あれほど悩んでいたのが嘘のようだ・・・。

母は44歳の会社員、俺は18歳の浪人。
親父は何年か前、女を作って出ていった。
女手ひとつで俺を育ててくれて、母には感謝している。
でも、ちょっと小遣いをいただこうと母のカバンの中を漁っていて、コンドームを見つけた時はショックだった。
それ以来、母に女を感じてしまった。
帰りが遅かった夜などに洗濯かごをチェックすると、ドキッとするようなセクシーなパンティがある。
寝室を捜したら、下着の奥からバイブやローターが出てきた。

母も女だったんだ。
今でもセックスをしている女だったんだ。

そう思うと、母親というより1人の女として、性の対象として見てしまった。

ある土曜日の夜、母は酒に酔って帰ってきた。
シャワーを浴びて出てくると、バスタオルを巻いて台所をうろうろしている。
俺はパンツとシャツでソファーに座って、母の後ろ姿を見ながらこっそりチンポを触っていた。
母が冷蔵庫の前でお尻を突き出して屈むと、おまんこがギリギリ見えそうになる。
その光景に頭が真っ白になった。

俺はいきなり母に近づくと、バスタオルに手を伸ばした。
そしてバスタオルを剥ぎ取った。
全裸にされた母が呆然としている。
押し倒すと、呆気なく床に寝転んだ。
パンツを下げ、母の股の間に俺の腰を入れた。
母は怯えた目で俺を見ていたが抵抗はしなかった。
先がヌルヌルになったチンポを一気に母の中に入れた。
瞬間、母は目を閉じた。
突きまくろうとしたが、すぐに気持ちよくなって射精してしまった。
でもチンポは硬いままだったので、2回目を開始。
今度はゆとりがある。
1回目よりは時間をかけてピストンができた。

終わると、母は黙って浴室に行った。
長いこと出てこなかったが、出てくるとすぐに寝室に入った。
俺は後を追って寝室に行き、バイブやローターをタンスから出して見せた。
母はビックリしていたが、すぐに黙って下を向いた。

会話はなかった。
俺は母を布団に寝かせると、パンティを脱がせ、おまんこを開いた。
初めて見る母のおまんこ。
初めて舐める母のおまんこ。
しばらく舐めていると母は声を出し始めた。
その声に興奮して俺はまた入れた。
その夜、何回したかは覚えていないが、少し寝ては起きてを繰り返し、明け方近くまでした。

その日以来、やりたくなったら母の寝室に行く。
台所で後ろから入れたこともある。
母からは、「コンドームだけは付けて」と条件を出されている。
今はバイブを使ったりして、2人でセックスを楽しんでいる。
しかし母がイクときはすごい。
俺の背中は傷だらけだ。

こんなに簡単に母とセックスが楽しめるとは・・・。

悩んでいたのがつくづく嘘みたいだ。