4つ年上の26歳の姉とは仲がいい。
振られたばかりの俺を慰めようと、一人暮らしのワンルームに遊びにおいでと、電話をくれた。

「明日は日曜日だし、今日は泊まってきなさい」

お言葉に甘えることにする。
腕はイマイチだが一生懸命作った料理と酒を振舞ってくれた。

姉はあくまで姉であり、異性として意識したことはなかったが、その日はちょっと違った。
相手が弟という油断から、姉はあまりに無防備過ぎた。
デニムのミニスカートにキャミソールだけという服装なので、パンチラやブラチラ、胸の谷間までチラチラさせるのだ。
お互い酒も進み、いい感じで酔いも回っている。
一般的な常識と非常識、理性と欲望の境界線が徐々にぼやけていく。

やがて世間話から俺の元カノの話、そして男女関係の話にまで話は進んだ。
ほろ酔い加減の姉はガラステーブルに頬杖をつき、膝を崩して女座りをしている。
当然、谷間は目の前にあり、ガラス越しにショーツまで見えている。
ブラとショーツはお揃いの白だ。
目のやり場に困り、注意した。

「姉ちゃん、少しは隠したら?」

すると姉は自分の服装と格好を改めて確認すると、「あら、失礼(笑)。でも姉弟なんだから別に気にすることないでしょ?」と笑った。
無言で苦笑いしていると、「もしかして興奮しちゃう?」と、小悪魔の笑みを浮かべる。
俺は慌てて、そうじゃないと否定した。
しかし、いきなりそんな風に言われると、余計意識してしまう。
姉もそうなのだろうか、気のせいか妙に身体をクネクネさせている。
さらに酔ったせいかも知れないが・・・。

しかし彼女と別れてからひと月あまり、エッチしていない。
それどころか傷心のせいでオナニーすらする気になれずご無沙汰だ。
悩ましい姉を目の前に、久しく忘れていた男の欲望がムラムラと湧き上がってきても仕方ない。
一度スイッチが入ると止められない。
俺の股間はまるで封印が解けたようにムクムクと膨らんできた。
それを知ってか知らずか姉は、治りかけた傷口を抉るようなことを言う。

「彼女・・・久美ちゃんだったっけ?胸大きかったよね。私より大きかった?(笑)」

俺はチラッと姉の胸を見て、「さぁ、どうだったかな?」と、とぼけた。
でも、たぶん姉の方がデカい。
確かEカップだ。
彼女の胸を揉み、乳首を転がし、吸った記憶が鮮明に脳裏に甦る。

「何ボーッとして。あ、元カノの胸のことでも思い出してるの?(笑)」

姉に突っ込まれる。
どうして姉はこういつも鋭いのだろう?
しかし・・・イチモツはすでにフル勃起しているし、このままでは気が狂いそうだ。

俺は意を決して、「なぁ姉ちゃん、胸触らせてくれよ」と言ってみた。
そして直後、我に返って後悔した。
しかし、意外にも姉は驚くことも怒ることもなく、少し呆れた感じではあったが、「もう、何言ってるの~」と、ため息混じりに言った後、「しょうがないわね・・・ちょっとだけよ(笑)」と、言った。
俺は耳を疑った。
言ってしまった後にすぐ、「酔ってふざけただけだよ」と、笑いながら誤魔化そうと思っていたのに。
意表を突かれて茫然としていると・・・。

「どうしたの?触らないの?いいのよ、でも今夜だけね」

今度はやさしい笑顔でそう言いながら俺の隣に移動してきた。
すぐ手の届くところに姉のEカップがある。
姉ではあるが、胸は胸に変わりない。
横目で盗み見ると手に余るほど大きく、そして柔らかそうだ。

(触るだけなら・・・姉もOKしてるんだし・・・)

俺は生唾を飲んだ。
そして、考えがまとまらず、まだ決心もついていないのに無意識に手を伸ばした。
手に余るほどの乳房を指をいっぱい広げて包み込んだ。
姉は瞼を閉じて何も言わない。
俺も言葉が見つからない。
お互いに無言だ。
手だけをゆっくり動かした。

肩を揉んであげてるわけではなく、身内の、しかも血の繋がった姉の胸を愛撫している。
あり得ない。
あってはいけない状況に、これまで感じたことのない興奮を覚えた。
姉の女の部分をこれまで意識したことはなかった。
・・・否、いけないことなので意識しないようにしてきたことに気付いた。
これまで、その胸や太もも、他に性的興奮を覚える身体の部分を本当は意識していたのだ。

姉は時々眉間に皺を寄せ、唇を噛んだ。
胸を揉みしだかれ、徐々に感じはじめているのではないだろうか?
声も吐息もあげない。
快感を耐えているように見える。
きっとタガが外れると、一気に崩れてしまうのを恐れているのだろう。

無意識に指先を乳首にずらしていくと、「だめよ・・・」と、俺の手首を掴んだ。
しかし強引に指先を伸ばそうとすると、自ら胸を手で覆ってガードした。

「それ以上はだめっ!」

「どうして?」

「わかるでしょ?」

「いいじゃん、別に」

「か、感じちゃうからだめ・・・」

俺は素早く姉の背後に回った。

「姉ちゃん、俺もう・・・」

両手を姉の脇の下から胸へ回す。

「だめだって、健一!こらっ(笑)」

半分笑いながら抵抗してきたが、その手を振り払い、胸を左右とも強く握った。
親指と人差し指で乳房を挟みながら頂上へ搾り込んでいく。

「だめっ!・・・いやっ、あっ・・・」

ブラの生地ごと乳首を摘んで抓った。

「あっ!あんっ!」

姉が身体をよじらせる。
引っ張り、抓り、転がす。

「あぁん、あっ、ぁぁああ~~・・・」

観念したのか、俺の手首から手を離すとダランと下ろした。
両手を同時にブラの中へ滑り込ませる。
勃起した乳首を直接転がした。
ピンっと尖った乳首を指先で上下に弾く。

「いやん、あぁん、気持ちいい・・・」

姉は悶えた。
ブラとキャミソールごと肩から下げ、上半身裸にする。
Eカップがプルンと飛び出した。
華奢な肩にキスをして乳房を揉みしだく。
勃起したモノを姉の背中に押し付け、擦り付けるよう腰を振った。

「背中に何か当たってるわよ(笑)」

姉は右手をこちらに回してくると俺の股間を弄った。

「こんなに膨らませて・・・」

ジーンズごと竿を握る。

「あっ、姉ちゃん・・・」

あまりの快感に思わず声が出てしまう。

「うふふ・・・感じる?」

「う、うん」

「抜きたいでしょ?」

「うん」

すると姉はクルリと回って俺に向き直り、「立って」と言った。
素直に従う。
すると姉はジーンズを脱がせてくれた。
足首まで下ろされたのでそのまま抜き去り、足先で引っ掛けて横へ放った。
ボクサーパンツの前は大きくテントを張っていた。
イチモツの形がくっきり浮き出たパンツの表面を手のひらで擦りながら・・・。

「もう立派な大人なのね」

そう言って姉は俺の顔を見上げた。

「子供だと思ってたのかよ?(笑)」

竿をキュッと握る。

「あっ、硬い。凄いわ・・・凄い」

そしてゆっくり扱く。

「先っちょもこんなに濡らして・・・」

カウパーで濡れたパンツの亀頭の辺りを握った手の親指で円を描く。

「あうっ!」

俺は天井を仰いだ。
もう片方の手で玉を包み込んで擦る。

「汚しちゃうといけないから・・・」

姉はそう言うとパンツを膝まで下ろした。
姉の目の前なのに見境なく勃起させているようで、少し恥ずかしさを感じる。
姉の手が直に竿を握る。
すると、これまでの何倍もの快感が全身を走り抜けた。

今度は、「座って」と言われた。
先ほどまで寄りかかっていたベッドに腰を下ろす。
パンツを両手で足首から抜かれ、同時に脚を開かされる。
姉は上体を屈めて俺の股間に顔を埋めてきた。
竿にそっと手を添え、玉にキスをした。
小さな尖った舌が玉の表面をチロチロと舐め回した。
あまりの快感に俺は声も出ず、されるがままになった。

(今は確かいないはずだけど、彼にもこうしたんだろうか?)

ふと想像すると、どういうわけかさらに興奮した。
舌が竿の根元からゆっくり這うように上ってくる。
カリの周りをペロペロと舐め回したと思うと、やがて尿道口に舌を突き立ててクネらせる。
窄めた唇でカウパーをチュパチュパ吸い取って綺麗にしてくれた。

そして今度は口一杯に頬張った。
生温かい姉の口に含まれる。
柔らかな舌が絡み付いてくる。
これほどねちっこく濃厚なフェラは経験したことがない。
俺は思わず姉の頭に手を添えた。
姉の頭が上下し始めた。

「んぐっ・・・ジュルジュル・・・ん、ん、ん・・・」

口の脇から唾液が滴り落ち、竿を伝って下腹部を濡らす。

「す、凄いよ・・・姉ちゃん・・・」

すると姉は一度口から離すと同時に竿を扱きながら、「イク時は言いなさいね」と言った。
そして再び口に含んだ。
裏筋を舐め上げながら頭を上下させる姉。
その動きは加速し、かと言って強く吸引することもない。
まさに絶妙で、力加減が絶品だった。
やがて俺は耐えられなくなり、「で、出るっ!イクイク、イクよ」と姉に告げた。
しかし驚くことに、姉は口を離そうとしない。

「もうダメだ!口に出しちゃうよ!」

そう言っても離さず、とうとう・・・。

「あーーっ!イクっ・・・」

俺は射精してしまった。

「あっあっ・・・」

ビュッ・・・ビュルッビュルッ・・・。

溜め込んでいた欲望をすべて姉の口に吐き出した。
姉は何度か手で扱いてくれて、すべてを搾り出すと顔を上げ、「ふごいでたね(凄い出たね)」と、言いながらベッドの傍に置いてあった箱ティッシュを引き寄せた。
3枚重ねたティッシュに俺の液を吐き出すと・・・。

「相当溜めてたのね、どう?スッキリした?」

そう言いながら引き抜いた新しいティッシュで口を拭う。
自分の始末が終わると今度は俺のを拭いてくれた。
そして、「まだ勃ったまま(笑)。元気ね、健一」と、姉は微笑んだ。
射精直後なのに全然くすぐったくない。
それどころか快感は継続していた。

<続く>