もう3年も前のことです。
僕は大学受験を控えていつもイライラしていました。
今から思えば欲求不満だったのでしょう。
親に反抗もしたし、タバコを吸ったり酒を飲んだりしていました。

ある晩、母が僕の部屋にやってきて、「どう、お勉強は捗ってる?」と聞きました。
僕は急いでタバコをもみ消しましたが、部屋の中は煙だらけでした。
でも母は何も言わず、笑みさえ浮かべながら言うのです。

「頑張ってよ。受験くらいでおろおろしてどうするの」

僕はムカッとして言い返しました。

「いい気なもんだよな、俺の辛さなんてわからないくせに」

すると母は・・・。

「わかっているわ。お母さんだってあなたと一緒に耐えているつもりよ」

そう言って母は、なんとも言えない表情で僕を見つめました。
ニコニコと微笑みながらも、何かを決意したような、聖母のような慈愛と強さの入り交じった表情でした。

「あなたのイライラをなくしてあげるわ」

母はきっぱりした声で囁くと、手を僕の股間に伸ばしてきました。
僕は心臓が飛び出すほど驚き、「あっ、あの・・・」と言おうとしましたが・・・。

「黙って、じっとしていなさい」

そう言いながら母は僕のズボンのベルトを外し、チャックを下ろしてしまいました。
パンツごと引き下ろされ、僕は下半身を剥き出しにされておろおろしてしまいました。
母は左手で僕の頭を抱き、右手でチンポを握ってモミモミとしごき出したのです。
僕はさらに驚いて心臓がバクバクしましたが、母のスベスベした指の感触があまりに気持ちよくて、すぐにビンビンに勃起してしまいました。
とても恥ずかしいと思いました。
それに、母にこんなことをしてもらうなんて、背徳的で許されることじゃありません。
そうも思いました。
でも母は愛情のこもった笑みを浮かべて、僕を包み込むように見つめてくるのです。
僕は母の気迫に飲まれ、もう石のように身を固くしたまま指の愛撫に身を委ねたのです。

母はしばらく勃起したチンポをやわやわと揉み上げていましたが、やがて自分のブラウスのボタンを外し、惜しげもなく胸元を押し広げると、ブラジャーもカップごと下に引き下げました。
母は巨乳です。
ブルンと弾むように飛び出した乳房に手を添え、母は乳首を僕の口に押しつけてきました。

「さあ、吸いなさい」

なんだか子供扱いです。
でも、もうこの頃には僕は興奮しきっていたので、夢中で母の乳首に吸い付きました。
両手で乳房を鷲掴みしました。
柔らかくて張りのある母の乳房が僕の手の中でとろけるようでした。
母はチンポに手を戻してきたのですが、このときにはもう爆発寸前でした。

「お、お母さん・・・」

僕が切羽詰まった声をあげると・・・。

「まだよ、我慢しなさい」

母は叱るように言い、すっと立ち上がると、僕を見つめたままスカートを自分で捲り上げたのです。
母の真っ白いパンティとふくよかな太股が目に飛び込んできました。

「さあ、あなたの手で下ろしていいのよ」

そう言って母はまたにっこりと笑いました。
僕は目が眩むような喜びを覚えながら、ゆっくりとパンティを脱がせました。
ドキドキして何度も手が滑りましたが、母はやさしい表情でずっと見守っていてくれました。

母は僕のベッドに横たわり、僕を見つめたまま両足を広げてくれました。
そのとき僕は本当に母が女神のように思えたのです。
初めて見る女の性器がそこにありました。
ねっとりとした襞が口を開け、中の赤黒い粘膜が覗いています。

これが女の性器・・・。
しかも、女の性器であると同時に、僕のお母さんの性器・・・。

そう思うと僕の興奮は異様なほど高まりました。
だって、これまで女として意識したことなど一度もなかったのに、その母が性器を僕の目の前に晒しているのです。
この性器は女そのもの。
それなのに、性器を晒しながら僕を笑顔で見つめている母は、母性に満ち溢れた母そのものでした。

「さあ好きなようにしていいのよ。舐める?それとも指を入れる?」

母の口から信じられないような卑猥な言葉が漏れたとき、僕はカーッと熱くなって夢中で母の股間にむしゃぶりつきました。
粘膜を無我夢中で舐めあげ、指をズボズボと差し込みました。
片方の手は乳房をこね上げます。
母は必死にこらえているようでしたが、時おり「あん」とか「ああん」とか呻き声が漏れました。

夢中で舐めていると、だんだん置くから愛液がしみ出してきます。
ズボズボと出し入れしている指がヌメヌメしてきました。
僕はもう理性をなくしていて、そのヌルヌルの指を肛門に突き刺しました。
キツく閉じた母の肛門は前の穴と違ってなかなか口が開きません。
それを僕は乱暴にズブッとこじ開けたのです。
きっと痛かったと思いますが、母は少しも声をあげませんでした。

ここまで来たら、もう最後までいくしかありません。
僕は母の顔を見ました。
母はこっくりと頷き、染み入るような笑顔を見せてくれました。
僕は母に覆い被さり、チンポをヌルヌルになった穴に突き刺しました。

(熱くて柔らかくてすごく気持ちいい)

夢中で腰を動かしながら、僕は目が眩むような快感を味わい、同時に母そのものに包み込まれているような幸福を味わっていました。
僕は母のお腹の中に、訳もなく溜まっていた苛立ちや不安感とともにドッと精液を吹き上げました。
母の方から四つん這いになってくれて、バックからも挿入しました。
いつも食事を作ってくれたり、あれこれ面倒を見てくれる母が、僕のために犬のようにお尻を突き出している。
その大きなお尻を掴み、ずん、ずん、と下腹部を打ち付ける行為は、正常位とはまた違った興奮がありました。
それから母が上になったり、また正常位に戻ったりして、計6回も僕は射精しました。
すべてが終わってぐったりした僕に母が優しく囁きかけます。

「どう、すっきりした?」

僕は夢中で何度も頷きました。

それ以来、僕は憑きものが落ちたように平穏な心を取り戻し、せっせと勉強して希望の大学に入学することができました。
でも、母との関係はその1回だけです。
次の日から母は普通の母に戻り、あのことを彷彿させるような態度や言葉を一切滲ませることはありませんでした。
僕も、このことは秘密にしなければいけないと思い、絶対に「またして欲しい」とは言いませんでした。

今では、あれは夢だったんじゃないかとさえ思えます。
きっとあのとき母は、自信もなく不安ばかりだった僕を自分の体で慰め、同時に僕のイライラを精液ごと吸い取ってくれたのだと思うのです。