昭和30年代の話です。

母(42歳)が私(小2)と兄を連れて離婚前提で父と別居し、母の実家で祖父母と一緒に暮らしていました。
母とは小6まで一つの布団で一緒に寝ていました。
寝る時に母は、「こうすると温かいから」と言って、必ず母の脚の間に私の脚を挟んで寝ていました。
母は寝る時は腰巻に寝巻きで、ズロースはつけずに寝ていました。
私の両脚に母の陰毛が触るのですが、当時は純真無垢の子供でしたからなんとも思わず、本当に温かく、母に抱かれて寝ていました。
たぶん母は、父と別れて男が欲しかったのでしょう。

小5の時でしょうか、下半身に違和感(快感?)を覚えて目が覚めましたが、寝たふりを続けました。
その後、たびたび同じことがあり、ある晩とうとう耐え切れず、母にしがみついてしまいました。
私が目覚めたことに気がついた母は「シーッ」と言い、それまでチンチンをしごいていた手の動きを速めました。
私は母の手の中へ射精してしまいました。
母は枕カバーでチンチンと自分の手を拭いていました。
その後は枕元にちり紙が置かれるようになりました。

そんなことがしばらく続き、6年生になった頃には皮は剥け、性の知識も豊富になり、私は母のおまんこに手を差し入れるようになりました。
おまんこは濡れ、クリに指先が当たった時などは、「ウッウッ、ハー」と母は抑えた声を出すようになっていました。

ある晩、今まで手でしごいていた母が口に咥えてくれたのです。
母の口の中の温かさ、口元の締まり。
手とはまったく違った感触に、手のときは結構持続していたのですが、初めての快感にかなり早く母の口の中に射精してしまいました。
そのままウトウトとしていると、また下半身の温かさに気がつきました。
目を開けると、目の前に母のお尻があり、おまんこがはっきり見えました。
豆電球に照らされてヌラヌラと光る少し黒ずんだ小陰唇・・・。
別にグロいとも思わず、指で小陰唇を開いたり、クリを擦ったり、まじまじと観察しました。
すでに母の感じる場所はクリだと知っていたので、お尻を両手で抱えてクリに舌を這わせ、69の体勢で舐めあいました。
それでも母は挿入はさせてくれず、いつも手か口の中での射精ばかりでした。
それでも私は満足していました。

中学生になると、さすがに母と一緒の布団で寝るわけにはいかず、同じ部屋に別の布団を敷いて寝るようになりました。
でも、「ヒロちゃん、温かいからこっちにおいで」と私を自分の布団に入れてくれたり、「そっちに行くね」と言ったりで、お互いの布団を行ったり来たりの状態で関係が続きました。
この頃は性の知識は相当身につけていて、私は母のおまんこに挿入したくてたまりませんでした。
それまでは母は時々、お尻をこちらに向けて、おまんこの間に私のチンチンを挟んでイカせてくれてました。

私に陰毛が生えだした時は、生え揃う過程が面白いと毎回観察されて、完全に生え揃った頃、「ヒロちゃんも大人になったね。今日は上になって」と言われました。
いつも母主導でしたので、意味がわからずにいると、寝巻きと腰巻を肌蹴てM字開脚しています。
私はM字開脚の間に身体を入れました。
上から見下ろす母の裸は初めてです。
ちょっと垂れ気味に横に開いた乳房、黒々とした陰毛、割れ目から顔を出したクリと小陰唇・・・。
母の手はいつものようにチンチンを握ってしごいていましたが、自ら濡れたおまんこの入り口に私のチンチンを宛てがいました。
初めてのことに戸惑ってといると・・・。

「そのまま突いて・・・」

言われるままに腰を前に突き出すと、ニュルっとした感覚と同時に温かさを感じました。
口でしてもらうのとはまったく違った感触でした。
突き入れると同時に、「ウッ、ファ~」と吐息とも喘ぎともつかない声が母の口から漏れました。
その後、どうしていいのかわからずじっとしていると・・・。

「腰を・・・動かして・・・」

母に教えられ、前後に2、3度抜き挿しすると、「いい~」とはっきりとした言葉を口に出しました。
初めてのセックスは、母の声を聞いたと同時に中に射精していました。

「初めてだからしょうがないね」

母は私を労ってくれて、自分の股間から流れ出る精液をちり紙で拭いていました。

それから主導権は私に移りました。
指を使ってクリでイカせ、舌を使ってイカせました。
そのたびに母は、「いい~、もっと・・・もっと」と、喘ぎ声を漏らすようになりました。
危険日は、私が「イクよ」と声をかけると、母は自ら腰を引いて外出しでした。

この頃になると、抜き挿しを15~20分は持続できるようになり、母も私のチンチンで2~3度はイッていたようです。
母はイク時、脚を突っ張って、「ウ~ンッ・・・ハ~」と吐息を漏らすのでわかりました。
乳首を舌で転がしたり、優しく噛んだりすると感じることも知りました。
だんだん体位も覚えました。
最初は母のM字開脚ではじまり、クンニ、フェラ、指マン、そして正常位で挿入。
次は後背位です。

初めて騎乗位を体験したときのことはよく覚えています。
私の股間に跨がって腰を振る母を見上げ、揺れるおっぱいが見えました。
そして時々見える陰毛の影。
母が後ろに両手をつくと小陰唇まで見え、出し入れされるチンチンがヌラヌラと光って見えました。
私も腰を上下に使うと、奥まで届くのでしょう、母の喘ぎ声が変わります。
母も自分の感じる部分にチンチンの先を当てるかのように前後左右に動かしたり、腰を回したりして・・・。

「ヒロちゃん、イク・・・」

そう言って私の上に突っ伏してしまいました。
同時に私もそれまで耐えていたものを一気に母の中に出しました。

高校に進学すると、3つ上の兄は就職して家を出たので、夜は夫婦同然でした。

「ヒロちゃんも立派な大人になったね~」

愛おしそうにチンチンを舐めて、それから自らのおまんこに入れるのです。
母が後ろ向きに上に乗ると、動くたびにアナルがヒクつき、前屈みになって動くたびに抜き挿しするチンチンが小陰唇を巻き込んで出し入れされるのです。
すでに母は50歳を越えていましたが、まだクビレもあり、おっぱいは多少垂れ気味にはなっていましたが、近所の同年輩のおばさん達と比べるとまだまだ若い感じです。

母との関係は、高校卒業(=遠方に就職)で終わりました。
最後の夜は一晩中ほとんど寝ずに、ありとあらゆる体位で母と交じり合いました。

「もうヒロちゃんとは会えないんだね・・・。盆、暮れには必ず帰ってくるんだよ」

そう言って私を送り出してくれました。
私は24歳で結婚するまで、帰省のたびに母と交じり合いました。
結婚の時、口には出しませんでしたが、彼女に私を取られると思ったのでしょう、猛烈に反対され、親子の縁を切るとまで言われました。

しかし、孫を抱いた母はすっかりいいおばあちゃんになり、それまでのことは棚にあげて嫁さんに・・・。

「夫婦は夜の営みがなくなったら終わりだよ」

と変な知恵をつけて、77歳でこの世を去りました。
昨年、母の23回忌を営み、母との封印を解くつもりで書いてみました。