大学生の僕には、同じ誕生日ということで仲良くなった女の親友、Mがいる。
お互いにかなり信頼し合っている。
Mには年上の彼氏がいるが、社会人のため、学校ではいつも一緒にいる。
その仲の良さは友人から、「お前らって付き合ってるの?」と言われるほど。

ある日、お互い授業が休講になって暇だった。

「俺の部屋来る?」

「うん、行く!」

部屋に着いてしばらくおしゃべりしていたら、Mが「寒いなぁ」と一言。

俺は、「じゃあ布団敷いてお昼寝しよっか?(笑)」と軽く冗談を言った。

「いいよ♪」

付き合ってもないのに、Mと1つの布団でいちゃついた。
だか、この日の俺はいつもと違っていた。

「俺、Mが好きだ・・・。付き合えなくてもいいから、俺の気持ちを感じていて欲しい」

「・・・分かった」

彼女を力強く抱き締めると目が合い、目が離せなくなった。
そして、気付いたらキスしていた。
最初は唇を合わせるだけだったが、だんだんいやらしいキスになっていった。
Mの耳と首を愛撫しながらゆっくりブラを外した。
いつもは気付かなかったが、MはFカップらしい。
とにかく優しくしないとと思い、ゆっくり舐め回していると彼女が呟く。

「噛んで・・・」

(えっ?)と思いながらも、軽く乳首を噛んでみた。

「もっと強く・・・もっと!!」

Mの息遣いがかなり荒くなってきた。
俺はMの下の方が気になった。

「いい?」

「いいけど・・・見ちゃダメ」

彼女のジーンズを下ろす。
下着の上からでも濡れているのが分かった。
彼女のあそこを見れないままそこを弄る。
ゆっくり中に指を入れると見せかけ、穴の入り口で指を止めて、少し入れては抜いてを繰り返していると・・・。

「いじわるしないでよ」

Mが顔を赤くして言った。

「いじわるって?」

「だから・・・奥まで・・・入れてください・・・」

「仕方ないなぁ」

やっと指を奥まで入れてやった。

「はぁっ・・・!」

俺のシャツの袖を強く掴むM。

「いかがですか?」

「気持ちいいです」

その後、とことん彼女の中を掻き回した。
でも残念なことに、初めての俺には彼女をイカせることはできなかった。
彼女を見ると涙を流していた。

「ごめん、こういうことはやっぱまずいよね」

「違うの。気持ちよかったの・・・」

Mは気持ちいいと泣く癖があるらしい。

「てか・・・して欲しくないの?」

「いいの?」

「うん、いい」

Mにジーンズとトランクスを一気に脱がされ、それと同時に彼女の舌が先を舐め、そしてアソコ全体が温かくなった。
彼女の柔らかい舌が絡みつくのがわかる。
かなり気持ちよかったのだが、なかなかイケない。

その時・・・。

「ふー、疲れた(笑)」

Mがそう言って俺の太ももに頭を乗せた。

「もういいよ、ありがとう」

俺は彼女の頭を撫でた。
彼氏と彼女のことを思い、その先はしなかった。

「これが俺の気持ち」

「うん」

俺はMを抱き締め、抱き合ったまま眠った。

周りから見ればヘタレかもしれないけど、俺はこれでいいと思っています。
そして今も、Mとはこれまで通り仲良くやっています。