関西の社会人です。
私が体験した話を書きます。

今から3年前、向こうから「私と結婚して」と言ってきた彼女にフラれ、そこから女性と付き合うのが恐くなりました。
とはいえ、私はまだまだ若い男で性欲は強く、右手の恋人だけでは我慢出来なくなり、思いきって風俗に行くことにしました。

ネットで調べたお店でしたが、いざ行くとやはり緊張。
どうせなら可愛い子にしてもらいたい思い、指名しました。
名前はマリン、20歳くらいの可愛らしい女の子でした。

「風俗来るん初めて?」

あどけない顔でそう聞いてきます。
きっと緊張していたのがバレてたんでしょうね。

少し会話をした後、プレイが始まりました。
まずは舌を絡めながらのディープキス、久しぶりの感覚に興奮していると・・・。

「お兄さん、もう元気になってるやん♪」

そう言うとマリンはおもむろに私の息子を触りはじめました。

「へぇ~、見かけによらず大っきいし(笑)。彼女さん羨ましいなぁ~」

そう言いながら彼女は下にスライドし、「へへへ、いただきま~す」と、私のチンポをパクリ!
あまりの気持ち良さにビックリしました。

チュパ、チュパ、チュパ・・・。

いやらしい音が聞こえます。
下を見るとマリンのいやらしい舌使いが見え、視線が合うとうっとりした顔でこちらを見てきます。
さらに興奮してきた私。

「マリンちゃんのも舐めさせて」

「いいよ、優しくしてね」

シックスナインの体勢になりました。
綺麗なピンクのアソコは薄っすら濡れており、いやらしく光っています。
クリトリスを舌先で舐めると、「あっ、そこはダメ・・・感じすぎちゃうから」と言ってきましたが、スイッチが入っている私は我慢できず、ピチャピチャとわざと音を立てながらクンニしました。

「あっ、ああん、あっ・・・ダメ。気持ち良すぎ、お兄さん上手すぎやわ」

マリンが甘い声を出しはじめましたが、そんなのお構いなし。
私はその後もガッツリ攻めまくりました。
そして悪ノリした私は禁断の一言を口にしてしまいました。

「もう我慢できない、ヤっていい?」

部屋は個室、そして見える範囲の壁には『本番行為は禁止』とデカデカと書いてあります。
もちろん断ると思っていたので期待していませんでしたが、マリンは何も言わずに私に跨がって、騎乗位で挿入してきました!!

(うそ、マジかよ・・・。てか、気持ち良すぎ・・・)

マリンが動くたびに深々と刺さり、グチャグチャと卑猥な音が部屋に響きます。

「あっ、あっ、あっ・・・」

マリンの可愛らしい喘ぎ声が聞こえて、さらに興奮した私は正常位に。
久しぶりのセックスで頭のネジが飛んだ私は無我夢中で腰を振り続けました。
すぐに絶頂が近づいて、「ヤバい、イキそう・・・」と伝えると・・・。

「中はヤバいからお腹に・・・」

そう言われ、マリンのお腹に発射。
ドクドクと白い分身がマリンを汚していきます。

「すごい、まだ出てる。気持ち良さそう」

荒い息遣いのマリンがお掃除フェラで綺麗にしてくれました。

「いつも、エッチしたいって言ったらお客さんとしてるの?」

「お兄さん上手すぎて私も我慢できなくなってん(笑)。普段はせぇへんよ♪」

マリンはそう言って笑ってました。

それから何度かマリンを指名して、そのたびにセックスしましたが、5回目に店に行ったとき、店を辞めてました。
また彼女に会いたいです。