僕は19歳の大学生。
それなりに名の通った大学に通っているせいで、家庭教師のバイトで結構稼げている。
お金にも多少余裕があるので、なんとか彼女を作ろうと毎日必死だった。
中高と進学校に行っていて勉強ばかりで、女性と付き合ったことはおろか、デートすらしたことがない僕は当然まだ童貞だった。
でも、コンパに行っても緊張してしまう僕は、デートの約束どころか連絡先の交換すらできない有様だった。

そんな日々を過ごしていた僕だけど、ある日恋に落ちた。
相手は、新しく教えることになった小学生の男の子の母親だった。
健太くんの母親の日奈子さんは、たぶん20代後半か30代前半くらいだと思う。
でも見た目は大学の周りの女子よりも若く見える。
メイクが薄いのと、真っ黒な髪がそう見せているのだと思うけど、顔の作りも童顔なんだと思う。

センターの紹介で面接で家にお伺いしたその日、僕は恋に落ちた。
身長160センチ弱くらい。
痩せ型で小柄に見えるけど、セーターを着ていても胸が大きいのがわかった。
ぱっと見、とても子供のいる人妻には見えない日奈子さんは、気さくな性格で、明るく太陽みたいな人だった。
健太くんはとても勉強ができる子で、正直教える必要はあるのかと思うほどだった。
なので、仕事として考えると、とても楽な仕事だった。

今日も、過去問を解かせているときに、そっとトイレに席を立った。
そして僕は1階に下りると、トイレではなく洗面所に向かった。
今、家の中には健太くんと僕しかいない。
このチャンスに僕は洗濯かごを探った。
すると無造作にかごの中に突っ込まれた日奈子さんの下着を見つけた。
僕は、そのピンク色の可愛らしいショーツを手に取り、じっくり観察した。
微妙に着古した感じのショーツ。
股間の部分に若干染みのようなものがある。
僕は躊躇なく顔を押し当てた。
微かに感じるエッチな匂いに、僕は一気に火がついてしまった。
ファスナーを下ろしアレを取り出すと、僕は匂いを嗅ぎながら擦り始めた。
さらに日奈子さんのブラを取り出すと、それをアレに巻きつけて擦った。
すると一気に快感が増し、あっという間に限界が来た。
僕は慌てて自分の手のひらで精液を受け止めた。
流しで手を洗い、下着も元に戻して健太くんの部屋に戻った。
こんな風に、隙を見ては変態的なことをするようになってしまった僕は、どんどん妄想が加速していってしまった。

ある日、いつものように健太くんの家に行った。

「先生、ごめんなさいね。ちょっと遅れてるみたいなの。お茶でも飲んで待ってて下さる?」

申し訳なさそうな日奈子さん。
日奈子さんは、いつものようにラフな格好だった。
Tシャツにデニムの短パン姿の日奈子さんは、掃除でもしていたのか薄っすらと汗をかいているような感じだった。
僕は少し緊張しながらダイニングテーブルに座り、日奈子さんが出してくれた紅茶を飲み始めた。

「ゴメンね、こんな汚い格好で。掃除してたから」

日奈子さんも自分のカップに紅茶を注ぎながら言う。
そして僕の向かい側に座って紅茶を飲みはじめる。
僕は恋い焦がれる女性と2人きりというシチュエーションにドキドキして、目眩がしそうなほどだった。
僕は健太くんの出来がいいことを褒めるようなことを話した。

「パパに似たのね。私みたいなバカに似なくて本当に良かったわ」

笑顔で言う日奈子さん。
日奈子さんのご主人は大型客船の船長をしているそうで、1年の半分以上は海の上だそうだ。
船の世界のことはよくわからないが、船長になるくらいだから頭もいいのだろう。
僕は、「そんなことないですよ」とか言いながら、話を変えるために紅茶が美味しいと言ってみた。

「あら?わかるのね。パパが外国から買ってくるヤツだから美味しいのかしら?私は全然違いがわからないわ」

あっけらかんと言う日奈子さん。
本当に太陽みたいに明るい人だと思う。

ふと日奈子さんの胸元が目に入ってしまった。
日奈子さんの盛り上がった胸の頂点には、わずかにポチッと出っ張りがあった。
たぶん、僕をまったく無害というか、男として見ていないからだと思うが、日奈子さんはノーブラだった。
それに気がついてしまった僕は激しく動揺して、激しく興奮してしまった。

「先生は彼女はいるの?」

日奈子さんは前触れもなくそんなことを聞いてきた。
僕はさらに動揺してテンパってしまった。
そして声を裏返らせながら、正直にいないと答えた。

「へぇ、どうして?」

不思議そうに聞いてくる日奈子さん。
本当に興味を持っているようで前のめりになって聞いてくる。
テーブルの向こうで前屈みのような格好になったので、胸の谷間がバッチリと見えてしまった。
Tシャツの襟元から覗く胸チラは僕の理性を吹き飛ばしてしまいそうな破壊力で、今すぐ日奈子さんに襲いかかってしまいそうだった。
それをなんとか抑えながら僕は答えた。

「出会いもないですし、女の子の前だと緊張しちゃうんです」

「そうなの?今も緊張してる?しないかw私は女の子じゃないもんね、おばちゃんだもんね」

笑いながら言う日奈子さん。
日奈子さんとはもう何度も話をしているから、さすがにコンパの時みたいには緊張はしない。
でも、やっぱりドキドキしてしまう。
僕は素直に思っていることを言った。

「日奈子さんは全然おばちゃんじゃないです。凄く綺麗で可愛いです」

「まぁ嬉しい。先生もお世辞なんて言うのね」

日奈子さんは上機嫌で言ってくれる。
僕は「お世辞なんかじゃないです」と言ったが・・・。

「ありがとう。先生も素敵よ。とっても真面目だし頭もいいし、すぐに彼女ができるわよ」

「僕なんか全然ダメですよ」

「そんな事ないわよ。もっと自信持って」

日奈子さんは、もっと身を乗り出して言ってくる。
すると、さらに胸の奥の方まで見えてしまい、チラッと乳首が見えてしまった。
もう限界だった。
椅子から立ち上がり、日奈子さんの方に移動した。
不思議そうな顔で僕を見つめる日奈子さんに無言で抱きついた。

「どうしたの?先生?」

日奈子さんは危機感もなく脳天気な声で言う。
僕はさらに強く日奈子さんを抱き締めた。

「好きです!日奈子さん、ずっと好きでした!」

それでも日奈子さんはまったく焦った様子もなく・・・。

「あらあら。先生は本当にお上手ね。おばさんでもドキドキしちゃうわ」

優しくたしなめるように言ってきた。

(こんな状況でも、まだ男として見てもらえていない・・・)

そう思うと自分が情けなくて泣きそうになる。
でも、抱き締めた日奈子さんの身体の柔らかさや僕の身体に当たるおっぱいの感触に、僕は我を忘れた。
僕は日奈子さんの胸を揉み始めた。

「いやん。先生のエッチ。ダメよ、そんな事したら」

それでも日奈子さんは子供のイタズラをたしなめるような感じで、襲われているという危機感はゼロだ。

「好きなんです!ずっと好きでした!日奈子さんが欲しいです!」

僕はそんなことを叫びながら日奈子さんのTシャツを思い切って捲りあげた。
大きくて張りのあるおっぱいが丸見えになった。
子供を産んでいるとは思えないくらい、ピンク色で綺麗な乳首と乳輪。
でも乳首は少し大きめに思えた。
健太くんを育てたせいなのかなと思うと、健太くんにまで嫉妬してしまいそうだ。

「ダメよ、恥ずかしいじゃない。おばちゃんの垂れたおっぱいなんか見ても嬉しくないでしょ」

日奈子さんは、さすがに恥ずかしいと思ったようで、Tシャツを戻そうとしながら言う。
僕はそれを阻止しながら思い切って乳首を口に含んだ。
そして狂ったように乳首に吸い付いた。

「あらあら、おっぱいが欲しいの?先生って可愛いわね」

日奈子さんは、まだそんなことを言う。
でも、微妙に声に緊張が混じっていることに気がついた。
僕を落ち着かせるために、あえて抵抗しないんだなと思うと、僕はそれに乗じてさらに乳首を舌で舐め始めた。

「ダメよ。先生、落ち着いて。私が悪いのよね、こんな格好してたから」

日奈子さんは、僕がおっぱいを吸うのではなく、愛撫のように舌を使い始めて明らかに動揺していた。

「僕、本気で好きなんです!日奈子さんが欲しいんです!」

僕は日奈子さんの大きな胸を揉みながら言った。

「こんなおばちゃん相手に何言ってるの。落ち着きなさい。私が変な格好してたから興奮しちゃっただけでしょ?深呼吸してごらんなさい」

日奈子さんは、かなり余裕がなくなってきた感じで言った。
僕は日奈子さんをさらに抱き締め、キスをした。
唇と唇が触れると、その柔らかさに僕は腰が抜けそうだった。
日奈子さんが顔を背けて逃げた。

「ダ、ダメよ!私にはパパがいるんだから!キスなんてダメ!」

日奈子さんは、やっと自分が襲われている自覚を持ったようだ。

「でも本気なんです!僕の日奈子さんになって下さい!」

そう言って僕はさらにキスをする。
抵抗しても、やっぱり男の力には敵わないので、僕はまたキスをすることができた。
僕は躊躇なく舌を差し込んでみた。
でも、唇を固く閉じた日奈子さんの口の中には入れることができない。
仕方なく日奈子さんの唇を舐め回した。

「ダ、ダメぇ、んっ、落ち着きなさい!今なら、なかったことにしてあげるから!私にはパパがいるのよ!結婚してるのよ!」

必死で言う日奈子さん。
でも、ここでやめても、なかったことになるわけがないと思った僕はさらに突き進んだ。
日奈子さんのデニムの短パンの中に手を突っ込む僕。
でもショーツには触れるけど、キツくてその中にまでは手が入れられない。
仕方なく僕はショーツの上から日奈子さんのあそこを弄った。

「ホントにダメっ!好きなら、こんな風にしちゃダメでしょ!私のことが好きなら無理やりなんてダメよ!」

正論を言ってくる日奈子さん。
僕は怯んでしまった。
でも・・・。

「無理やりじゃなかったら、させてくれるんですか?」

僕は言い返してみた。

「そ、それは・・・」

口ごもる日奈子さん。
僕は、また短パンの中の手を動かし始めた。
ショーツの上からだと、どこがどこだかさっぱり判らなかったが、とにかく夢中で弄った。

「わ、わかったわ!エッチはダメだけど、スッキリさせてあげるから!スッキリしたら落ち着くでしょ?」

日奈子さんは必死で言った。
僕は童貞の素直さで日奈子さんを解放してしまった。
そのまま最後まで押し切れば良かったと思うけど、それができるくらいなら、とっくに僕も彼女くらい作れていたはずだ。
自分の気の弱さが恨めしい。
解放された日奈子さんはTシャツを戻して胸を仕舞った。

「ありがとう。先生、ごめんなさいね。私が変な格好してたから。おばちゃんに興味なんてないと思ってたから・・・。先生はエッチな気持ちになっちゃって、それを恋愛感情と勘違いしてるだけよ」

日奈子さんに僕を責めるような感じはまったくない。
それどころか本気で反省しているようだ。

「そんなことないです。初めて会った時からずっと好きでした」

僕は真っ直ぐに日奈子さんを見つめながら言った。

「ダメよ。ほら、おちんちん出してごらん。スッキリしたら気持ちも変わるから」

日奈子さんが顔を真っ赤にして言う。
僕は素直にズボンとパンツを脱ぎ、下半身丸出しになって椅子に座った。
僕のアレは、人生で一番と言っていいくらい、硬く大きくなっていた。
自分で見ても血管が破れそうで怖いくらいだった。

「え?凄い・・・」

日奈子さんは驚いた顔で囁いた。
僕は急に恥ずかしくなって聞いた。

「な、なんか変ですか?僕のっておかしいですか?」

初めて勃起したものを人に見られたので、人と違っているのかと不安になってしまった。

「変じゃないわよ。大丈夫よ。先生もすっかり大人なんだなぁって思っただけ」

日奈子さんが明らかに動揺しながら言う。
僕はまだ不安でドキドキしていた。
でも、すぐに日奈子さんの柔らかい指が絡みついてきた。

「うぅっ」

そのあまりの快感に僕は呻いた。

「ごめんなさい!痛かった?」

慌てて手を離す日奈子さん。
僕は、平気だということと気持ちいいということを話した。

「もし痛かったら、すぐに言ってね」

日奈子さんはそう言うと、また僕のモノを握ってくれて、ゆっくりと上下にしごき始めた。
ドキドキして心臓が潰れそうだった。
憧れの日奈子さんに、こんな事をしてもらっている。
健太くんとご主人に申し訳ない気持ちが生まれた。
ご主人とは数回しか会っていないが、とても気さくでいい人だった。
そんなご主人を裏切るようなことをしてしまっている・・・。
日奈子さんにも、ご主人を裏切るようなことをさせてしまっている・・・。
そう思うと、今さらだが後悔の気持ちが生まれた。
でも、日奈子さんの指がもたらす快感がそれを消していった。
オナニーとは比較にならないほどの快感。
日奈子さんの指がカリ首に触れるたびに僕は声を漏らしてしまった。

「痛い?ゴメンね、慣れてないから下手くそで・・・」

日奈子さんは、なぜか申し訳なさそうだ。
本当にいい人なんだなと思う。
ますます好きという気持ちが強くなってしまう。

「大丈夫です。もっと強く握ってもらっても平気です」

「でも、指が回らないから強くは握れないわ」

日奈子さんは戸惑いながら言う。

「普通は回るんですか?」

やっぱり人とは違うのかと思い、不安になって聞いた。

「うん・・・。あ、違うわよ。先生のが変ってことじゃないわ。たぶん、先生のが太すぎるだけだと思う」

しどろもどろで説明する日奈子さん。

「僕のって、やっぱり変なんですね・・・」

その時の僕は悪い風にしか考えられなかった。

「大丈夫よ。大きいのはいいことだと思うわよ。だから自信持っていいと思うわ」

日奈子さんにそんな風に言われても、慰められているとしか取れなかった。

「こんなんじゃ、彼女はできませんよね?」

「そんなことないわよ!おちんちんが大きい方が女の人も気持ちいいはずだし、彼女さんも喜ぶはずよ」

日奈子さんはそんな風に言ってくれた。
僕は少しだけ自信を取り戻して、頑張りますと答えた。

「もう帰ってきちゃうかもしれないから、いつでも出してね」

日奈子さんはそう言うと少し手の動きを速くした。
でも、おっかなびっくりで握る強さも弱いので、まだイケそうにない。

「あ、あの・・・。おっぱい見せて下さい。そしたら早くイケると思います」

「先生はエッチね」

すっかり余裕を取り戻した日奈子さんは、そんなことを言いながら潔くTシャツを脱いでくれた。
そして僕にニコッと微笑みかけると、そのまましごき始めた。
僕のモノをしごく動きで揺れるおっぱい。
それはあまりにも刺激的で、いきなり射精感がこみ上げてきた。

「わぁ、もっと硬くなってきたわよ。若いってすごいのね」

そんなことを言いながら、さらに動きを速くする。
僕は必死でイカないように頑張りながら、そっと日奈子さんの胸に手を伸ばした。
柔らかい胸に触れると夢中で揉んだ。

「ふふ。本当におっぱいが好きなのね。可愛い」

やさしい顔で言う日奈子さん。
その余裕を少しでも崩したくて、僕は乳首を摘んで触った。
でも、そこまでで限界だった。

「んっ、エッチ。ん・・・。もう出る?」

次の瞬間、僕は日奈子さんの顔や手や体に精液を撒き散らしていた。

それからもときどき、日奈子さんは手で僕の性処理を手伝ってくれた。
でも、セックスはおろか、キスさえさせてもらえなかった。
そんな僕は今も童貞で、日奈子さんのことを思い出しながら自分で処理している。