4年前に退職した元同僚のおばさんの家に行ってみた。
おばさんは56歳のはず。
菓子折を下げて訪ねると、「あら、久しぶり」と家に上げてくれた。
4年前に新築した家だったが、会社からはかなり遠くなったので退職したのだった。

じつは、おばさんを訪ねたのは下心があったからだ。
たぶん旦那は仕事だろうし、子供はもう大学を出ていたはずだった。
そこで、今の時間なら1人だろうと思って行ったってわけ。
このおばさんが会社にいた頃は、気安く尻や胸を触ったり、近くの店で一緒にお昼をした仲。
迫ればなんとかなるかもしれないと思ったからだ。

で、行ってみたら、おばさんは未亡人になっていた。
旦那は一昨年に病気で亡くなっていた。
家のローンは保険で払って、旦那の生命保険があるので生活はなんとかやれているとのこと。
子供も独立して、今は他府県の会社で寮生活をしており、おばさんは介護のパートをしているとのこと。
たまたま今日は休みの曜日だったそうで、知らずに訪ねたが運が良かった。

お昼をご馳走になり、食器を洗いに流しへ立ったおばさんを後ろから抱きすくめた。

「ダメよダメよ」と言ったが、「大きな声を出すと近所に聞こえますよ」と言ったら静かになった。

キスしようと顔を近づけると左右に振って拒もうとする。
両手で顔を掴んで強引にキスをした。
唇は閉じていたが、強引に舌を入れたら急に抵抗がなくなり脱力状態になった。
肩を抱いて居間に連れて行き、そのままソファに押し倒した。
上にかぶさってキスをして舌を入れた。
最初は無反応だったが、胸を揉みだすと息遣いが荒くなって、向こうから舌を絡めてきた。
胸の隙間から手を入れて生乳を揉みまくると、「アン、だめぇ~」とよがり出す。
もうチンポは女を犯す興奮でビンビン。

上体を離して、もどかしくおばさんの服を脱がす。
もうおばさんはほぼ無抵抗で、ブラを外す時は体を自分で上げた。
同時に自分も上着とズボンを脱いでパンツ一丁に。
おばさんは上は裸で下はスカート。
露わになった胸は大きいが、思いっきり垂れていた。
まぁ、そりゃそうだ。

そのまま覆いかぶさって体を合わせると、おばさんから抱きついてきた。
再びベロキスをしながら胸を揉み、乳首を弄る。
やがて乳首に吸いつくと、「イヤン、エッチ~」と言いながら俺の頭を抱き締めてきた。
スカートの中へ手を伸ばす俺。
少し本気っぽく、「ダメ、そこはダメよ」と言いながら体を捩る。
そんな抵抗を受けながらもスカートを脱がすことに成功。
おばさんはパンティとパンストだけの格好。
俺はパンツまで脱いで全裸になって、おばさんの目の前にビンビンになったチンポを晒した。
スカートを脱がせると、おばさんの抵抗は弱くなった。
そのままパンストを脱がすと、一緒にパンティも脱げてきた。

また横になってキスをすると足まで絡めて抱きついてきた。
そのまま数分ほどキスをして、いよいよ手をアソコに。
少し体を離し、おばさんにチンポを握らせ、俺の手はおばさんのアソコへ。
割れ目沿いにクリと膣口へ指を這わすと、もう十分に濡れていた。

「◯◯さん、もうこんなになってるよ」

「イヤン、ダメダメ、もうやめて」

やめるわけがない。
さらに指を奥に突っ込んで震わせる。

「アンアン、ダメダメ」と言いながらチンポをギュッと掴むおばさん。

指を抜いて濡れた指をおばさんに見せる、趣味の悪い俺。

「ほら、もうこんなに」

「イヤン、エッチ、ダメよダメ」

おばさんの目の前で、その指を舐める。

「ああ、美味しい」

「もうばか、エッチ」

そしてキスをすると、おばさんから抱きついて舌を絡めてきた。
ややあって、だんだん下にさがってへそ周辺にキスをすると、すぐに何をするか分かったのだろう・・・。

「イヤ、ダメ、アソコは見ちゃダメ」

身体をよじって逃げようとしたが、ガッチリ腰を掴んで自分の下半身をおばさんの股間に入れて強引に股を開かせた。
アソコは手マンでもうテカテカ。
すぐにクリに吸いつき、周辺を舐め回し、また手でクリを刺激しながらマンコに舌を差し込んだ。

「あ~ぁ、イヤン、イヤン、ヒィ~」

俺の頭をどかそうとするが、両手でガッシリ腿の付け根をロック。
そうやって15分ほどクリ弄りを繰り返した頃には、おばさんの両手は俺の頭を自分のマンコに押しつけるようになっていた。
そしてついに、「アーアーッ、イヤン、イク~」と言ってグッタリ。
少しオシッコも漏らしたのか、アンモニア臭もする。
おばさんはハァハァとした荒い息遣いで、ぼんやりと脱力したまま。
俺は自分の腰をおばさんのマンコに押し付け、一気にチンポを入れた。
すでにおばさんのアソコはビショビショを通り越し、撹拌されたように泡立っている。

ほとんどなんの抵抗もなく、チンポはマンコに入っていった。
そのまま覆いかぶさり、腰を振りながらおばさんにキスをすると、おばさんは両手を首にまわして抱きついてきて、俺の動きに合わせて腰を振り始めた。
俺もかなり興奮していたので一気にピストンの速度を上げると、もうついて来れないのか両足を絡みつけてアンアンと喘いでいる。
すぐに射精感が込み上げてきたので外に出そうと思ったが、間に合わず膣に出した。
快感が二度三度と押し寄せ、そのたびにビュ、ビュと射精した。

終わってからもしばらく中に入れたまま抱き合っていた。
やがておばさんの上からおりて横に並んだ。

「ダメだって言ったのに、やっちゃったね」

「ごめんなさい。前から◯◯さんとこうなりたかったんです」

「しょうがないなぁ、中に出しちゃってぇ」

「大丈夫ですか?」

「今さら何言ってんのよ?」

「責任、取りますから」(取るつもりなんてなかったけど)

「フフッ、できちゃったら産んじゃおうかな」

「そのときは結婚しますから産んで下さい」

「冗談、もうできないわよ」

腕枕をしながらキスを繰り返し、30分後に2回目をやった。
その後、風呂場でシャワーを一緒に浴びて、バックからまた1発。

以来、隔週で金曜の夜から日曜の朝まで、おばさんの家で過ごすようになっている。
50代後半の体も、自分専用となると可愛いもんだ。
特に緩いとかは全然感じない。
少なくとも結婚するまでは、このままおばさんと関係を続けようと思っている。