結婚して17年経ち、いつの間にか嫁の明歩とはセックスレスになっていました。
嫁ももう42歳ですし、私も45歳になるので、それも仕方ないのかなと思いながら日々過ごしていました。
とは言っても、高2と中3の男の子がいる我が家は、いつも騒々しくて賑やかで楽しい家庭だと思っています。
なのでセックスレスでも特に不満はなく、私自身それほど性欲が強いわけでもないので、もうかれこれ5年以上はセックスをしていないと思います。
もちろん浮気をしたことはありません。

明歩は、42歳にしては若い見た目なのかも知れませんが、美魔女みたいに異様に若いわけでもありません。
身長は160センチで、さすがに40歳を超えてからは多少体もたるんできていますが、自慢の嫁だと思っています。
特別に美人でも可愛いわけでもないですが、愛嬌のある顔で、天然な性格とともに本当に可愛い嫁です。

今日は仕事も早く終わり、いつもより早く家に帰りました。
35年ローンですが、立地も設備も良いマンションで、とても気に入っています。
エントランスに入ってオートロックを解除して中に入ると、制服の学生が歩いてきました。
見覚えのある顔で、高2になる息子の友人の隆哉くんでした。
息子とは気が合うようで、よく遊んでいるようです。
彼は、とても温和な顔をしていて、いつもニコニコしている感じで、挨拶なんかもしっかりできるいい子だという印象です。
隆哉くんの方から、にこやかに話しかけてきました。

「おじさん、こんにちは。雄太に借りてた本を返しに来たんですけど、まだ帰ってませんでした。なので、おばさんに渡しておきました。失礼します」

相変わらず爽やかで礼儀正しく、雄太も見習って欲しいなと思いました。
そしてエレベーターに乗って25階まで上がり、家のドアを開けました。

「あっ、お帰りなさい。早かったのね。さっき隆哉くんとすれ違ったでしょ?雄太がまだだから、雄太の本だけ置いて帰ったけど」

にこやかに笑いながら私のカバンを受け取り、着替えも手伝ってくれます。
明歩は夕食を作っていたようで、Tシャツにエプロン、膝丈のスカート姿でした。
ほぼノーメイクでリラックスモードでしたが、屈んだときに胸元が見えて、ブラをしていないのがわかりました。
さっき隆哉くんが訪ねてきたので、目のやり場に困ったんじゃないかと心配になりました。
まぁおばさんの胸なんか見たくもないと思うけど、ちょっと嫁もだらしないなと思いました。

「ダメだよ。ブラくらいしないと。さっきみたいに雄太の友達とか訪ねてくるでしょ?」

「え?あ、そうね。でも私の胸なんて見ても嬉しくもないでしょ?」

「それはそうだけどw目の毒になるしw」

私がからかうように言うと・・・。

「でも、こうすると結構すごいでしょ?」

そう言って一昔前に流行った“だっちゅーの”みたいなポーズを取る明歩。
確かにそのポーズを取ると、Tシャツから覗く胸の谷間は結構ボリュームがあって、エッチな感じでした。
少しずぼらというか無防備だなと思いますが、嫁の言うように、高校生が42歳のおばちゃんに興味を持つわけもないと思いました。

そして息子たちもまだ帰ってきていなかったので、なんとなく久しぶりに嫁を抱き締めてみました。
本当に久しぶりで、ちょっと緊張しました。

「どうしたの?あっ!おっぱい見て興奮したんだ!」

明歩のこの言い方に思わず吹き出してしまいました。

「なんで笑うの!もう!すぐバカにするんだから!」

少し怒った明歩も可愛いなと思いながらニコニコとしていると・・・。

「でも私もおばちゃんになったけど、あなたもおじさんだからねw」

確かに最近は少しお腹も出てきましたし、自分でも加齢臭が気になったりしていました。
そうこうしているうちに下の子が帰ってきて、少しして上の子も帰ってきたので、いつもの感じで賑やかな我が家になりました。
あのまま嫁を抱き締めてキスくらいしようと思っていたのですが、やっぱり子供が2人もいると、なかなかタイミングがないなと改めて思いました。
ただ、この日は夜になってベッドに入ると、いつもは離れて背中を向けて寝ることが多いのですが、明歩の方から抱きついてきました。
こんな風に寝るのは久しぶりだなと思いながら、抱き合って眠りました。
でも後で考えると、明歩なりのお誘いだったのかなとも思いました。
でも息子達はたぶんまだ起きていたと思いますし、やっぱりセックスをするのは無理だったと思います。

そんな風に日々は流れていきましたが、最近なんとなく明歩に違和感を覚えるようになりました。
なんとなく小綺麗になったというか、少しずぼらだったのが変わったというか。
家だとリラックスモードで、ノーブラだったりノーメイクだったり、ひどい時は寝癖をそのままにしておく明歩でしたが、最近は私が仕事を終えて家に帰ると、しっかりとメイクをしていて、おしゃれな感じの服を着ていたりします。
結構短めなスカートや、胸元がざっくり開いている服だったりして、ちょっとドキドキするくらいです。

「最近なんか綺麗になったね。どうしたの?」

疑問をストレートにぶつけると・・・。

「そう?ありがとwもう2人とも手がかからなくなって余裕もできてきたからね。惚れ直した?w」

おどけて明歩が答えました。

「そうなんだ。週末、久々に2人で外食でもする?」

惚れ直したわけではないですが、なんとなくそう誘いました。

「え?あの子達は?」

「ピザでも取ればいいんじゃないの?逆に喜ぶでしょ」

「そっか・・・なんか久しぶりにデートって感じだねw」

そんな感じで久しぶりの2人きりでのお出かけになりました。
久々の2人きりの週末のデートは、海鮮がウリのちょっとお洒落なレストランにしました。

「ちょっと緊張するねw」

明歩は、洒落たレストランとかちょっと高めのレストランだと、昔から妙に緊張します。
ファミレスとか定食屋の方が好きで、そんなところも可愛くて好きです。
食事中も美味しいと言いながらも、緊張からか3回もフィンガーボールの水を飲みそうになり、そのたびに「間違えたwレモンが浮いてて美味しそうだから間違えちゃうよ」と照れながら言います。
明歩のこういうドジなところは普段も同じで、スーパーで買い物する時に財布からお金を取り出して、なぜか財布の方を店員さんに渡そうとしたり、風呂で悲鳴が上がり慌てて見に行くと歯磨き粉と間違えて洗顔フォームで歯を磨いていたり、そんなエピソードには事欠かない可愛い嫁です。

食事も終わり、コーヒーを飲みながら・・・。

「でも本当に最近綺麗になったよね?ちょっとドキドキするよw」

「そう?wへへwそう言ってもらえると嬉しいな」

「好きな人でもできたんじゃないの?」

私が冗談で言うと・・・。

「バッカじゃないの?出会いもありませんよ~」

でも、気のせいかも知れませんが、一瞬、間があった気がしました・・・。

楽しいデートは終わり、家に帰りました。
そのまま久しぶりのセックスかなと思いましたが、やはり子供達がいては無理でした。
ただ、楽しい時間が過ごせて明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。

そんなある日、また早めに家に帰った時、前回と同じように隆哉くんを見かけました。
今回は前回と違って、マンションのエントランスから出てきて歩き去るところを少し離れたところから見かけました。
なので隆哉くんは私に気がつかなかったのですが、私ははっきりと確認できました。
なんとなく嫌な予感がしました。
少し早足で歩いて部屋に入ると、「アレ?お帰りなさい。早かったのね」と、いつもと変わらない感じの嫁がいました。

「ああ、客先から直接帰ったからね」

「さっき隆哉くんが来てたんだよ。すれ違った?」

「え?そうなんだ、見なかったよ」

私は意味のない嘘をつきました。

「雄太がいないからすぐに帰ったけどね。コーヒーでも入れましょうか?」

そう言ってキッチンに向かう明歩。
最近はいつものことだけどちゃんとメイクをしていて、服も部屋着ではありませんでした。
しかしキッチンに向かう明歩の後頭部あたりの髪が、ぐしゃぐしゃになっているのに気がつきました。
嫌な予感がどんどん強くなっていきました。

「お待たせ~」

コーヒーを持ってきてくれた明歩。
私はお礼を言って飲みはじめました。
まったくいつも通りの明歩。
乱れた後頭部の髪以外は何もおかしなところはありませんでした。
考えてみれば、隆哉くんはまだ子供です。
何もあるわけがないと思います。
それに何かあったとしても、明歩が私に黙っているわけもないと思います。

ただ、一度疑問に思ってしまうと悪い想像が想像を呼び、どんどん膨らんでいきました。
そして、そんな疑問と決別するために、はっきりさせようと決めました。
色々と方法を考えましたが、やはり現実的な方法としては、隠し撮りかなと思いました。
カメラで撮れば疑惑も晴れる。
そう思いました。
でも、嫁を疑って家庭内で盗撮をするのは心理的な壁が大きかったです。
しかし疑いを持ち続けるのがストレスになっていたので踏み切りました。

ネットで調べて、実際の店舗に出向きました。
最新の盗撮カメラは私の想像をはるかに超えていて、スパイ映画かと思うようなものが数万円で入手できてしまいました。
私が選んだのは、外付けHDD型のカメラで、実際にHDDとしても使えるものでした。
我が家のリビングには電話のところに光回線が来ていて、そこに電話機とルーターやNASが置いてあります。
ですので、外付けHDDが一台増えても不自然ではない感じです。
高解像度で動態検知、1TBのハードディスクが付いているので、ほぼ無制限に撮り続けることが可能です。

設置した次の日から、罪悪感を感じながらの確認作業が始まりました。
カメラには、掃除洗濯をする姿や、リラックスしてお菓子を食べながら楽しそうにテレビを見る姿が映っていました。
特に何もおかしなところもなく、(浮気してるかも?)なんていうのは、やはり私の考えすぎだったと思いました。
でも普段見られない嫁の姿を見て、変な感じでした。
毎日ご苦労様と、感謝すらしました。

そんな確認作業を3日続けて、もうやめようと思っていた矢先でした。
本当に突然でした。
掃除洗濯などを終えてダイニングテーブルでコーヒーだか紅茶を飲んでいる明歩。
女性誌を読みながらリラックスタイムといった感じでした。
そこに通知音が響き、明歩はスマホを見ました。
すぐに表情が曇り、深刻そうな顔になる明歩。
そして深いため息をつき、雑誌を片付け、コーヒーカップもキッチンに持っていくと、リビングから消えました。
しばらくしてリビングに戻ってきた明歩は、タオルを巻いただけの姿になっていました。

(シャワーでも浴びたのかな?出かけるのかな?)と、私は落ち着きを失いました。

すると明歩は、そのままの姿でソファーに座りました。
しばらくしてインターフォンが鳴り、明歩が立ち上がりインターフォンを操作しました。

(誰か来たのに、その格好のまま?)

驚きましたが、明歩はタオルをハラリと外しました。
全くの全裸になった明歩。
少し緩んだ体が妙にエロく感じました。
それを見て、(あぁ、着替えるのか)と思いましたが、嫁はそのままソファーに座りました。
その状態で足を組み、古いですがエマニエル婦人みたいな格好になりました。
するとリビングのドアが開き、人が入ってきました。

「またその格好?脱がせる楽しみがないよw」

まさかとは思いながら、少しは予想していた隆哉くんでした。

「だってしわになるし汚れるから・・・。ねぇ、もうこれで最後にして・・・」

「またそれ言う?ほら、時間ないでしょ?」

「・・・わかりました・・・」

明歩はそう言うと隆哉くんに近づきました。
我が家のリビングで、全裸の嫁が息子の友人に近づいていく姿・・・。
あまりのことに呼吸すら忘れそうでした。

「ベッド行く?ここじゃやりづらいでしょw」

いつものにこやかで礼儀正しい隆哉くんとは思えない、感じの悪い部分が出ています。

「それはダメ・・・寝室はダメ・・・」

「そんなの今さら気にしなくてもいいんじゃないの?だって、もう何年もおじさんとはしてないんでしょ?もう何回もやっちゃってるんだし、今さら義理立てするのも変でしょw」

「だったら、もうやめて帰って・・・」

「それは無理だって、ほら、こんなになってるしw」

そう言ってサッとズボンごと下着を下ろす隆哉くん。
弾けるように勃起したペニスが飛び出して、ほぼ真上を向きます。
取り立てて大きい感じもありませんが、とにかく元気いっぱいというか、カチカチに硬そうなペニスに見えます。
明歩は何も言わずにそれを見ていましたが、いきなり隆哉くんのペニスを手で握ると、しごきはじめました。

「これでイカせるから・・・もう最後にして下さい・・・」

「またまたwまぁいいや、しごいてよw」

このやりとりを見て、明歩が隆哉くんに無理やり脅されて関係を持っているのがわかりました。
私はすぐに警察に行こうと思いました。
しかし、世間体のことも考えてしまいました。
とりあえず最後まで見て見よう。
何かアクションを起こすにも情報が少なすぎる。
そう思いました。

見慣れたリビングで、制服姿の高校生の元気いっぱいのペニスをしごき続ける嫁。
しかも全裸です。
とても現実とは思えない光景でした。

「早くイッて・・・」

明歩がそんな風に哀願しながら手コキを続けます。

「あぁ、気持ち良いwホント、アキちゃん、手コキが上手になったよねw」

隆哉くんが2回りも年の違う嫁に馴れ馴れしく言います。

「早くイッて下さい・・・」

「じゃあこっちも責めてよ」

そう言って上半身も裸になる隆哉くん。
無駄な肉のない綺麗な体が姿を現しました。
明歩は何も言わずに彼の乳首を舐めはじめました。

「うオォ・・・ヤバい、やっぱ上手すぎw」

明歩に乳首を舐められながら手コキをされている隆哉くん。
気持ちよさそうな声を出しています。
こんな場面を見て、少し興奮している自分に気づきました。
嫁が高校生の男の子にこんな事をしている姿を見て、勃起している私。
動画で見ているので現実とは思えないのかも知れません。
熟女モノのAVでも見ている感じで興奮しているのだと思います。

「あぁ、ヤバい、出そう・・・アキちゃん、お願い!」

隆哉くんが切羽詰まった声でそう言うと、明歩は隆哉くんのペニスを口に咥えました。
これを見たときの衝撃は本当にものすごいものがありました。
愛する嫁が他の男のペニスを口に含む・・・。
一言で言うと悪夢でした。

「アァッ!うぅ・・・」

隆哉くんは明歩に咥えさせるとすぐに呻き、体を震わせました・・・。

「んんっ~!」

嫁も口の中にぶちまけられたのか、くぐもった呻き声を上げました。

「フゥ・・・スゲぇ気持ち良かったwねぇねぇ、見せて!」

急に無邪気な子供の顔を見せる隆哉くん。
明歩は言われたまま口を開けて口内を見せました。

「ヤバいねw出すぎたw1週間分だからかw」

明歩は口を開けたまま隆哉くんを見つめます。
潤んだような目で口を開けたままの嫁。
泣きそうなのかも知れません・・・。
しかし、嫁がひどい目に遭っているというのに、怒りが湧いてきません。
私はあまりのことに現実逃避をしているのかも知れません。
勃起したまま動画を見ていました。

「飲んでよ!お願い!」

無邪気な口調、人好きのする笑顔で言う隆哉くん。
明歩は目を閉じると喉をコクンと鳴らしました・・・。

「ありがとう!アキちゃん大好き~w」

そう言って明歩を抱き締めてキスをしようとしました。
明歩は顔を背けて逃げます。

「キスはダメって言ったでしょ!約束でしょ?」

「ちぇっ・・・わかりました」

ちょっと拗ねる隆哉くん。
レイプなのに嫁の指示に従っている・・・?
嫁は、「約束でしょ」と言った・・・。
なんだか雲行きが怪しい。

「もういいでしょ?お願い、これで終わりにして」

明歩が力なく言います。

「無理だって、まだこんなだよw」

隆哉くんが笑いながら言います。
隆哉くんのペニスは、イッたばかりだというのにまだ天を向いてそそり立っています。
若いペニスは1回イッたくらいでは収まらないようです。

「・・・じゃあ手でします・・・」

「ダメダメwそれじゃ絶対にイカないから」

そう言ってソファーに座る隆哉くん。

「・・・わかりました・・・」

明歩は暗い声でそう言うと、テーブルの上に置いてあったポシェットから何かを取り出しました。
それはコンドームでした。
慣れた様子でパッケージからゴムを取り出すと、ソファーに座る隆哉くんの前に跪き、コンドームを装着しはじめます。
私は明歩にコンドームを付けてもらったことなどありません・・・。
意外と難しいと思うのですが明歩は一発で装着しました。

「もうこれで最後・・・お願い・・・」

嫁はそう言うと、ソファーの隆哉くんに跨がりました。
そして隆哉くんのペニスを握り、自分の秘所に導き、一気に挿入しました。

「んんっ!!あ!」

「うわぁ、スゲぇ気持ちいい!!アキちゃん、大好き」

隆哉くんが大袈裟に呻き、嫁に抱きつきました。
ソファーの上で座位で繋がった2人。
レイプとはいえ一線を越えた2人・・・。
心臓が痛いほど脈打っています。
そして、繋がると、すぐに腰を上下に動かしはじめる明歩。
最初からかなり激しくピストン運動をしています。

「ンッ!ンんッ!ん、あ、あっ、ンッ!」

吐息というか、少し声が漏れています。
レイプされて気持ちいいわけないと思いますが、ペニスが体内を出入りするのですから多少なりとも声は漏れるのだと思います。

「あぁヤバいって、アキちゃん締まりすぎwでもグチョグチョだねw」

「そ、そんな事ない・・・シャワー浴びたから・・・ンッ!んんっ!」

「え、水なんだwなんか、すっごい糸引くけどw」

隆哉くんは嫁の秘所を手で触れて、わざわざその手を明歩に見せています。
確かに糸を引いています。

「イヤ・・・違います・・・そんな、違う、あっ!ンあっ!んんっ!!」

否定しながらも、腰の振りが速くなっていきます。
そして嫁の口から漏れる声も、甘い響きが混じっているように思えてきました。

「ねぇ、アキちゃんも楽しめば?無理して抑えても余計に感じちゃうでしょw」

隆哉くんが、そんな事を言います。

「感じてない!早くイッて・・・お願い・・・ンッ!ンッ!んんっ!あ、ひぃ」

どう見ても顔がとろけています。
それはレイプされて恐怖に怯えている顔ではありません。
もう判断がつきません。
嫁はレイプされて、無理やり従わされているはず・・・。
でも、そうは見えなくなってきました。
腰を全力で振りながら声を出さないように頑張っている明歩を見て、気づけば私は自分のペニスを握り締めていました。