4歳上の義姉は27歳でまだ子供を生んでないためか、バストの形、腰のくびれと美脚、そして甘い体臭で目眩がしそうなくらいだ。
俺は独身で設計士をしていて、兄夫婦と共に兄の建設会社を手伝っているんだが、とうとう義姉と無理やり性交に及んでしまった・・・。

この連休、会社は少人数だが慰安旅行で兄は出発した。
俺は連休中に仕上げないといけない作図に追われ、徹夜していた晩、義姉が夜食を作って部屋に持ってきてくれた。
俺は部屋にたまたま置いていた缶入りカクテルを義姉に勧めた。
程よく酔った義姉の短めのスカートからきれいな膝が突き出しているのと、ブラウスの胸の膨らみを見た俺は義姉を押し倒した。
最初はバタバタと抵抗したが、無理やりキスをしながらブラウスのボタンを外し、ブラの中の乳首を俺が揉みはじめると姉の乳首は急速に硬くなってきた。

「だめよ、何するの、やめて」

唇を外した途端、必死で哀願する義姉を無視して、さらに激しく舌を絡めていった。
次第に義姉の喘ぎ声が高まり、俺はスカートの中に手を入れると、ストッキングは穿いておらず生足だった。
下着のゴムに手をかけ、義姉の抵抗を振りほどきながら一気にパンティをずりさげた。
パンティを脱がされることに義姉はかなり抵抗したが、俺は義姉の両脚を大きく広げ、上品な繊毛の中にピンク色に光る一本の割れ目を見た時には、尋常ではなくなっていた。
膝の裏を両手で持ち上げ、義姉の太ももを最大限に押し開いて、そこに顔を突っ込んだ。
舐め始めたときの義姉の鼻にかかった悲痛な喘ぎ声が耳に焼き付いた。
ビラビラの中まで舌を差し込み、クリトリスを入念に舌で転がすと、義姉の全身は突っ張り、俺の頭にしがみついていた。
ものすごく愛液が垂れてきたところを見ると、かなり義姉は感じていたようだ。

俺はズボンを脱ぎ捨て、転げるように逃げまどう義姉に勃起したペニスを突きつけた。
怯えた表情の中に何がしかの期待にも似た好奇の目があったことを俺は見逃さなかった。
義姉の腰に抱きつき、また押し倒した。
そして上から義姉の太ももに腰を押し付けていった。
温かく柔らかい義姉の下腹部に俺の熱く勃起した肉棒があてがわれ、義姉が激しく藻掻くうちに義姉の体の中心へと難なく挿入された。
義姉が抵抗すればするほど俺の肉棒は姉の胎内へより深く入っていき、姉は悲痛な表情でいやいやをしながら仰け反った。
義姉の体はかなり感応していた。
俺が何回も抜き挿しを繰り返し、腰を律動させるたびに、義姉の甘い吐息が俺の顔にかかる。
やがて義姉は太ももを極限まで開き、俺の律動に腰をくねらせて合わせてきた。
俺はまたねっとりとしたキスで義姉の舌に絡めていったが、抵抗はせず、義姉も柔らかい舌を絡めてきた。
ブラウスを完全に剥ぎ取り、ブラを上にたくし上げ、義姉の形のいいバストに舌を這わせた。
義姉は自分の快感を追求しはじめていた。
乳首はコリコリしていて、俺が手のひらで愛撫すると引っ掛かるくらいに硬く勃起していた。

何回か激しく肉棒を抜き挿しする中で義姉の身体は突然突っ張った。
どうやら絶頂を迎えたようだった。
俺はさらに突きまくった。

「もうやめて、お願い、一緒に住めなくなる」

義姉は俺に荒い息遣いをしながら必死で伝えた。
俺は、「義姉さんが好きなんだよ」と叫ぶと、また激しくキスをした。
義姉の割れ目に指を差し入れ、中で『く』の字に曲げた指で義姉の胎内を掻き回した。
義姉は激しく体を反り返し、義姉の歯と俺の歯がカチカチと音を立てた。

それが一昨日の夜のことだ。
まだ俺のベッドには義姉の流した愛液の染みがついていて、義姉の芳しい体の匂いが若干の香水の匂いと共に付着しているままだ。
今日、会社に来客中、炊事場でお茶の準備をしている義姉を背後から抱き締め、スカートの中に手を入れてパンティの上から愛撫した。
義姉は体を硬直させたが、無抵抗だった。

今日、兄貴は建設業界との会合で帰りが遅くなる。
義姉も昨日のことかあるから、夕飯も別々。

8時に、「お風呂が沸いたわよ」と義姉が言うので、「義姉さん、先にどーぞ」と。

俺は義姉の入浴を確かめ、脱衣室へ。
義姉が脱いだばかりのライトブルーのパンティを思いきり嗅いだ。
中央に淡い一筋の染みがあった。
甘酸っぱい体臭と、いつもつけている香水の微かな香り。

義姉は浴室にカギをかけてシャワーを浴びていた。
10円玉でなんなく解錠。
俺が勃起した一物を突き出し、浴室内へ突入した。

「何してるの、出てって!」

裸の義姉を抱き締める。
俺の肉棒が無遠慮に義姉の体に押し付けられる。
いやいやしながら後退りする義姉を浴室の隅に押し込めて、無理やりキス。
温かい義姉の体を抱き締めて舌を絡める。
義姉は最初、固く唇を閉ざしていたが、背中にまわした手を尻の方に下げると唇を開いて俺の舌を受け入れた。
義姉の喘ぎ声が激しくなり、吐く息はとても切ない。
俺はますます義姉に肉棒を押し付けていく。
義姉の舌が滑らかに俺の舌を迎えて絡み合うようになってきた。
義姉の太ももの後ろに手をかけ無理やり脚を開かせ、少し腰を下げて掬うように義姉のおまんこに肉棒を下から突き上げる。

「義姉さん、愛してる」

俺は義姉の耳元でそうつぶやき、強引に挿入した。
1回目は義姉にかわされたが、2回目の突き上げは義姉のおまんこを的確に捉え、義姉の体内に入っていった。

「うぅーん、うん・・・」

義姉は激しい突き上げを受け入れ、快感の混じった悲鳴を上げる。

「やめてぇ・・・」

義姉は哀願するように切ない叫びをあげるが、快感の方が上回っているのか声にならない。
完全に挿入した状態でまた激しいキス。
義姉の贅肉のない柔らかな背中に指を這わせると義姉の体が仰け反った。

「義姉さん、愛し合おう」

悪魔の呼びかけに対して義姉は、「もうだめ、こんなこと・・・」と、はぁはぁ喘ぎながら拒む。
俺は義姉の体を抱えるように浴室の外へ連れ出し、バスタオルで拭う時間も惜しみながら2階の俺のベッドへと誘う。
全裸の義姉の体は素晴らしいの一言に尽きた。

「ねぇ、お願いだからもうやめて、私をいじめないで」

義姉が潤んだ瞳で訴えるが、俺は無視して義姉の体に覆い被さった。
義姉の前髪を優しくかきあげて、義姉の唇に優しくキス。
義姉は言葉とは裏腹に俺の舌にねっとりと舌を絡ませてくる。
石鹸とシャンプーの清潔な香りに包まれた義姉の上気した肉体から、薄っすらした汗と共に立ち上ってくる甘い体臭。
義姉のスラリと伸びた美脚を強引に押し開こうとすると、義姉は恥毛の部分を手で隠し、脚を広げさせまいと抵抗する。
無理やり義姉の脚を開脚すると、ピンクの割れ目が目に飛び込んでくる。
色素沈着のないきれいなおまんこだ。

俺はいきり立った肉棒を義姉の割れ目に宛てがい、一気に挿入した。
義姉は声にならない鼻にかかった甘い喘ぎ声をあげた。
義姉の内部はこの前以上に滑らかだ。
腹筋に自信のある俺は、最大限の筋力で義姉の体への律動を続ける。
義姉は美しいバストを振るわせながら、俺の動きを全身で受け止めてくれる。
義姉の体が次第に激しく仰け反った。
1回目の絶頂に達したようだ。
しかし構わず腰の動きを続ける。
義姉の体から流れ出した愛液でピチャピチャと音がして、義姉の匂いが部屋に充満する。
義姉はこらえきれなくなったのか、かなり高い喘ぎ声をあげるようになった。
乳首もとても敏感で、日頃は兄貴もここまではやらないと思えるような激しいペッティングを義姉の体の至る所に加える。
義姉は狂ったように腰を振り、俺の動きに応じている。
間もなく2回目の絶頂が義姉を襲った。
美しい脚を突っ張って、俺の肉棒はひくつく義姉のおまんこに締め付けられ、義姉の膣内にどくっどくっと射精した。

義姉は放心状態で俺のベッドに伸びている。
ティッシュで義姉の割れ目から流れ出した精液を丁寧に拭き取る。
俺はその時、義姉のクリトリスがきれいに露出しているのを発見し、クン二を開始した。
義姉は身をよじって逃れようとするが、俺は自分の精液と義姉の愛液を舌ですくい上げる。
義姉は眉間にしわを寄せながらも快感の波に溺れている。
俺は義姉のお尻の穴にも舌先を入れた。
義姉は激しく抵抗してきた。
しかし舌の動きは止まらない。

義姉の3回目の絶頂を確認した俺は、義姉をタオルケットに包んで兄夫婦の寝室へ運んだ。
義姉が俺のテクにメロメロになっていることは間違いない。
本来、兄貴と義姉が愛し合うはずのベッドで俺は義姉を抱いた。
義姉は背徳感も手伝ってかものすごく感じていた。
染みだらけになったシーツを義姉は慌てて取り替えていた。

とにかく、義姉は俺の要求を受け入れてくれるので毎日が楽しみだ。
初めてフェラもしてくれた。

義姉は27歳。
身長161センチ、体重48キロ、スリーサイズは85-61-90。
京都の某女子大を卒業し、ピアノが得意。
顔は高島純子似。
とにかくエレガントで可愛い。

体の関係ができてからは、ほとんど会話がなくなり、肉体関係が優先するようになっている。
今日昼飯を兄貴と義姉と3人で食べた時、勃起してしまった。
今日から兄貴は泊まりで東京へ出張。
午後の新幹線で上京するらしい。
知らなかった。
義姉とまた2人きりになれる!

兄貴が出張に出かけた後、義姉は夕飯の時まで努めて俺に接触しないようにしていた。
俺は日本橋のアダルトショップで、革手錠と無線ローターを仕入れてきた。
夕飯中も会話はほとんどなかった。
食後の洗い物に立った義姉を流し台の前で後ろから抱き締めた。
義姉のスカートにいきなり手を入れ、前のこんもりとした膨らみを愛撫した。
今日も生足だった。
パンティの隙間から指を入れようとしたら、「やめて!」と振りほどいて2階へと駆け上がった。
兄貴夫婦の寝室のドアを内側から必死で開かないように押す義姉。
俺は強引に突入し、義姉をベッドへと押し倒した。
義姉と唇を合わせた。

「だめなのよ、こんなこと」

荒い息をしながらそう言いつつも、次第にねっとりと舌を絡めるキスに応じてくれる義姉。
俺は義姉を抱き上げて自室へと運ぼうとした。
俺のスチール製ベッドの四隅には、すでに革手錠をセットしている。
何も知らない義姉をベッドに横たえ、まず両手を革手錠で固定した。

「どうするつもりなの?」

義姉は驚いた表情で俺を見つめた。
ベッドに固定された義姉の美しい肢体に俺はごくっと生唾を飲んだ。
万歳をした体勢で義姉は動けない状態にある。
俺はまず義姉のTシャツを捲り上げた。
色白できめ細かい義姉の肌に薄っすらと上品な産毛が生えている。
義姉のブラをずり上げると可愛いピンク色の乳首が出てきた。
まだ赤ちゃんを産んでいない義姉の乳首は小ぶりだが、とても敏感だ。
俺が舌先ですくい上げるように舐めると、すぐに硬く勃起した。
鼻にかかった甘えたような喘ぎ声が上がり始めた。
義姉はチェックの短めのスカートを穿いていた。
パンティの盛り上がりの中心にはタテに割れ目の筋が食い込んでいて、とてもエロい。
パンティの横に1本だけ黒い恥毛がはみ出していた。

「義姉さん、毛がはみ出してるよ」

俺はツンツンとその毛を引っ張った。
義姉の眉間に苦悶のしわが入る。
俺はパンティの上から割れ目の筋を撫であげた。
仰け反る義姉。
ふと、いいことを思いついた。
義姉を俺の性奴隷にできないかと。

「義姉さん、俺の言うことを聞かないと、兄貴が帰ってきてもこの手錠は外さないよ」

「どうして私をこんなに虐めるの?」

「違うよ。義姉さんが大好きだから、独り占めしたいだけ。義姉さん、僕とデートしてくれるなら外してあげてもいいよ。ただし条件がある。デートの間中、これを抜かないこと」

そう言って俺はピンク色の無線ローターを姉のパンティの隙間から膣内へと挿入した。

「何なの?これ」

義姉は突然装着されたものを不信に思って触ろうとするが、手が動かない。

「絶対にデート済むまで外したらだめだよ」

義姉が頷いたので革手錠を外してやった。

2人で神戸に新しくできたミントへ行くことになった。
阪急の梅田から特急に乗った。
いっぱいの人がいたが幸い2人並んで座れた。
俺はバッグの中のリモコンのスイッチをいきなりONにした。

「うっ」

義姉は呻いて、俺の手を掴もうとしてやめた。
微かなローターの音が自分にはわかるが周りには聞こえない。
膝の上に置いたハンドバッグを握り締めながら、必死でローターの作動に伴う快感と闘う義姉。
美しい横顔に苦悶の表情が浮かぶ。
阪急西宮北口に着くまで俺は何度となくスイッチのON・OFFを繰り返して義姉の反応を楽しんだ。
あれほど清楚な義姉の表情に狼狽と困惑が入り混じり、きつい顔付きになっている。
それほどにローターは義姉の正常な心を掻き乱すことに成功していた。

「ねぇ、降りようよ」

義姉は西宮北口に電車が着くなり俺にそう言って、足元をよろつかせながら電車を降り、ベンチに倒れ込むように座りこんだ。
義姉の息遣いが荒い。

「お願いだから電車の中では動かさないで」

義姉は哀願する。
額に薄っすらと汗をかいている。

「わかったよ」

そう約束して、次の急行電車に2人で乗った。
三宮に着き、映画館であらかじめ予約したシートに2人で座った。
予告編が放映中だったが、俺はいきなりスイッチを入れた。
俯いて俺の手を両手で握り締め、荒い息遣いをして必死で快感をこらえる義姉。

「お願い、もう止めて。出ちゃいそう・・・」

「何が?」

義姉は微妙に腰をくねらせながらローターの作り出す快感をこらえきれなくなっていた。

「あーん」

義姉は小さな喘ぎ声をあげた。
いよいよこらえきれなくなったのか、義姉はすがるような眼差しで俺を見つめた。
周りにもカップルはたくさんいるが、誰も異変には気づかない。
しかし義姉には激しい動揺が生じていた。
絶頂が近づいていたのだ。
義姉に哀願されたにも関わらず、俺はスイッチを止めなかった。
海老のようにうずくまった義姉は突然ビクッビクッと体を痙攣させ、膝を強く合わせた。
義姉は強烈な快感をこらえながら絶頂に達していた。

「お願い、トイレに行かせて」

「だめだよ」

「お願い」

仕方なく俺は許した。

「でも絶対に外したらだめだよ」

義姉は頷いてトイレへと席を立った。
義姉が席に戻ってきた。

「外さなかっただろうね?」

頷く義姉に意地悪く俺はローターのスイッチを入れた。
ビクッと義姉が反応したので、約束通り挿入したままであることがわかった。
映画は始まっていたが、ゆっくり見るどころではない。
義姉の反応を見る方が遥かにワクワクした。
2人で手を握り締めながらローターのスイッチを入れたり止めたりすると、義姉の体が敏感に感応する。
義姉の手がしっとりと汗ばみ、義姉の体から芳しい香水と体臭が立ちのぼっている。

「義姉さん、出ようか?」

姉もホッとした表情で同調し、2人して席を立った。

タクシーを拾ってポートタワーの近くのラブホに入った。
部屋に入るなりベッドに押し倒し、義姉と激しいキス。
義姉はなりふり構わず喘ぎ声をあげる。
義姉のこんな声を聞くのは初めてだ。
義姉は激しく髪を振り乱し、俺の舌を吸い、そして絡め合う。
仰向けに寝かせた義姉からパンストを脱がせる。
パンティに大きな濡れ染みが付着している。

「義姉さん、びしょびしょになって」

義姉は顔を手で覆い、「いやっ」と恥じらった。
しっとり濡れたパンティを脱がせ、割れ目の外に出ている紐を引っ張ると、スルっとローターが膣の外へと出てきた。

「今から僕のを入れるからね」

義姉は手で顔を覆ったまま頷いた。
義姉はもう俺の肉棒を受け入れることに何の躊躇いもなかった。
というより、プラスチックの異物を挿入されている間に、生の俺の肉棒を欲するようになっていたのかも知れない。
とにかく俺は何の前戯も姉に加えず、いきなり熱くいきり立った肉棒を姉の割れ目めがけて挿入した。
義姉の膣の入り口はもう十分すぎるほど潤っていて、大きさと硬さには自信のある俺の肉棒は、いとも容易く義姉の胎内へと挿入された。

「あーん」

姉は鼻にかかった高い喘ぎ声をあげ、自らの両手と両脚を俺の体に巻き付け、俺の肉棒をできるだけ膣内深くまで迎えようとする。
義姉の柔らかなバストと温かな膣の全てが俺を狂わせる。
兄貴が帰ってくる心配のないことが義姉を奔放にさせたのだと思う。
ラブホだったし。
とにかく喘ぎ声が大きいのに驚いた。
いつもはとても奥ゆかしく清楚な義姉。
京都のお金持ちの家から嫁いできいるお嬢さんなのだ。

<続く>