小学校4年生(当時10歳)、隔週土曜の登校日の下校中、以前から互いに顔は知っていた女性(当時19歳)声をかけられ、一人暮らしのアパートにお邪魔した。

自宅に招かれ、ジュースをもらい、話をしながらテレビを見ていた。
季節は9月、まだ半袖でも過ごせる日、彼女は白い半袖シャツにジャージを着ていた。
白い半袖シャツということもあり、膨らんだ胸が真横にあった。
僕は叱られることを覚悟して彼女の横乳を触った。

「きゃ、何するの?」

「ごめんなさい」ではなく、思わず「柔らかいね」答えた。

すると・・・。

「触ってみる?」と聞かれた。

彼女は立ち上がり、部屋のカーテンを閉め、半袖シャツを脱ぎ、ベッドに上がりブラジャーを外した。
綺麗な胸に見惚れていたら、「下も見せてあげる」と言われた。
彼女はジャージとパンツを脱ぎ、壁を背にして膝を曲げ、脚を開いた。

「ここの穴に入れるのよ」

そう彼女が教えてくれた。
僕は床に座り、ベッドに顎を乗せて膣を見ていた。
思わず右指の人差し指を膣に突き刺した。
その後、彼女がベッドに仰向けになったので、両手で胸を触り、その後また膝を曲げてもらって膣内を覗いた。

(触ってみたい、舐めてみたい)

そう思った僕は、彼女に「舐めてもいい?」と聞いた。
彼女の了解を得て、10歳の子供が19歳のお姉さんの性器を触り、舐める行為がはじまった。
数分後、彼女からお願いされた。

「ちょっとだけでいいから、指を入れて動かしてくれる?」

言われるがままにやった。
交互に両手で彼女の性器を触っていると、少しぬめった感触があった。

数分後、彼女は「ありがとう。もう、いいよ」と言って起き上がった。
彼女はパンツとジャージを穿き、僕を膝の上に乗せて、また胸を触らせてくれた。
僕が勃起(当時9cmくらい)したことを彼女は膝で感じとり、「あっ、おっきくなったでしょ」と言われた。
正直に「うん」と返事をしたら、ズボンとパンツを脱がされて、ちょっとだけ舐めてくれた。

「続きは大きくなったらね」

「大きくなったらって、いつ?」

「そうだな、10年後かな」

友達に自慢したかったけど、僕は学校では一切この話はしなかった。