夫が1年前に他界して、小学4年の息子と2人暮らし。
私は48歳です。

まあ君は息子の同級生。
同じマンションのお隣同士です。
まあ君のお母さんの母親が交通事故で入院して、隣県の実家に夫婦で出かけることになり、うちでまあ君を預かることになりました。
たまたま息子はクラブの合宿で月曜日まで不在。
昨日から私とまあ君だけです。
運動だけが得意な息子と違って成績抜群のまあ君は細身で、日頃から私の母性本能を掻き立てていました。

昨日の夜、まあ君をお風呂に行かせ、すぐに私も入りました。
びっくりしたようですが、「洗ってあげる」と、半ば強引に。
おちんちんは皮を被っていましたが、洗っているうちにみるみる膨らんできてぷくっとなりました。
まあ君は恥ずかしそうに身を遠ざけようとします。

「だめっ、じっとして。綺麗にするんだから」

大人しくされるがままになったまあ君に、「ちゃんと中まできれいにしようね」と言ってゆっくりと皮を剥きました。

「痛い?」と聞くと首を横に振りました。

「ほら、こんなにカスが溜まってる。きれいにしなくちゃ」

そう言うと私は口に咥えました。

「おばちゃん、くすぐったい」

強い力で私を押しのけようとします。
それでも離さず、黄色っぽいカスをぜんぶ舐め取りました。
チーズの臭いとしょっぱい味がしました。
まあ君はすぐに放出しました。
青臭い精液でした。
動揺したのか、「おばちゃん、ごめんなさい」と泣き出しそうになっています。
全部飲み込んだあと「まあ君、何を出したかわかる?」と聞くと、首を横に振ります。

「これは精子、赤ちゃんの元よ」

私が説明しても、よくわからないようでした。

まあ君を抱っこするような格好で湯船に浸かり、乳首を吸わせました。
まあ君の手を取り、私のあそこに導きました。
そして指を入れさせます。

「ここにおちんちんを入れて、さっきのように精子を出すの。そしたら赤ちゃんができるのよ」

まあ君の顔は赤く上気していました。
まあ君のおちんちんに指を這わせると、ちゃんと硬くなっています。
皮を剥くように指を動かすと、まあ君は私にしがみついてきました。
なんという快感でしょう。
言葉ではとても言い表せません。

それから2人はずっと全裸です。
私が考えつくあらゆることをしました。

「おばちゃんはすごくいい気持ちわ。まあ君は?」

そう聞くと、「僕も」と言ってしがみついてきます。
私が「2人だけの内緒よ」と言うと、何度もウンウンと頷きます。

今朝も遅い朝食をとった後、お昼も食べずに2人とも裸でベッドの中で過ごしました。

今、午後2時を回っています。
まあ君はベッドで眠っています。
ここに書きながら、時々まあ君のおちんちんを口に咥えます。
おちんちんはすぐに大きくなり、皮が半分剥けます。
なんて可愛いんでしょう。

これから、まあ君の顔の上に跨がり、あそこを押しつけてオナニーしようと思います。
お隣の夫婦が帰ってくる今日の夕方まで、まあ君は私だけのものです。