俺がまだ会社に勤めて2年くらいのとき、帰りに台風に遭った。
俺の家は山手の田舎で、バスに乗るのだが1時間に2~3本しか来ない。
しかも乗り継ぎしないといけないので、やたらと待ち時間が長かった。

で、経由するバス停でバスを待っていたわけだが、バス停の灯り以外は真っ暗で、ポツンと俺1人でバスを待っていた。
小屋みたいなのはあったが、とても台風の風雨は防げなかった。

30分待ってバスが1台やって来たが、俺が乗りたいのは次の便のバスで、JKが1人降りてきただけだった。
そのJKは時々帰りに顔を合わせる娘で、1年生だということは知っていた。
JKは少し制服を濡らして小屋に入ってきた。
俺たちは台風のひどさを話しながらバスを待ってた。
しかし一向に目的のバスは来ない。
いい加減暇になり、JKも不安を隠しきれないようだった。

俺はJKを笑わそうと思い、少しエロい話を会話に織り交ぜた。
するとJKはあっけらかんと俺の話に乗ってきた。
そのJKはまだ処女なのだが、周りの友達は彼氏を作ってやりまくってるらしい。
学校でそんな話までするんだと思って、俺は下らない妄想をしはじめていた。

「あれ~、お兄さん、もしかして・・・」

JKが俺の股間を見ていた。
俺はよく顔を合わすJKに勃起したチンコを目撃されて、まさかの痴漢呼ばわりは御免だと思い、必死で誤魔化した。

「いや~、この手のズボンって、それっぽくなっちゃうんだよ~」

我ながら苦しい言い逃れだった。
俺があたふたしてると、「お兄さん、私、知ってるよ」とJKは言った。

「友達が言ってた。男の人ってエッチな話をしてるとそうなるんでしょ?」

台風、ド田舎、バスは来ない、JKは処女でエッチに興味あり・・・。
今の状況を冷静に分析して、これはチャンスだと思った。

「俺は違うって。疑うんなら確かめたら?」

するとJKは俺のチンポに手を近付けて、スーツのズボンの上から手を乗せた。

「へ~、あったかいね。意外と硬いんだ~!」

JKは目を大きく見開いていた。
JKは処女なわけで、まだチンポを触ったこともないだろうと思った。

「な、普通だろ?」

「えっ、立ってなくてこんなに硬いの?」

JKは聞き返してきた。
実際は半起ちだった。

「じゃあ立ててみて」

「・・・どうやったらいいかわからない」

JKを困らせたところで、「じゃあ出してみて」と言った。
JKは興味津々といった様子で、辺り構わず俺のズボンのベルトとボタンを緩め、チャックをずらした。
そしてトランクスを下ろした。
JKはしばらく半立ちのチンポを見つめていた。

「おっきい。初めて見た」

小さな声でJKは言った。
こんなものに興味を持ってくれてありがとう。

「もっと大きくしてみてごらん。怒らないから」

そう言うと、JKはチンポの根元を両手でそっと握った。
指の腹でチンポの根元を握ったり離したり、両方の手のひらでチンポを包んでくれたりした。
俺はJKの手首を持って、手コキの方法を教えてやった。
時々俺のチンポがビクンと動くとJKはビックリした顔をする。
その表情が初々しく、見ていて楽しかった。

「この先の赤いところ、触っても痛くないの?」

可愛らしく心配してくれる言葉もたまらない。

「大丈夫だからしてみて」

そう言うとJKは機械のような手コキしてくれた。
俺が「バスが来るまで続けて」と言うと、「どっちが先かな~?」なんて言う。
JKも知っている知識を総動員しているのだろう。
結局、恥ずかしながら10分くらいで処女JKにイカされてしまった。
JKは俺のチンポから精子が飛び出るのを見て驚いていたが、喜んでいるようにも見えた。

「私がして気持ち良かったんだ~!」

JKは得意げな笑みを見せ、ビンビンのチンポをまた手コキし始めた。

「上手だね。ホントに初めて?」

「初めてだよ~!」

もうJKは手コキに夢中だった。
でも2回目となると、そう簡単には射精しない。
JKは少し苛立ちを見せながらも色々と試行錯誤していた。
しかし、チンポは何度もビクンビクンするものの射精は起こらない。

「なんで~?もう慣れちゃった~?」

正直、気持ちいい。
俺はそのまま続けさせた。
もう20分近く経つが、射精もバスも来ない。

「俺の膝を跨いで座ってよ」

俺が言うとJKは俺の右膝にちょこんと座った。
セーラー服のスカートが短く、膝にはパンティの感触。
パンティは見えそうで見えない。
手コキにあわせてスカートが揺れるが、それでも見えない。
台風の風もこんな時に限って弱くなって・・・、しかしそれが逆にそそった。
処女JKのマンコがパンティ越しに俺のズボン越しに当たって擦れてるみたいな感じだった。
JKのマンコが濡れていたのか、少し膝が冷たかった。

それから5分くらいして遠くにライト見えた。
来たバスに2人で乗った。
さすがにチンポはズボンに収めたが、JKは俺の前に立ってチンポを握って離さない。
2人掛けの椅子が開くと、座って続きをしてくれた。
JKは手コキをしながら外の景色なんか見て誤魔化していた。
結局、俺は自分の下車駅では降りずにJKの下車駅まで行き、そこの小屋で続きをしてもらった。
やっと射精するとJKは満足そうに、「2回目はすごくもったね」と言った。
俺が、「初めてとは思えないくらい気持ち良かったよ」と言うとJKは顔を赤くした。

JKとはメルアドを交換して別れた。
その頃には台風も弱まっていたので歩いて帰った。
帰り道でケータイが鳴った。

タイトル:マユだよ~!
本文:面白かったよ(笑)またしたい!

最近のJKって(笑)

それからマユとメールをやりとりをした。
次の日曜に会うことになって、近所じゃヤバいってことで街の方で会った。
俺の車の中で3時間くらい、マユは手コキをしてくれた。
でも、俺がマユに手を出そうとすると、「まだ処女だからダメ~!」とか言って何もさせてはくれなかった。
その後も手コキだけの付き合いは続き、マユが高校を卒業して街に出る前に処女をくれた。
マユとはそれっきりだ。