2年前の話。
それは高校3年の夏のことだった。
夜8時にバイトが終わり、帰宅しようと電車に乗ろうとしていたら電話がかかってきた。

「よう、今日3-4のやつらと飲んでるぜ~。来るか~?」

それは友人のコウジからだった。
もう酔っているらしくテンションが高かった。
俺はコウジに尋ねた。

「誰がいるの?」

「え~っと、キョウコとミユキとか・・・」

俺はびっくりした。
俺の好きな人、ミユキがその飲み会にいたからだ。
俺はもちろんその飲み会に行くことにした。
しかし、酔って変なテンションを見られてミユキに嫌われたりしないだろうか?
少し不安がよぎったが、ミユキと遊べることが嬉しかった。
電車で渋谷に行き、センター街から少し離れた場所にある居酒屋に行った。

「お~、タカヒロ(俺)、お疲れ~」

そこにはミユキの姿もあった。
俺は飲み始めた。
次第にみんなが飲むペースも上がっていった。
時間は11時になり、明日バイトのやつもいるため、今日はここでお開きになった。
俺は井の頭線なのだが、唯一の同じ線路なのがミユキだった。
俺はミユキに尋ねた。

「なあ、もう帰るか?」

「あっ、買いたいCDがあるからついて来てよ~」

2人でツタヤに行った。
同じアーティストが好きだったことがわかり、俺は浮かれていた。

(俺のことも好きになってくれないかな。付き合いたいな。一緒にライブとか行きたいな)

普通に考えて、同じアーティストが好きだからと言ってその人のことを好きになることはない。
たぶん酔っていたから自分に都合よく考えたのだと思う。
ツタヤで過ごしていたら時間は0時55分、終電がヤバい時間だった。
俺たちは走ったが、もう終電は出た後だった。
気まずい雰囲気が流れた。
いくら酔っぱらいの2人でも、このヤバさには気づいている。

「な、なぁ・・・どしようか?」

俺はミユキに問いかけた。
するとミユキは、「仕方ない。カラオケにでも行こ♪」と笑顔で返してくれた。
俺たちは軽やかにトークをしながら歩いていった。

(この瞬間、時が止まればいいのに・・・)

俺は本気でそう思った。
と、話に夢中になりすぎたせいで、カラオケ屋なんか全くない場所に来てしまった。
辺りを見渡すとホテルばかり・・・。
そう、渋谷の円山町(ラブホ街)に来ていたのだ。

「ここって・・・だよね?」

ミユキが恥ずかしそうに言う。
俺は慌てて反論した。

「いや、違うんだ、わざとじゃないんだ、本当なんだ」

酔った勢いなんかじゃなくて普通にラブホ街に来てしまった。
マズいことをしてしまったと俺はヘコんだ。
しかし、酔っているのかミユキは大胆な行動をとってきた。
ミユキは俺の手を掴み、寄り添ってきたのだった。

「こうすればカップルに見られるかな・・・?」

俺の顔の横にミユキの可愛い顔がある。
そして軽くミユキの胸が当たっている。
DとEの中間くらいのちょうどいい胸が・・・。
俺の股間に血が集まってきてしまった。
するとミユキは少し離れて近くの自動販売機に行きジュースを買った。

「ねぇ、もう歩き疲れたよ~」

股間が爆発しそうな寸前で離れたのでほっと一息ついたが、少し寂しさもあった。
俺は冗談っぽく、「そんなに疲れたのならホテルでも泊まるか?」と、かなり意味深な発言をしてしまった。
酔った勢いとは怖いものである・・・。
しかし、ミユキの返答に拍子抜けてしまった。

「うん・・・いいよ」

恥ずかしそうに言うミユキ。
俺はこの後のことを想像してしまった。

ミユキとあんなことやこんなことをするのかも!
でも、付き合ってもいないのにそんな事ができるわけがない!
てか、しちゃマズい!

俺たちは近くのラブホにチェックインした。
エレベーターに乗り、渡された鍵の部屋まで向かった。
部屋に入り、俺たちは荷物を置いた。
するとミユキはベッドに大の字に寝そべった。

「タブルベッドって気持ちいいね~」

服の上からだが、くっきり見える胸。
そして今にも見えそうなパンティ・・・。
俺の欲望の棒が震え、理性がきかなくなりそうだった。

だが、ここで暴走してはマズいので俺は落ち着くために煙草を吸い始めた。
先ほどの飲み会でもミユキの前で吸っていたので大丈夫だと思った。
俺は念のために、「煙草の煙、大丈夫?」と尋ねた。
ミユキは、「うん、吸わないけど大丈夫だよ」と答えてくれた。
俺が煙草を吸い終わる頃、ミユキは・・・。

「あ、お風呂入ろ~。覗かないでね」

そう言って風呂場に向かった。
水の音が聞こえてくる。
その向こうが気になり、俺の息子はずっと勃ちっぱなしだった。
これが“生き地獄”なのだろうと思った・・・。

約15分後、ミユキはバスローブ姿で出てきた。
俺はすっかり見惚れてしまった。

「Y君(俺の名字)も入ったら~?」

俺はミユキの体を見てぼーっとしていた。
ようやく声に気づき、「ん、ああ、俺も入る」と返した。
俺は脱衣所で服を脱ぎ、風呂場で髪を洗った。

ミユキもこのシャンプーを使ったんだよな・・・。
ん?ってことはさっきまでここにミユキがいたんだよな。

そう考えると俺の根っこは激しく立った。
なぜあの時、一発抜こうと考えなかったのだろう・・・今でも謎であるw

俺は服を着て部屋に戻ったが、ミユキは寝ていた。
正直がっかりした。
仕方ないので俺も寝ようとしたら・・・。

「ねぇ、Y君・・・」

ミユキが起きたのだ。

「え、どうしたの・・・?」

俺はミユキに不思議そうに尋ねた。

「私って魅力ないのかな・・・?」

いきなり突拍子もないことを言われて俺はびっくりした。
やはりまだ酒が抜けてないのかなと思った。

「なんでそんな事を聞くんだ?」

「だって・・・男の人なら、ベッドで寝てたりしたら襲うでしょ?襲ってこなかったから私には魅力ないのかなって・・・」

「そんな事ない、俺・・・ミユキのこと好きなんだ。だから付き合ってもないのに襲うなんてできない・・・。でも俺はミユキのことが本気で好きなんだ。愛してるんだ」

俺は酒の力に任せてミユキに俺の気持ちをすべて晒した。

ここからついにエロシーンに突入しますw
するとミユキはこう答えた。

「・・・いつからなんだろうね、この胸のわだかまりは・・・。私もY君のことが大好きだよ・・・愛してる」

俺はミユキとの距離を縮め、抱き締めた。
ミユキの温かさがバスローブから伝わってきた。
なんとも言えない、ほんのりとした柔らかさがあった。

「俺のこと、名字じゃなくて名前で言って欲しいな・・・いい?」

「うん・・・タカヒロ」

「ミユキ・・・」

俺たちは静かにキスをした。
ミユキの唇から伝わる温かさにつられるように、俺はミユキの口の中に舌を入れた。
ミユキは微かに吐息を漏らす。
徐々にミユキも舌を絡ませるようになった。
舌を絡ませながらミユキのバスローブを脱がしていく。

「あっ、恥ずかしいよう・・・」

恥ずかしがる姿に萌えた。
ミユキの胸が晒され、キスをしたまま俺は優しく揉み始めた。
柔らかくて弾力のある胸。
もう俺の股間はすさまじいことになっていた。
俺の舌はミユキの首筋を通り、胸を舐め始めた。

「あっ、あん・・・」

優しく、ときに激しく舐めた。
そのたびにミユキは喘いでいた。
胸を触りながら脇の辺りやお腹を舐め、絶妙の角度からミユキの顔を見る。

「そんなにしたら・・・感じちゃう」

「もう感じてるんじゃない?」

俺はミユキの秘部を触った。
すでにかなりの液が溢れており、秘部を上下に触り指を絡ませるとするりと入っていった。

「はぁん・・・いじわる~」

可愛らしく言う声がさらに俺に火をつけた。
1本の指を2本にした。
3本目もキツかったが入った。

「はぁっ、とってもいいよ・・・あっ」

激しく動かすとミユキは感じる。
俺の顔はミユキの秘部に近づいた。

「きゃっ、そんな・・・恥ずかしい」

俺は秘部を舐め始めた。
なんとも言えない味がした。
そしてたくさん溢れてくる。
舐め続けていると・・・。

「タカヒロ・・・入れて・・・」

ついにミユキとひとつになる時が来た。
しかし!
ラブホだというのに、ゴムは部屋に標準装備していなく、フロント横の自販機で買わなければいけなかったのだ。
手持ちのゴムもなかった。

「なあ、ミユキ・・・今、ゴムがないんだ」

「えっ・・・部屋にもないの?」

「ああ・・・」

するとミユキは・・・。

「なら・・・ゴム付けないでしてもいいよ」

外出しをすればなんとかなるのかもしれない。
少し怖かったが・・・。

「じゃあ・・・入れるよ」

「うん・・・」

ゆっくりとミユキの膣に入れていった。
ミユキの中はキツく、締まる感じがよく分かる。

「あっ、ん・・・気持ちいい・・・おっきい・・・」

俺はゆっくり動き出した。
激しく動かすとモノがミユキの膣と擦りあいエッチな音がする。

「ふぁっ、ああ・・・いいよ、とっても・・・気持ちいい・・・」

1日前まで友達だったミユキと今、ひとつに繋がってる。
夢みたいで実感がなかなか湧かなかった。
体位を変えて騎乗位にした。
ミユキが腰を動かす。
そのたびに上下に揺れる胸を見て、さらに硬くなった気がした。

「あっ・・・変な感じだよう・・・」

俺は下からミユキの胸を揉み、腰を突き上げた。

「いや、はぁ・・・あっ、すごい気持ち・・・いいっ」

すごく熱くなってるミユキの中・・・。
ひとつとなって、お互いに感じあっている。
ミユキは俺に体をくっつけるようにして、キスをしながら腰を動かした。
俺はフィニッシュが近いのがわかり、正常位に戻した。
そして激しく腰を動かした。
腰が砕けそうになるまで速く動かした。

「あっ、タカヒロ、すごいよ・・・気持ちいい」

「ミユキ、俺も・・・すごい気持ちいい・・・」

俺たちは汗をかきながら激しく絡み合った。
それでも疲れを感じない幸せな時、それがセックスなのかもしれない。

「はあっ、タカヒロ・・・イッちゃいそう・・・気持ちいいよ」

「俺も、もうヤバい・・・」

お互いに絶頂の時が近づいてた。
俺のはさらに膨張して、ミユキのはさらに締まっていた。

「あっ、イッちゃう・・・タカヒロ・・・」

「ミユキ・・・イクっ・・・」

全力で動いた。
中で擦れるエッチな音の大きさも強くなってきた。

「ミユキっ・・・」

「タカヒロっ・・・」

俺は果てて、ミユキのお腹の上に出した。
ミユキと俺はすべての力を使い、完全にイッた。

「ミユキ・・・愛してる」

「私もだよ、タカヒロ・・・」

抱き締め合ってキスをした。
そして2人は心地よい眠りに就いた。