思春期真っ只中の中学生時代。
俺たち男の子の間では、女の子は身近な存在であると同時に、多くの謎にも満ちた、ある種神秘的な存在だった。
俺らの時代は、性教育をする側の先生にも照れがあり、核心に迫る部分の表現がいまひとつ曖昧だったので、結局何がどうなっているのかもよく判らなかった。
例えば保健体育の女性教師は次のような表現をしていた。

「女の子にも、男の子の、お、おちんちん・・・のような物があります。だけど、そこからおしっこが出てきたりはしません」

そんな微妙な表現では、何があるのかさっぱりわからない。

興味を持った男子が・・・。

「そこから何か出てくるんですか?」
「結局どこが似てるんですか?」

至極当然な疑問をぶつけても、それにうまく答えられないようなお粗末な状態だったのだ。
今思えば、その表現は全く的外れに思えるのだが、当時はそれ以上の真実を知る術がなかった。
だから、多くの学生は好奇心に火をつけられたまま、毎回はっきりとした答えをもらえず、悶々とした気持ちでその授業を終えるのだ。

だが、そうした疑問に可能な限り答えを見いだせる場が、公ではない場に用意されていた。
それが放課後のひとときだ。
俺は男子や女子の間で自然に出来る少人数の仲良しグループには一切所属していなかった。
その反面、どこのグループにも顔を出せて、そのとき面白そうな話題で盛り上がっているグループに自由に出入り出来るちょっぴりお得な立場にあった。

放課後、女子の一つのグループがおしゃべりして残っていたので、早速日頃疑問に思っていた未解決キーワードをぶつけてみた。

俺「あのさぁ~。もしかしたら凄くまずい意味かもしれないから、親にも男友達にも聞けない言葉があるんだけど、いくつか教えてもらっても良いかな?」

女子「うん、いいけど」

俺「もしかしたら凄くエッチな意味かもしれないんだけど、もしそうだったとしても怒らない?」

女子「え~、本当に知らないで聞くんだよね?知ってるのにわざと聞くんじゃないんでしょ?」

俺「それはもちろんだよ。保証する。だから怒らないでね」

この流れで質問すれば、どんなにやばい質問でもオーケーになってしまうのだ。
むしろ女の子の方もその流れで大胆に回答者になれるし、ある意味質問に答えてちょっぴり尊敬を勝ち得るチャンスでもあるため、満更でもない表情になる。
俺は用意しておいた様々な質問を彼女達にぶつけてみる。
中にはすでに知っているもの、男友達に頼まれて聞くもの、そしてどこかで聞きかじったヤバそうなものまであったのだが、素知らぬ顔で何でも率直に聞いてみる。
こうして毎週、保健体育の後に微妙なエロディスカッションを重ねていくことが恒例になってしまった。

ある時、俺は複数の男からぜひ聞くように頼まれたキーワードがあった。
『Gスポット』という言葉だ。
男の側はある程度言葉の意味を知っていたようなので、まず聞き返してみたのだが、どうしても女子に聞いてくれと頼み込んでくる。
俺としてもあまりにドギツい内容なら困るのだが、どうやら彼らは面白がって俺に質問させたいようだった。
俺にとっては正直、その時まで聞いたことのない言葉であった。

いつものように怒られない確約を取ってから、恐る恐る質問を投げかける。
ところが意外なことに、女子に聞いても誰もわからない様子だったのだ。
女子のネットワークはものすごい。
その言葉をグループメンバーの誰もが知らないとなると、隣のクラスや、同じ部活の友達、クラスの別のグループの女の子など、かき集められるだけかき集めてきて、あっと言う間に大人数の団体ができあがってしまった。
気が付けば40人ちょっと入る当時の教室に男は俺1人、残りのスペースは全員が女の子というハーレムのような状態になってしまっていた。
それだけ集まっても、その言葉の意味を正確に説明できる女の子がいなかった。
女の子としても、その言葉の意味するところが気になりはじめていて、色々な想像を巡らせては「こういう意味じゃない?」と、聞いている俺が赤面してしまうような過激な推測が飛び交っていく。
英和辞書を調べたり、百科事典を調べ始めた子もいたが、当然そんなところに載っているわけもなく・・・。
結局その日は誰も答えを見つけられなかった。

翌日になって最初に質問したグループの女の子の内の3人が放課後、俺を屋上へ呼び出した。
自宅で兄弟姉妹などのネットワークを駆使してようやく意味が分かったというのだ。
俺はその時の女の子の恥ずかしそうに上気する表情を見て、期待に胸を膨らませながら放課後、指定された屋上へ1人で上っていく。
そこで待っていた3人の女の子は俺とは親しく何でも話せる中心メンバーだった。
今の時代は屋上へ出るのは難しいのかもしれないが、当時は建物の内側からかける簡単な鍵があるだけで、最終見回りまで施錠されることはなかった。
屋上には巨大な給水塔があり、いくつかのタンクの真ん中にある狭い通路に入れば、校庭や外部から見られることのない絶好の隠れ場所があった。
そこへ手を引かれて連れて行かれる。

女子1「昨日のGスポットだけど、やっと意味がわかったよ。だけどお姉ちゃんに聞いたらなんとなく変な目で見られちゃって、すごく気まずかったんだからね」

女子2「私なんてお母さんに聞いた後でお兄ちゃんにも聞いて、すご~く恥ずかしかったよ」

女子3「あんた、本当に知らなかったんでしょうね?」

俺「も、もちろんだよ。それに昨日あんなに女の子が集まっても結局判らなかったんだから、すごく珍しい言葉に違いないでしょ?」

女子一同「ま、まぁ、それもそうかな?」

みんなで目配せをしあって納得してくれたようだ。
俺もホッと胸を撫で下ろす。

俺「それで結局どういう意味だったの?」

女子「それがなんとなく場所はわかったんだけど。やっぱりいまひとつピンと来ないんだよね」

俺「え~っ、それってどういう意味?体の場所の名前なの?」

そこで女の子はまたお互いに目配せをした後、「あんたが説明しなさいよ」とか「え~、だってあたしじゃうまく説明できないもん」とか言いながら、しばらく押しつけ合っている。
俺も突っ込んでいいのか遠慮すべきなのか判断できず困っていたのだが、なんとか答えを引き出せるアイデアを考えていた。
そこでパッとアイデアが思い浮かんだ。

俺「それって体の一部分なんでしょ?それなら3人一緒に指差して教えてよ」

女子一同「えっ、でも。なんて言うか・・・そんなに簡単に指させないところだよ」

俺「はぁ?ますます意味が分かんないんだけど」

女子たちはどうしたらいいのかわからなくなり、いつの間にか顔を見合わせて真っ赤になり始めた。
その様子を見ていると、俺としてもどうしても知りたくなってくる。

俺「じゃあ、俺は目を瞑ってるから、俺の手をその場所に当ててくれる?」

女子1「えっ、無理無理、あたしそんなこと絶対無理だもん」

女子2「う~ん、あたしもちょっと・・・」

女子3「さ、触るって。そんなこと無理だよ~」

俺「え~、じゃあせめてどこにあるのかだけでも教えてよ。見るだけでもいいから」

そう言うと3人ともまた顔を見合わせてから耳元でコソコソ話をして、「それじゃあ、ちょっとだけヒントね」と言って、3人ともスカートの端に手を当てた。
3人が俺に膝を向けた状態でお互いに目配せをしてから、ゆっくりとスカートを捲りあげる。
しゃがんでいた俺の目の前に3人のブルマーが一斉に飛び込んできた。

俺「あわわ、ど、どうしちゃったの?3人とも・・・」

女子1「だって、ここにあるんだよ」

俺「ここってどこ?」

すると恥ずかしそうに顔を背けながら、人差し指を大事なところに近づける。

俺「だ、だけど、そこって、この前は別の名前で説明してくれたよね?おま・・・なんとかって・・・」

女子1「その、おまんこの中にある場所なんだって!」

俺「中?中にあるの?」

そう言うと3人とも、「あ~恥ずかしかった~」と言いながら、タイミングを合わせたようにスカートを戻す。

女子2「そう、その中にあるらしいんだよ。だけど、ある人もいればない人もいるんだって」

女子3「それがよくわからないところだよね。どうして全員にないのかな?あたしにはあるのかな?」

俺「う~ん、それは試してみないとわからないのかも?ひょっとして穴が開いてる人と開いてない人がいるってことかな?」

女子1「なんか違うみたいだよ。気持ちよくなるポイントがある人とない人がいるらしいんだよね」

俺「なんだって!そういうポイントがあるの?ちょっと調べさせて!」

女子一同「バカ!エッチ!そんなの絶対ダメだよ~!」

俺「いいじゃん、お前たちだって自分にあるかどうか気になってるんだろ?俺が調べてあげるよ」

女子3「絶対にだめっ!だって自分でも指を入れたことがないんだもん」

俺「そ、そうなんだ。ハァハァ・・・」

女子1「あっ、あんたなんかエッチな想像してるでしょ?」

俺「し、してないよ!」

女子1「じゃあどうしてそんなにハァハァしてるの?」

俺「い、いや、だって・・・」

女子2「ひょっとして勃起してるんじゃない?」

女子一同「え~、変態!ちょっと見せてみなさいよ」

俺「いや、ダメ。それだけは・・・」

女子一同「あんた、あたし達のブルマーだけ見て、このままただで帰ろうってつもりじゃないでしょうね?」

そう言われ、両腕をがっちり押さえ込まれた後、無理やり立たされた俺は、情けないことにフル勃起していた。

女子1「これじゃ、ちょっとわからなくない?ズボンも下ろしちゃおうね」

俺「はぁ?それはやり過ぎだろ!」

女子2「このまま押さえてるから脱がしちゃいなよ」

俺「わ、わかった!自分で脱ぐからそれだけは勘弁して!」

女子3「しょうがないなぁ、それじゃあ離してあげるか」

そう言って俺の前にしゃがんだ3人の女子の前で、俺はズボンを下ろし、ビンビンに勃起したあそこを見られるはめになった。
その後のことはご想像にお任せ・・・ということで、今回はこの辺で。