先週の月曜日は雪がすごかったです。
でもテレビを見たら通常運転をしていると言っていたので、じゃあと普通に駅まで行きました。
3年間、皆勤賞を狙ってる子はうちの女子高では少なくて、私は卒業式で表彰されたくて頑張ってたんです。

駅は、普段は乗らない人もいて、切符販売機は行列、ホームは人だらけ。
いつもはほとんど同じ人が同じ場所から乗るけど、今朝は知らない顔の人ばかりでした。
電車は遅れず、時間通りに来ました。
でも、割と空いている時間帯なのに、もう満員状態で1本目は乗れませんでした。
次に乗らないと遅刻決定です。
私は、(絶対に乗る!)と焦っていました。
お嬢様系の学校で、みんな痴漢に遭ってるんで、“乗る前に怪しい人に注意する”っていう普段の習慣が飛んでました。

次に来たのも満員の電車でしたが、なんとか乗ろうと隙間を狙って一歩踏み出すと、体がフワッと浮き上がるような感じがしました。
(エッ?!)と思ったときには、後ろにいた数人の男に脇とお尻を抱えられて電車の中に押し込まれました。
その後からも人波がグイグイ来て、一番ヤバい通路の真ん中で、私はがっちり囲まれました。

普段ならさっとかわしてたと思います。
でも、この日は無理でした。
完全に乗る前から狙われていたようで、動き出す前から両手は掴まれ、何本かの手がスカートをくるくると巻き上げて裾をウェストに挟み込まれました。

その後、慣れた感じでタイツの中に前後から手を突っ込んできました。
コートのボタンは外さず、間から手が入ってきて、セーラーの襟元からいきなりブラの中の胸を触ってきます。
電車が動き出すとタイツを膝まで下ろされました。
前からクリを擦られ、後ろからは指で中をズボズボされました。
途中の駅でもどんどん乗ってきて逃げることができず、コートの中でセーラーは捲られ、キャミとブラは引きちぎられ、コートの中でほとんど裸と同じにされて、上半身を左右から撫でまわされました。
駅に着くまで20分近く、痴漢たちに上下を責め続けられ、グッチョリ濡らされて何回もイカされました。

降りる駅が近づいたら右足を持ち上げてパンツを脱がされてしまい、足元に落ちた下着は誰かに持っていかれ、タイツは左足に絡まっていました。
電車がスピードを落とした頃、お尻とヘア、そして両手に生温かい感触を感じました。
そう、出されたんです。
最後の最後でクリをなんかでビリビリと刺激されました。
私はおしっこみたいにぴゅっぴゅっと漏らしてしまい、床に置かれたスクールバッグに飛んで、中のケータイがビチョビチョになりました。

駅に着くと一斉にみんなが出口を目指して押しはじめ、後ろ向きだった私はそのまま両腕を引っ張られて浮いた体勢で運ばれ、ホームの真ん中でぱっと手を離されて、尻餅をついてひっくり返り、何も隠せていないスカートの中を、電車から降りてくる全員の視線に晒してしまいました。
いきなりスクールバッグと脱げたローファーを投げつけられました。

「明日、同じ電車に乗れよ!わかってんな!」

痴漢の1人が低い声で言い残して去って行きました。

そんなことがあって正直に行くバカはいませんから、次の日は時間も場所も変えました。
でも金曜日、そろそろ大丈夫だろうって油断してました。
帰りの駅で待ち伏せされてたのに気づかなくて・・・。
電車から降りて塾に行くところを3人に挟まれたまま拉致られて、車イス用のトイレに引っ張り込まれました。

「逃げられると思ったのかよ!」

男に凄まれ、抵抗もできません。
1人目はバックから、2人目は据わっている男に跨がらされて対面座位で、3人目は便器に乗せられて正常位で・・・顔やお尻がまた男たちに汚されました。
(やっと終わった・・・)と思っていたら、ドアが開いて新しい男が2人入ってきました。
また便座に座った男に乗せられて、別の男のモノが口の中に押し込まれました。

確か5人組だったから、これで本当に終わりだと思って、言われるままに必死に舐めたり腰を上下したりして、なんとか終わらせました。
そしたら立たされて後ろ向きにされて、左右の手すりに脱がされたタイツで縛りつけられて、セーラーのスカーフで目隠しまでされました。
すぐにまた1人、中年っぽい声の男が入ってきました。

「本物?」

「これ、学生証」

「おおっ、すごい・・・」

「じゃあ大2ね。目隠しは取っちゃだめ。あとゴム付きで」

(え!私、売られてる?!)

ゴソゴソ音がした後、いきなり入れられました。
そして2分くらいして、「うっ!」と声がして終わったみたいでした。

「じゃあ交代、次、入れて!」

(リーダーっぽい男が残ってた!)

新しい人の気配がして、さっきとほとんど同じ会話の後、またズブッと。
頭を掴まれて顔を後ろにひねられて、変な匂いの口が押し付けられて、気持ち悪い舌がヌメッと歯に当たります。
結局、20分くらいで4人に犯されました。
早く解放されたいという思いだけでした。
でも手は縛りつけたまま男は出ていきました。

「じゃあな!次のヤツからは自分で集金しろよ!」

そう言い残して、カギを開けたまま立ち去って行ったんです。
焦りました。
手以外は動かせたので、首を曲げて指先で目隠しのスカーフを外しました。
手を振ったり引っ張ったりしてタイツを取りました。
便器の水に髪の毛がベッタリつきました。
急いで身支度をして外へ出ました。
誰もいなくてほっとしました。

明日は・・・どうしよう。