私は30歳になるサラリーマンです。
妻の綾は22歳、子供はいません。
私たち夫婦と妻の従妹夫婦とのことを書きます。

妻とは結婚して2年目になるのですが、ふとした話から妻が以前(高校の頃)、従弟の由紀夫君とセックスしていたことを知りました。
今では由紀夫君も結婚して、よく家に遊びに来りしていて、私もよく知っていたのでショックでした。
ただ話を聞くと、お互いに愛し合ってというのではなく、好奇心と、ただ気持ち良いいからセックスしていたそうです。
そんな話を聞いているうちに私はムラムラしてきて、由紀夫君に抱かれている綾を見てみたい気持ちになってきました。
最愛の妻が他の男に抱かれている姿を想像するだけで興奮してしまいました。
妻にそのことを伝えると、だったら従弟夫婦とスワッピングすればという話になりました。

妻が由紀夫君に連絡してから2日後に返事が来ました。
由紀夫君の奥さんの朋子さんがなかなか「うん」と言わなかったようなのですが、なんとか説得したとのことでした。
由紀夫君は鳶をやっている威勢のいい若者で、奥さんの朋子さんは最近珍しい大人しい感じの女性です。
なかなかの美人でそそるものを感じていたので、私も楽しみにしていました。

次の土曜日、由紀夫君が車を出して、4人で山の中にあるホテルに行きました。
昼間は川原でビールを飲みながら釣りをして和やかに過ごしました。

その後、夕食を終えて、部屋に入ってから、やはり緊張からかお互いなんとなく気詰まりな雰囲気になりました。
私は興奮していましたが平気なふりをして、「そういえば、綾と由紀夫君は昔付き合っていたんだったよね」と話を向けてみました。

由紀夫「そうなんですよ。よく遊びに行くと言っては学校の帰りに綾ちゃんの家に行ってハメまくってたんです」

綾「由紀夫ちゃんたら強引で、指でいきなりアソコを掻き回したりするんだもん、痛かったよ」

由紀夫「早く濡らそうと思ってさ。でもだんだん上手になっただろ」

そう言うと、由紀夫君はニヤニヤしながら綾の太ももを撫ではじめました。
綾が頬を赤くして言います。

綾「うん。高校の最後の頃にはいっぱいイカせてもらっちゃった」

由紀夫「してやろうか?」

綾は許可をもらうようにちらっと私を見て、「うん、して」と言いました。
由紀夫君はスカートの中に手を入れて、綾のアソコを弄っています。

綾「あん、あん」

綾が甘い声を上げはじめました。
由紀夫君の手はいつの間にか胸を弄り、ブラウスのボタンを外し、ブラからCカップの白い胸を出して揉みました。
そして乳首を乱暴にこねくり回して、「綾はこうされるのが一番感じるよな」と言いながら乳首に歯を立てました。

綾「ああんっ、いい、由紀夫ちゃん、いい」

綾は喘ぎながら由紀夫君の股間に手をやって、ジッパーを下ろしました。
由紀夫君のペニスはカリが張っていて、そんなに長くはないものの結構な太さがありました。
綾はそれを美味しそうに口に含んで、ちゅぱちゅぱと音を立てて吸いました。

綾「由紀夫ちゃんのおちんちん、久しぶりの味がするぅ」

由紀夫「旦那とどっちが美味しい」

綾「うーん、どっちも」

由紀夫君が私を見ながら、「ほんとか?旦那に気を遣ってんじゃないの?」と笑います。

2人とも全裸になってベッドに行き、シックスナインで舐め合ったり、由紀夫君が馴れた仕草で仰向けになった綾の乳首やクリをねちねちと弄っていました。
ぴちゅぴちゅという湿った音と、「あっあっ」という妻の声が響いて、なんとも言えないいやらしい空気でした。
私はそれを見ながら隣で身を固くしている朋子さんに話しかけました。

私「すごいね、由紀夫君。いつもあんな風に朋子さんを責めてるの?」

朋子「え、いえ・・・」

朋子さんは真っ赤になって、食い入るように由紀夫君と綾の絡み合いを見ていました。
由紀夫君は綾を愛撫しながら、「お兄さん、朋子のやつも可愛がってやってくださいよ。こいつ、男は俺しか知らないんで」と言いました。
すると朋子さんは、「いや」と言って手で顔を覆ってしまいました。
私はちょっと意地悪な気持ちになって、わざといやらしい言い方をしました。

私「じゃあ朋子さんは、まだオチンチンは一本しか咥え込んだことないんだね?」

そしてイヤイヤをする朋子さんの手を掴んで、少し乱暴に下におろしました。
真っ赤な顔で泣きそうな顔をする朋子さんに興奮しました。
私は唇を合わせました。
朋子さんは最初は固く唇を閉じていましたが、私が舌でチロチロと舐めているうちに、観念したのか軽く開いてきました。
私は舌をこじ入れて、舌で朋子さんの小さな口の中を犯すように嬲りました。
そして胸を弄ると、妻よりも小ぶりなAカップの可愛いおっぱいを強く揉みしだきました。

朋子「あ、いや、いや」

弱々しい抵抗が余計にそそります。
私は乱暴に服を剥ぎ取ると、朋子さんを全裸にして、ベッドで絡み合っている綾と由紀夫君の隣に横たえました。

私「なんかレイプしてるみたいだけどいいかな?」

由紀夫「こいつ、乱暴に扱われるのが好きなんですよ。引っ叩くくらいしてもいいですよ」

さすがにそこまでやるつもりはないので、今度は反対に優しく朋子を抱き締めました。

私「んー、どうしたの朋子さん、固くならないで。優しくするから」

そう言うと、涙を溜めた目で私を見上げて、こくりと頷きました。
私はソフトなキスをして、そのまま首筋、肩と下りて、可愛いオッパイを唇と舌とで優しく嬲りました。
朋子さんのオマンコに指をやると、もうトロトロに濡れていました。
私はその出入り口を、入れるか入れないかくらいの浅さで何度も指を往復させました。
朋子さんはそのたびに、「はううっ」とか「あっあっ」と可愛い声をあげました。

私はペニスを朋子さんの顔の前に突き出して言いました。

私「ほら、舐めてごらん。由紀夫君とは違う味だよ」

朋子さんはまるで吸いつくように口を近づけて、私のペニスを頬張りました。
でも口が小さくて、先っぽしか入りませんでした。
由紀夫君しか男を知らないというものの、その舌使いは絶妙で、絡みつくようなざらざらした感覚にすぐにイキそうになってしまいました。

私「朋子さんのオマンコに入れたいな。いい?」

朋子「はい」

小さな声で答えたので・・・。

私「んー、聞こえないなあ。『朋子のオマンコにお兄さんのおちんちんを入れてください』って言ってごらん」

朋子「え・・・」

私「早く!」

朋子「と、朋子のお、おまん・・・に入れて」

私「違うだろ。『朋子のオマンコにお兄さんのおちんちんを入れてください』だろ」

朋子「と、朋子のオマンコにお兄さんの、おち、おちんちんを入れてくださいっ、あー」

言い終わると同時に私は十分に濡れた朋子さんの膣に、ギンギンに勃起したペニスを突き立てました。
でも全部は入り切らない感じでした。
口と同じで膣も小さいようでした。
それでも腰を振ってやると、「あんっ、ああん、壊れちゃう、朋子壊れちゃう」と可愛らしい声で喘ぎます。
私はゆっくりと出し入れをして、朋子さんの入り口の感触をペニスで味わいました。

私「ほら、見てごらん。朋子さんのあそこからオチンチンが出たり入ったりしてるよ。いやらしいね」

朋子さんは頭を起こしてちらっと見ていました。
そしてまた、いやいやをするように頭を振るので・・・。

私「朋子さん、嫌なの?だったらやめるよ」

朋子「いや、やめちゃいや」

私「んー、じゃどうして欲しいの?ちゃんと口で言ってくれないとわからないな」

朋子「えっ、あ・・・」

私「こういう時は、『いや』とか『やめて』じゃなくて、『もっとして』とか『オマンコ気持ちいい』って言うんだよ。いい?」

朋子さんはまた「はい」と小さな声で答えると、私が突くたびに、「いいー、オマンコいいっ、してっ、もっと、オマンコ突いて!」と大声で叫ぶようになりました。
それを聞いて、隣で綾をバックから突いていた由紀夫君と顔見合わせて笑ってしまいました。

綾の方もさっきから散々由紀夫君に弄られて、悲鳴をあげてよがっていました。
私と由紀夫君は、そろそろだなと顔を見合わせて交代しました。
中出しはそれぞれ自分の妻の膣に、という約束でした。
お互いのペニスを抜くと、それぞれの妻のオマンコにまた突き立てました。
太い由紀夫君のペニスが入っていた綾のオマンコはちょっと開き気味でしたが、奥まで突くときゅっという感じで締まって、温かいひだが絡みつくようでした。

私「いいか?綾、出すぞ、出すぞっ!」

いつもの倍以上は出た感じで、いつまでも射精が止まらない気がしました。
綾も感じまくっていたようで、「あひっ、あひっ」と獣のような声を立てていました。
隣を見ると、朋子さんも由紀夫君の背中にしがみついて痙攣していました。
由紀夫君のお尻がびくっびくっと震えて、まさに今、中に出しているのが分かりました。

「いい!いい!」という朋子さんの悲鳴と、「おうっ、おうっ」という由紀夫君の唸りが混じって聞こえました。

出し終わった後はまた交代して、私は朋子さんを、由紀夫君は綾を愛撫しました。
イッた後の朋子さんは涎を垂らしながら虚ろな目で天井を見ていたので、私は涎をきれいに舐め取ってあげて、そのまま舌を絡めました。
朋子さんはさっきとは打って変わって、貪るように私の舌を吸いました。

そうしてしばらくはお互いの妻を愛撫しました。
綾は甘い吐息をついて由紀夫君の胸に顔を擦りつけて満足そうでした。
朋子さんは小さな女の子のように私の腕の中に抱かれていました。