくするとグラスにワインを注いで戻ってきた。
仁美さんからグラスを受け取った彼女はそのワインを飲んで、「本当に美味しいです。後で銘柄を教えてくださいね」と言って喜んでいた。
その後は元の明るい話題に戻り、3人で盛り上がってた。
そして彼女は酔いが回ったのか寝てしまった。
仁美さんが「風邪を引いては」と酔い潰れた彼女を寝室に運び、リビングに戻ってきた。

「しばらくの間は起きないよ、だってさっきのは睡眠薬入りの特製ワインだから」

仁美さんの言葉に俺は驚いた。

「さっきの話は本当、子供はいらないって言うし!『仕事で疲れているから悪いけどセックスは月に1~2回にしてくれないか?』って。・・・旦那、私のことを女として見てくれないのよ!」

仁美さんの女としての不満が爆発したという感じだった。
ワインを飲んで顔が赤くなっている仁美さんは、さらに顔を紅潮させて情熱的な笑顔を浮かべた。

「もう我慢の限界。貴方に彼女がいることは分かっているけど、今晩だけ。お願いだから私の旦那さんになって。旦那の友人ではなく1人の女性として私を見て・・・」

仁美さんの言葉は色っぽかった。
しかし、友人の奥さんに迫られて「はい、そうですか」と簡単に抱いてしまうことには罪悪感を覚えていた。
すると追い討ちをかけるように仁美さんが言う。

「旦那は明後日まで泊り込みの出張。どうせ今頃、若い女子社員を連れ込んでるはずよ」

この台詞に驚きの色を隠せなかった。
あの井村が不倫をしていたとは・・・。
俺がしばらく呆然としていると、なんだか下半身が涼しい・・・。
気づけば仁美さんが俺のチンポをフェラしていた。

「いつもこれを入れてもらってる沙耶ちゃんが羨ましい」

性欲に飢えた仁美さんがいた。
ここまで来たら迷うことはない。
今晩だけということなら、俺は仁美さんとの一夜を楽しむことにした。

チンポをしゃぶると言うより肉捧にむしゃぶりつくような感じの仁美さん。
ソファーに腰掛けた俺に仁美さんは両膝を着く姿勢でフェラを続けた。
俺はワインを飲みながら性欲の塊と化した友人の奥さんを見ていた。

そろそろと思い、フェラの邪魔をしないように仁美さんの服を脱がし始めた。
着痩せするタイプのようで上半身ブラ1枚になった仁美さんはポッチャリした体形だった。
スカートは仁美さんが自分で脱ぎ、パンティ1枚になった。

「じっと見ないで、結婚して太ったみたい」

恥ずかしそうに言う仁美さん。

「知らない男には抱かれたくないの。だから今晩はたっぷり楽しみましょう」

そう言ってフェラを再開。
ホックを外したら、ブラから弾き出されるように豊満なオッパイが出てきた。
手に余るほどの大きさだ。
包み込むように優しく豊満なオッパイを揉んだ。
脇の下の少し上にあるポイントを指先で刺激しながら乳首を指の腹で挟み込み、胸の形を崩さないよう包み込み、優しく揉んだ。
フェラしている仁美さんの口から甘い吐息が漏れた。
数分ほどこの愛撫を続けると仁美さんは尻を振り、フェラしている口から甘い吐息を溢して悦びを表してくれた。

仁美さんは自らパンティも脱いだ。
姿勢を変え、仁美さんを寝かして顔が来る位置にチンポを出してフェラを続行させた。
俺は左手はオッパイ、右手は秘部、2箇所を同時に愛撫するポジションにした。
すでに仁美さんの秘部からはじっとりと愛液が流れ出ている。
まさにヌルヌルだった。
旦那とのセックス回数が少ないのか、もともと男性経験が少ないのか、仁美さんの秘部は色素沈着が薄い。
しかしビラビラは大きくはみ出している。
セックスレスから自慰行為の回数が多くて、そうなったのかも知れない。

「オナニーはしてるの?」

「毎日していました。今からオナニーに使う道具を見せます」

仁美さんは従順な態度になって寝室からオナニーグッズを何個も持ってきた。
この頃には俺は、(彼女にはできないことを仁美さんにして楽しもう)という欲望が出始めていた。

「どれくらいやってないの?」

「1年くらいかな?旦那のいない昼間にオナニーしないともうヤバいって感じなの」

説得力のある言葉だった。
仁美さんを元の位置に戻し、フェラを再開させた。
十分に濡れて挿入できる状態になった秘部へバイブを入れ、スイッチをONにした。
中を掻き回すようにバイブが動いている。
2個のローターを手に取り、乳首とクリトリスに当てて3箇所を同時に攻めた。
仁美さんは俺のチンポを手コキしながら恍惚の表情を浮かべ、なんとも可愛らしい喘ぎ声をあげている。

「もう我慢できない~!入れてください!お願い!」

仁美さんが俺のチンポを強く握り締めて言った。

「まだ早いよ。自分でバイブを動かしてみて」

俺が意地悪な台詞を言うと、仁美さんは自分の秘部に差し込まれていたバイブを動かし始めた。
オナニーと同じ状態だ。
洪水のように秘部からは愛液が流れている。
そろそろ挿入したくなり、仁美さんにオナニーを止めさせた。
ゴムを探していたら、「外で出してくれるなら生でも大丈夫だから」と言うので生挿入することにした。
入れようとすると、仁美さんが腰を浮かせてくる。
まるで『入れてちょうだい』という感じだ。
チンポを挿入してから少しの間、腰は振らなかった。
仁美さんにバイブではなく本物のチンポを入れられた感触を確認させたかったからだ。

「やっぱり本物はすごく気持ちいい~!」

膣口周辺を刺激するような感じで浅めに腰を振った。
少しずつ奥に進む感じで腰を振り、仁美さんの反応を見た。
奥を突かれた方が感じると分り、奥をどんどん突いていった。

「もっと激しく、お願い!!」

リクエストに応えて激しく突きまくった!
緩急を交えて腰を振り続けてお腹の上に発射!
すると仁美さん、なんと精子まみれのチンポをきれいに舐めて、2回戦を希望してくるではないか。
再び正常位で生挿入!
座位に移行して、仁美さんにワインを口移しで飲ませたりした。
結局、その夜は3回セックスをした。

「ありがとう。なんかスッキリした感じ。またして欲しいな、って言いたいけど・・・やっぱりダメかな?」

「今回はお互いに酔っ払った上での過ちってことにして、もう少し考えた方がいいと思うよ」

我ながら冷静に言えたと思う。
やはり友達の嫁さんだし、今までの友人関係を壊したくない気持ちの方が強かった。