お互いに疲れたので腕枕&抱っこで2人とも熟睡。
土曜日、起きたのは10時過ぎ。
別々にシャワーを浴びる。
バスローブのまま、キッチンで遅い朝食を食べる。
昨日が昨日だったので、ちょっと彼女は恥ずかしそうだ。
髪の毛が濡れているので、ちょっと雰囲気が違う。

「今日、どうする?」

「うーん、特に考えてないけど」

「そっかぁ・・・じゃあなんかリクエストある?」

「・・・う~ん・・・ここでまったりじゃダメかなぁ・・・」

「うん、別にいいよ。何か思いついたら後でもいいから言ってね」

「私、寒いの苦手なの。ここ暖かいから出たくないかも」

(やったね!今日もいちゃいちゃできる!)

リビングでお茶を飲みながらのんびりする。
ソファーで寄り添うようにボーっとテレビを見る。
頭をちょこんと僕の肩にくっつける彼女。
腕を彼女の肩に回す。
肩を擦るようにしながら抱き寄せる。

「・・・くぅ~ん」

鼻を鳴らすように抱きついてくる彼女。
ゆっくりと彼女の髪の毛と背中を撫でる。
同時に頭にキス。
洗いたての髪の毛の匂いがたまらない。
鼻、唇、頬、手、彼女の髪の毛を五感フル活用で堪能する。

「好きぃ・・・」

ぐっと彼女が顔を押しつけてくる。
当然こっちは下半身に来ちゃうよね。
指を彼女の太ももに這わせる。
膝から上にギリギリまでゆっくり撫でる。
そこからもう一方の太ももにジャンプ。
絶対に大事な所には触らない。
焦らすように太ももを指が往復する。
彼女の吐息の湿度が上がる。
押しつけられている僕の胸の辺りが暖かく湿ってくる。

「ふぅ~ん、んん・・・」

おねだりのサインだろうけど、あえて触らない。
焦らしを続ける。

「あっん、んん、ふぅ~ん、あっふん・・・」

彼女の声が大きくなる。
でもまだ焦らしはやめない。

ついに彼女が・・・。

「お願い・・・焦らさないで、お願い・・・」

「うん?どうして欲しいの?」

「ぅん・・・して・・・」

「何を?」

「・・・やだ、分かってるくせに、お願い・・・変になっちゃう・・・」

そろそろ可哀想だからリクエストに応えてあげよう。
ゆっくりとヌルヌルになったマンコに指を入れる。
入れると言うより、中の液を指で掬うって感じ。
指がふやけそうなくらいゆっくりと丁寧に中を掻き回す。
時折アクシデントのようにクリトリスに触れる。
そのたびに、「うぐっ・・・」と喉が鳴る。
そしてぎゅうぎゅう抱きついてくる。
背中に彼女の爪が少し食い込む。

「ここが気持ちいいの?」

「・・・うんっ、気持ちいぃ・・・」

顔が見たいので体を離すと同時にキス。
もう一度クリトリスを刺激する。
今度は僕のバスローブの襟をぎゅっと掴んでいる。
快感に耐えるように少し苦しそうな表情がエロい。

わざともう一度、「ここが気持ちいいの?」と聞く。

「・・・うんっ、いぃ・・・いぃ・・・」

泣きそうな声を出し、こっちを切なそうに見ている。

「あっん、くっ・・・ふっ、んぬぅ・・・」

大きくピクンとなった後、軽く痙攣して呼吸が一瞬止まり、僕の胸の中に崩れる。
ハアハアしている彼女からどっと汗が噴き出す。
指でイカせちゃった。
彼女は、「・・・好きぃ・・・好きぃ・・・」と繰り返し、ぎゅっと抱きついてくる。
どうもこの子の「好き」は、単に好きという意味だけじゃないみたい。
まだ息が乱れてる。
キスをすると彼女の方から吸い付いてくる。

「・・・んぐっ、んぐっ・・・」と水を飲むときのような音を立ててる。

そのままクールダウンするようにゆっくりキスを続ける。
だんだん彼女も落ち着いてきた。
可愛いのでしっかり見つめてしまう。

「やだぁ・・・あんまりじっと見ないで・・・」

「可愛いから」

「・・・もう、恥ずかしいよぅ・・・」

顔を背ける彼女。
顔を回り込ませてキスをする。
彼女はキスが好きみたいなので、こうすればこっちに顔を向けてくれる。
顔を離すと、やっぱり恥ずかしいのか僕の胸に顔を埋めてくる。

「なんかすごいよね・・・昼間からこんなことして・・・」

「そう?きっとフランス人とかこんな感じだよ」

フランス人に根拠はない。
ただなんとなくそんな感じがした。
このままイチャイチャしながら、おしゃべりしたりお菓子を食べたりテレビ見たりと昼くらいまで過ごす。
適当に昼ご飯を済ます。
午後はDVDを見て過ごした。
その後、2人でお昼寝。

夕方、目が覚める。
彼女はまだ横で寝息を立てている。
ちょっとイタズラしてみたくなる。
布団に潜り、下の方へ。
起こさないように気を付けながら彼女の脚の間に顔を入れる。
そのままマンコに舌を這わせる。
意外と起きないもんだね。
調子に乗って割れ目に舌を割って入れる。

「・・・ぅんんんん・・・」

起きたかな?それとも寝言か?
もう起こしちゃってもいいや。
脚を広げ、クリトリスを露出、口で含むように舐める。

「・・・あっ・・・うっ・・・くっん・・・」

絶対起きてる。

「起きてるんだろ?タヌキ寝入りめ!」

冗談ぽく言う。

「・・・うん、起きてるよ・・・でも、気持ちいいからそのままにしてた・・・」

彼女がウチに来てからほぼ丸1日、彼女はエロエロになってしまったようだ。

「すっかりエッチな子になっちゃったね」

「先生のせいだよ」

笑顔が可愛い。

「もっとする?」

「うん・・・いっぱいして・・・」

舌を絡めるようにキスをする。
彼女の息継ぎするような、「ん、ん・・・ん・・・」が興奮する。
彼女の唇から耳に舌を移動。
耳を舐めるのって楽しい。
そのまま舌を這わせて耳から首筋へ。
綺麗な首にキスマークを付ける。

「・・・あっ・・・うっ・・・くっ・・・」

反応も可愛い。
手のひらでオッパイの柔らかさを楽しみながら指先で乳首を転がす。
彼女の喘ぎ声が乳首への攻めと連動する。
マンコへ手をやるとぐじゅぐじゅだ。
わざとあまり触らない。
もうとにかく入れたい気分だ。
手早くコンドームを付けると、チンチンの先っちょでクリトリスをヌルヌルと撫でる。

「これ、どうして欲しい?」

「・・・ぃれて・・・」

「うん?なあに?聞こえないよ」

「・・・入れて、お願い、入れて!」

言い終わらないうちに挿入。
じゅぶという音がする。

「・・・はぅ、んっ・・・あっんっ・・・」

一気に根本まで入れる。
ピストンよりもグラインドの方が彼女は感じるようなので、ゆっくりとクリトリスも擦れるように彼女の内壁の感触を感じる。

「ねえ、◯◯の体は誰のもの?」

「△△さんのものだよ・・・」

切ない声で懸命に答える彼女。

「うん?よく聞こえないよ、もう1回言って」

言いつつ指は乳首をねっとりと攻める。

「△△さんのもの!」

興奮して声が少し大きくなる。
彼女の手を取り、挿入しているチンチンの根本に宛てがう。

「じゃあ僕の体は誰のもの?」

「・・・◯◯のものだよ・・・」

チンチンを触りながら言う。
めちゃめちゃエロい!
グラインドしながら・・・。

「それじゃあ、◯◯の心は誰のもの?」

「もちろん・・・△△さんのものだよ・・・」

切なさが増す。
絞り出すような声。

「うん、じゃあ△△の心は誰のもの?」

「◯◯のもの!」

叫ぶように言い、抱きついてくる。

「◯◯のこと全部あげるから・・・全部ちょうだい・・・全部!お願い」

最高だ。
20歳の女の子にこんな事を言わせている。
すごい優越感。

(もうどうなってもいい!)

そう思うと逆にイキ難くなる。
前回までちょっと早漏気味だったのが嘘のよう。

彼女を攻めて攻めて攻めまくる。
彼女も最初の頃は正常位をするとどんどんベッドの上の方にずり上がって行っていたが、今は逆で、深く挿入できるように腰をこちら側に持ってくる。
バックに体位を変える。
彼女のお尻からウエストへのラインが綺麗だ。
ためらわずに一気に入れる。
普通、経験の少ない子は腰が引けたような格好になるけど、初めからお尻を突き出してくる。
彼女の片手を掴み、半身を横向きにさせる。
本当はバックの時は相手の肩を掴んでするのが好きなのだが、彼女は背が高いのでこうした。
ピストンするたびに横乳が揺れる。
手で鷲掴みする。
喘ぎ声も最初の頃とは全然違う。
エロモードに入って恥ずかしさがなくなったのだろう。
突いて突いて突きまくる。
彼女の喘ぎ声はもはや叫び声のようだ。
次に僕の好きな騎乗位にもっていく。
ゆっくりと確かめるように自分の中へチンチンを沈めていく彼女。
根本まで入った直後の、「ふぅー・・・」と息を吐く感じがエロい。

「自分が気持ちいいように腰を動かしてごらん」

指示を出す。

「うん、やってみる・・・」

ぎこちなく動かす彼女。
こちらも上手く当たるように動かしてあげる。
徐々に慣れてきたのか気持ちいいポイントを掴んだのか、だんだん動きが滑らかになる。

「・・・あんっ・・・こうするとなんか違う感じがするぅ・・・」

彼女が腰をくねらせる。
彼女の動きが速くなる。
同時に体を後ろに反らせる。

「あんっ、あ、あんっ、んっ・・・んぐぅ・・・」

そう言うと同時にマンコがキュッと締まる。
体を反らせたまま硬直したようになり、そして崩れた。
前に倒れるようになり、息も絶え絶えに、「・・・好きぃ・・・好きぃ・・・」と連呼しながらキスしてくる彼女。
この「好き好き」攻撃で、僕も射精。
ワンテンポ遅れたが、ほぼ同時にイケた。
大満足だ。

ゆっくりチンチンを抜く、彼女の汁が糸を引く。
僕の下半身はもちろんシーツもぐちょぐちょだ。

「今の凄かったぁ・・・」

僕に甘えるように抱きつく彼女。

「うん、すごくよかったよ、最高だった。ごちそうさま」

「やだ、もう!」

笑いながらじゃれつく。
この後、ご飯食べて、お風呂に2人で入って洗いっこをしたりした。
さすがに疲れて、この日(土曜日)はここまで。

<続く>