木曜の午後2時に着信。
相手は公衆電話だった。
20分ほど話をして、小田急線千歳船橋駅前のマクドナルドで待ち合わせ。

相手:16歳、都立高校1年。
帰国子女(5年ほど、米・デトロイトに在住)。
身長154センチ、薬師丸ひろこ似。
84-57-85、Cカップ。

電話で話をしてるときから、ちょっと言葉使いが変だったので期待半分で待ち合わせ場所へ。
彼女の家の近所らしい。
マクドナルドに着くと、自動ドアに高校生が1人、壁にもたれている。
その女の子と視線が合う。
その子が僕を見て電話をかけるジェスチャーしたので、半信半疑ながら頷く。
その子だった。

電車で新宿へ移動。
話を聞くと、どうも帰国してから寂しかったらしい。
新宿駅の地下街をウィンドウショッピングしたりお茶したりと、普通のデートを小一時間。
書いたとおり、デビュー当時の薬師丸ひろこに似ていて超可愛い。
声も可愛い。

(なぜ、こんな子が?)

デートしてる時、手を繋いだり腕を組んだりしていたが、彼女の豊かな胸に私の左腕の肘がつんつん当たる。
そのムニュッという感触でもう勃起状態。

歌舞伎町のラブホ『H』へ入る。
彼女、スカートは制服だったが上は着替えていた。
学校からの帰宅途中だったらしい。
チェック柄なので、パッと見には制服に見えない。
彼氏はいない、漢字がよく読めないなんて話をして、部屋にあったカラオケで1曲ずつ。
彼女は久保田利伸を歌う。
英語の歌詞はさすがに発音が素晴らしい。

「上手いね、ご褒美をあげよう」と彼女をギュッと抱き締め、背中をやわやわと擦る。

爪の甲で背中を撫でると、彼女の肩が少し震えてきた。
僕の胸にピッタリと顔をうずめている。
怖がっているのかなと思ったが、そのまま背中を擦ったり、耳たぶをチロチロと舐めたり、軽く噛んだり、お尻を撫でたりして彼女のボディをチェック。
彼女の体はピッタリとくっついているので、その豊かなバストも十分に感じられた。
彼女も僕の背中に手を回してくる。
まるで恋人同士の抱擁だ。

腕を少し緩め、「顔、見せて」と言うと、その可愛いルックスが再び姿を現す。
目が少し潤んでいる。
軽くおでこにキスをすると、なぜか少し笑ったので、「あー、馬鹿にしたなぁ」と、今度は唇へ。
最初は軽く、チュ、チュ、という感じだったが、僕がたまらず舌を差し入れると彼女は大胆にも応えてきた。
ものすごくキスが上手い。
さすが外国育ちは違う。
5分くらい唇を吸い合っていた。

「私、キスするのが大好きなの」

「とてもうまいよ、向こうで覚えたの?」

「でも私、1人しか経験ないよ」

(嘘つけ!1人でこんなキスするか!)

そう思いながらも、「じゃあ僕が2人目になってあげよう」と囁き、ベッドへ押し倒した。
彼女は特に抵抗もせず、目を閉じて待っている。
服の上からバストを軽く揉み上げると、ようやく聞こえるような小さな声で・・・。

「あ、・・・ああっ」

服の裾から手を忍ばせ、ブラの上から乳首のあたりをトントンと軽く叩いてあげると息遣いが荒くなってくる。
たまらず服を捲り上げて、胸の盛り上がりの裾野あたりを舌で舐め回したりしながら、再びキス。
今度は彼女の方から舌を入れてきた。
甘い唾液が絡まり合い、ジュポジュポといやらしい音を立てる。
キスしながら背中へ手を回し、ブラのホックを外した。
抵抗はまったくない。
乳首の色も薄いピンクで、ほとんど吸われたことはないようだ。
(後から聞いたが、セックスは本当に僕が2人目だった)

左の乳首の周囲を舌でクルクルと刺激しながら、右の乳首は唾液で濡らした指で、やはり同じように撫でる。
乳首はもちろんビンビンの勃起状態。
その頃には十分に大きな声で・・・。

「あ、あああ、あっ・・・あん」

指が舌が触れるたびに「あんっ」と言うくらい、本当に感度がいい。
舌で周囲を舐め回したあとは、乳首を舌でちょんちょんと刺激。
軽く吸ったり噛んだりしながらスカートを脱がしていく。
パンティは普通の白。
清純そのものだ。
しかし、一部が少し濡れていた。

「もう、こんなに濡れてる。上からわかるよ」

「だめ、見ないで、お願い」

「だめ。こんなに可愛い顔してるのに、こんなにやらしい子はお仕置きしなきゃ」

「え?」

すかさずパンティの上から割れ目を刺激してあげると・・・。

「あん、だめ、感じすぎちゃう、だめ、変になる」

「いっぱい変になっていいんだよ」

クリをこねくるように弄り倒すと、腰がヒクヒク動いてきた。

「やっぱ、いやらしいんだね。直に触ってないのにこんなに濡らして」

「ごめんなさい、許して」

「じゃあ舐めて」

僕は素早く裸になり、ギンギンのペニスを取り出した。
彼女の目はじっと僕のモノを見ている。

「さあ、舐めて」

彼女は返事をするかわりに僕のモノを握り、軽く擦った。
そして、その可愛い口に僕のモノを含み、チロチロっと先っぽを舐める。
テクニックはまったくないし上手くもない、さっき彼女の言ったことは本当だと思った。
彼女はフェラチオの経験がほとんど(もしくは全く)ないのだ。
彼女はしばらくすると口からペニスを取り出し、『これで許して』と物乞いをするような目で僕を見つめた。
しかしこれで終わるはずもなく、「だめ、そんなんじゃ俺、イケないよ」と、再び彼女を横たえさせ、パンティを剥ぎ取った。
抵抗はそんなにしなかった。

彼女の裸はきれいだった。
思わず彼女の足を開かせ、オマンコを舐めた。
さっきおもちゃにしたクリトリスは皮が半分剥け、真珠色をした本体がちょこんと露出している。
強くなりすぎないように舌でさわさわと撫でると、これまでよりも激しく彼女はビクンビクンと体を震わせた。
声も、声というより、息を呑むような「あっ」という感じだ。
穴の方からはタプタプとジュースが溢れ出てくる。
味や匂いはほとんどしない。
シーツにまでいやらしい印が残されていく。
僕は小陰唇のビラビラにそって舌を這わせながら、指で絶え間なくクリを刺激する。
ビラビラをぐるっと一周すると穴に人差し指を第一関節まで挿入し、入口の当たりをプルプルと震わせた。
彼女の目が、何かを求めるような目つきに変わっていた。
最初に会ったときのような清々しさは消えて、快感を欲しがる淫乱な目だった。

クリをひとしきり舌で遊び終わると、ゆっくりと挿入しようとした。

(入らない?)

一瞬、穴を間違えたのかと思ったが、それほど彼女のヴァギナは狭かったのだ。
僕は入れては少し引き、また入れては少し引くといった感じで、清純な16歳のヴァギナに侵入していった。
そして奥に届いたとき、一旦入口近くまで引いてから、一気に奥まで挿入した。
彼女の息を呑む声が聞こえる。

「うわぁん、すごい、奥まで、奥まで来てるよぉ」

「どう、僕のは?」

「おっきい、すごいおっきい」

そんな会話をしながら正常位のままピストン運動をしばらく続けていたのだが、彼女は痛みを訴え始めた。
その表情で嘘ではないことがわかったので、それ以上の行為を断念した。
彼女は本当に済まなそうに、「ごめんなさい」と言った。

その後、2人で横たわりながら、彼女は僕のペニスを、僕は彼女のバストやクリを弄った。
彼女の声がまた大きくなっていく。
同じように僕のペニスをしごく彼女の手の動きも激しくなり、ついに僕は彼女の手によって射精した。
一緒にお風呂に入り、彼女にフェラチオをさせた。
自分の中でイカせることができなかったことに罪悪感を感じたのか、今度はすんなりと頷いた。
相変わらず下手だったけど。

帰りの電車の中で彼女は「また会える?」と聞いてきたが、当時別に彼女がいた僕は、「うーん、来週から忙しいからなぁ」と言ってしまった。
そして駅で彼女が下りると、「それじゃね」と別れた。

彼女は僕が経験した中で一番の上玉だった。
今になって、ものすごく勿体ないことをしてしまったものだと反省している。
それにしても彼女は可愛かった。