以前、友達と友達の彼女、俺の3人で友達の彼女の家で飲んでいた。
かなり酒が入った頃、友達カップルは些細なことで喧嘩をはじめてしまった。
キレた友達は怒って帰ってしまい、彼女は機嫌悪そうに急ピッチで酒を飲んでいた。
俺は何もする術なくそんな彼女を、「てかあいつも本気じゃないから、明日仲直りしなよ」と慰めながら相手をしていた。

そのうち、もともと酒に強くない彼女は酔って「暑い」と言ってキャミソール姿になった。
さすがに目のやり場に困り、「俺もいるんだし、何か上に着なよ」と言ったら「何よ。あ、俺くんって童貞?」とからってきた。

「そーそー。だからあんまり刺激しないでね。襲っちゃうから」

俺は適当に流して、そこら辺の片付けを始めた。
彼女はそのうち本格的に酔ったらしく床に寝転んだ。
その拍子に飲みかけのチューハイを倒してしまい、俺にまともにかかってしまった。
酒臭いし、びちゃびちゃで気持ち悪いし、俺は半分寝ぼけてる彼女に許可をもらってシャワーを借りた。
シャワーで酒と汗を流していると、ガチャっと扉が開いて全裸の彼女が浴室に入ってきた。

「私も一緒に入る」

そう言うと、いきなり彼女は俺に後ろから抱きついてきた。

これってヤッてもいいってことだよな?
いやダメだ、相手は友達の彼女だろ。
でもこんな機会は滅多にないしな・・・。

色々な考えが頭を巡った。
彼女は顔も可愛いし胸もでかい。
ぶっちゃけ、やってみたいと思う。
しかし友達のことを裏切るのも後ろめたい。

「やっぱりカズくんってドーテー?」

彼女のその言葉で俺の腹は決まった。
彼女を浴室の壁に押し付けてキスして、「やってもいいってことだよね?」と、そのまま首、胸、へそへと舌を這わせた。

「ん・・・」

彼女は甘い声を出しはじめ、そのまま抵抗することなく喘いでいる。
俺は彼女を立たせたままクリを舐め、指で十分濡れてることを確認すると、そのまま立ちバックで挿入した。
浴室に声を響かせる口をキスで塞ぎ、彼女がイッた後、俺は彼女の体にかけた。
シャワーで精液を流した後、ベッドに移動して、背中、脇、太ももと舐めていった。

「あ・・だめ・・・」

息を切らせながら彼女が俺のモノを手で弄り、そのままフェラし始めた。
上手い。
舌の感触が背筋をざわざわさせる。
イキそうになったので彼女の口から抜き、そのまま2度目の挿入。
結局、朝まで幾度となくやり続けた。

後日、友達と彼女は仲直りして、今も付き合い続けている。
俺と彼女のことは秘密だし、おそらくこれからも話すことはないだろう。