僕が中2の時の話です。
当時、僕は水泳部にいました。
でも筋肉が全然付かず、しかも黒目が大きかったので、パッと見は女の子みたいでした。
そのくせ性器がアンバランスに大きく、競泳用水着を穿くと股間が目立って、友達によくバカにされました。

ある日、部の練習で都心の大きなプールに行きました。
そこに行くのは初めてだったので嬉しくて泳ぎ込んでしまい、疲れて他の部員より早く上がりました。
更衣室で体を拭いていると、隣で着替えていたおじさんがチラチラと僕の方を見てきました。
そのおじさん、背は低かったけど、筋肉が締まっていて、そして毛深くて、あと眼がギョロッとしてて、ちょっと怖い感じでした。
しばらくするとおじさんが近づいてきて、僕に年齢とか学校の場所とかを聞いてきました。
とりあえず適当に答えていましたが、その間もおじさんはずっと僕の股間を見てニヤニヤしていて、なんか変な人だなと思いました。

その頃、性器に少し毛が生えはじめていて、また皮も剥けてきていました。
友達にそれが知られるのが恥ずかしく、普段着替える時は、いつもバスタオルで隠しながら水着を脱いでいましたが、そこには僕とそのおじさんしかいなくて、まさか大人がからかってくることもないだろうと思って、その時は隠さずにそのまま水着を脱ぎました。
するとおじさんは僕の下半身を凝視して、気持ちの悪いニタニタ笑いを浮かべて、「きみ、大きいね」と言いました。
どうリアクションしたらいいか判らなかったので、「はあ、そうですか」みたいなことを言いました。

するとそのおじさんは・・・。

「そうだ。シャワー室の所に脱水機があって、そこで水着の脱水が出来るんだよ、ちょっと来てみな」

そう言って、半ば強引に隣のシャワー室に僕を連れて行きました。
さすがに裸で歩くことには抵抗があったので、とりあえずバスタオルを腰に巻いてついて行きました。
今考えると、この時に逃げるべきでした。

一緒にシャワー室の入口に行くと、小さな機械が設置してありました。
中学の更衣室にはなかったので、小型脱水機を見るのは初めてでした。
そしたらおじさんが、「ちょっとこっちに入ろう」と言って、僕の手を引っ張ってシャワー室に入りました。
僕は何か変な雰囲気を感じて、「もうシャワーは浴びましたよ?」と言ったのですが、おじさんはそれには答えず・・・。

「こんな可愛い顔してるのに、もう毛も生えてるんだね、へへへっ」

そう言って僕の大事なところを手で掴みました。

びっくりして、「え、ちょっと」と言うとおじさんは、「いいから黙ってろ」と言い、そのまま僕の大事な所をしごきはじめました。
どうしていいかわからず、そのまま固まっていたら、だんだん僕のそこは大きくなってきました。
するとまたおじさんはまた下品な笑いを浮かべて・・・。

「なんだよ、勃ってきてんじゃねえか。駄目だろ」

そう僕を怒りました。
なんで怒られるのかわからないまま、とりあえず謝ると、おじさんは無言で水着を脱いで裸になりました。

「ほら、俺より君の方がデカいだろう」

おじさんが言いました。
おじさんのそれは短い上に細く、漠然とですが、大人の性器って子どもより大きいと思っていたので、ちょっと意外でした。
そしたらおじさんはいきなり僕の乳首を舐めました。

「え、ちょっと」と言ったけれど、おじさんはそれを無視して、そのまま首、顎と順番に舐めていき、あっと思った時には唇を舐められていました。

(これってキス・・・)

と思ったけれど、僕は怖くて何も言えませんでした。
おじさんは一旦顔を離して僕の顔を見てニヤッとした後、また乳首を舐めて、そのまま舌を下に向けて動かしていき、今度は勃ったままの僕の大事なところを咥えました。

「んっ、ちょっと、ちょっと」

僕は慌てました。
そりゃそうです。
性器を咥える人がいるなんて当時の僕には理解不能でした。
精通はまだだったし、そもそもどうやったら子供が産まれるかみたいなことも、全然知識がなかったのです。

僕はそのまま長い時間、おじさんに大事なところを舐められ続けました。
途中から朦朧としてきてよく覚えていないのですが、おじさんはたまに僕に向かって、「可愛い」とか「大きい」とか「泳いでいる時から見てた」などと言ってたのを微かに覚えています。

だいぶ経ってからおじさんが、「今度は俺の番な」と言って、自分の性器を僕の顔に近づけてきました。

「舐めるんだよ」

そんなことを言われても僕には無理でした。
でも目の前に迫ってきて、あっと思った時には口の中に入れられていました。
不気味すぎて鳥肌が立ちました。
するとおじさんは僕の頭を掴み、しばらく前後に揺すった後、僕の口から性器を抜いて小声で何か言いました。
当時はよく判らなかったけれど、今思うとおじさんはその時、床に向かって射精したんだと思います。

おじさんはその後、「洗ってやる」と言って、僕とおじさんの体を交互にシャワーで流しました。

「お前は出なかったけど、まだなんだな」

その時は何のことだかわかりませんでしたが、たぶん射精のことを言ってたんだと思います。
僕はおじさんを正視できず、ずっと俯いていましたが、チラッと見上げたら嬉しそうにニヤニヤしてました。

一緒に更衣室に戻り、僕がバスタオルを出して体を拭こうとすると、「俺がやってやるよ」と言って拭いてくれました。
やさしいなって思ったのも束の間、タオルで拭くふりをして、また大事なところを弄られました。
いい加減僕が制服を着ようとすると、おじさんは「ちょっと待ってろ」と言ってカメラを取り出し、裸の僕の写真を何枚か撮りました。

その後、制服に着替えて、おじさんと一緒に外に出ました。
おじさんは、「きみ、本当に可愛いね」と言って居なくなりました。
僕は他の部員が出てくるのを外で待ちながら、(さっきはいったい何をされたんだろう?)とずっと考えてました。

この事件は僕にとって結構なトラウマで、その後、このプールに行く気になれませんでした。
この話は他人に話す気になれず、これまでずっと封印していましたが、40歳を過ぎて当時の学生証の写真を見たら、今と全然違って、確かに女の子っぽい顔でした。
気になるのは、おじさんに撮られた写真です。
おじさんが自分で持ってるだけならまだ許せるけど、少年に興味を持つような同性愛者はやっぱり嫌いなので、そういう人たちの手に渡ってたら嫌だなって思います。
と同時に、僕はノーマルですが、当時の僕の裸の写真がオカズとして使われてたらちょっと嬉しいかもっていう、矛盾した気持ちもあります。