俺:30歳、たかお。
相手:28歳、未婚、直美(益子直美似なので)。

掲示板の待ちで釣れる。
順調にメール。
直美は普通のOLだが、以前はエアロビのインストラクターをしていたらしい。
非常にノリのいい子で、例えばエアロビの話からレオタードの話になり、「今度、お互いにレオタードを着て飲もうよ」みたいな冗談トークができる感じ。

最初は普通に飲みましょうということで面接決定。
友達ノリなのでほとんど緊張もなく、直美宅近くの某駅前で待ち合わせ。
成り行きでできればいいかな、という感じ。

現れた直美は確かに益子直美似。
身長が高く、益子直美に少し肉をつけた感じ。
十分に過食範囲。
というか、普通に堂々と連れて歩けるレベル。
俺を見た直美は、「ジャニーズ系だ!」と喜んでくれるが、なんか微妙・・・。
まあ却下されなかっただけマシかと気を取り直し、普通の居酒屋にて軽く一杯。
エロい会話はまったくなし。

冗談で、「直美んちで飲もうぜー、レオタード見たいし~」と言うと、「きゃははは、バカじゃないのぉ~」と言いつつ、エロい会話をしなかったのが功を奏したのか、軽くOK。
ノリ最高です。

コンビニでお酒や摘みを買い込んで、いざ直美んちへ。
飲みはじめるも、やっぱりエロ要素はまったくなし。
でもノリがいいので楽しい。

盛り上がってきたところで、「益子インストラクターのエアロビをご教授願いまーす」と言ってみる。
直美もノってきて、「よおーし」と言うと、音楽をかけながらエアロビをやってくれた。

「ハイ、ワンツー、ワンツー。たかおさんもやってー。ハイ、ワンツー、ワンツー」

間近で見るエアロビはかなりのエロス。
だが服は着たままなので、「なんか盛り上がんないからレオタード着てやってよー」とリクエスト。
直美もさすがにそれはちょっと恥ずかしいのか、「えー、やだよー、恥ずかしいよ~」と拒否る。

「ここまでやってくれたんだからいいじゃん。俺を生徒だと思えば恥ずかしくないでしょ?」などと説得すると、渋々OKしてくれた。

でも、満更でもない様子。

だが、その後出された条件は、自分だけ恥ずかしいのは嫌なので、俺もパンツとTシャツ1枚でいること&その格好で一緒にエアロビすること。
そっちの方が恥ずかしいじゃないか、直美・・・。
でも当然レオタード姿を見たい欲求のほうが勝って、直美が着替えている間に俺もパンツとTシャツになって待機。
なぜか正座で待ってる俺。
普通に考えたらアホな構図だ・・・。

で、いよいよ登場のインストラクター直美。
レオタードの下に履くタイツみたいなのがないということで、生脚のままレオタード。
サービス満点だよ、直美!
レッグウォーマーもないので、代わりに白のルーズソックスといういでたち。
エロすぎる・・・。

「もう、恥ずかしいんだからね」

顔を真っ赤にして言う直美もエロい。
だけど、音楽に乗ってエアロビをする直美には感動すら覚えました。

ただ、飲んでそんな激しい運動をすれば当然お互い酔いが回るわけで、ひと踊りした後はぐったり。
着替えてくると言う直美に、「もうこのままでいいじゃない」と言って、その格好のままでまったり飲み直し。
火照った身体にピッタリフィットのレオタード。
女の子座りした太ももは艷やか。
そして股間はムンムン。
そんなエロい女が隣に座ってお酌してくれるなんて!
自宅キャバクラのようで会話なんてもう上の空。

だんだんエロい会話に突入。
お互いにボディタッチも増えていく。
自然にキスをして流れでセックスに移行。
直接は触らず、まずはレオタードの上から念入りに愛撫。
徐々に捲っていくが、それでも脱がさない。
股間も上から愛撫。
レオタードがぐっしょり濡れても直接触らず、まだまだ焦らす。
そのままイク直美。

「こんなの・・・なんかイヤラシィ・・・」

直美は身悶えながらハァハァ。
それを見て俺もハァハァ。

直美の手を俺の股間に持っていくと、そのままねっとりおしゃぶりをしてくれた。
唾をたくさん出して、いやらしく「ンッ・・・」と声を出しながらのおしゃぶり。
かなり上手い!
レオタードを脇から捲ってみると、もうビショビショのグチョグチョ。
今度は直接指で弄り回して舐めてたら、またまたイッてしまった直美。

ゴムを装着して、レオタードの脇からから挿入。
が、レオタードは下着と違って少し生地が固いのでちょっと痛い。
なので直美に自分で捲らせたままピストン。

「いや、こんなのいやぁ・・・」

何回も連呼してイキまくる直美。
そのまま俺もイキました。
その後、今度はレオタードを破きながら2回戦へ。
全裸のままで寝て、朝起きて3回戦で終了。
レオタードを満喫しました。