薬局に行った時の話。

俺は昔から皮膚が弱いのが悩み。
皮膚科のお世話になることなど日常茶飯事だ。
ちょっとした刺激でも皮膚に影響が出てしまって、そうなってしまうと痒くて仕方がない。
昔ほどひどくはないが、今でもたまに湿疹のようなものが出ることもある。

夏の終わり頃にもそれが出た。
汗をかきすぎたことが原因かもしれない。
今回は内ももの辺りにその症状が出た。
それでも医者に行くまでもないと判断した俺は、近所の薬局の薬で済ませることにした。
薬剤師もいるし、相談すれば色々と教えてくれるので、俺のような何かしらの症状が出やすい人間にはありがたい。

薬局に入ると真っ先に向かうのは皮膚関係の棚。
ざっと見ても何十種類あるんだという感じ。
気になったものの効能などを見るが、イマイチどれがいいか見当がつかない。
そこで俺は店員に聞くことにした。
とりあえず症状だけ言って、合いそうなものを探してもらった。
たまたま近くにいた店員に声をかける。
若い女性だった。
名札にはフルネームで名前が書いてある。
リナという女性だった。
20代後半といったところだろうか。
小さくて可愛いという印象で、真面目に親身になって薬を選んでくれる。

「これが最適だと思いますよ」

薬剤師のリナが選んでくれた薬なので信用して購入することにした。
お礼を言って薬を受け取り、レジに向かおうとするとリナに呼び止められた。

「良ければここで塗っていきますか?薬の塗り方も正しいやり方教えますので」

なんて親切な女性なんだ。
俺はリナのやさしさに甘えて塗ってもらうことにした。
しかしである、ここで俺も一つ思ったことがある。
俺の湿疹の患部は内ももであること。
なかなか際どい場所だ・・・。

レジでお金を払った後、リナは薬を出して準備をする。

「ではお塗りしますね。患部はどこでしょう?」

「あの、内ももの辺りなんですよ。足の付け根に近いところで」

それを聞いてリナも少々戸惑ってしまったようだ。
なんとなく体のどの部分か察したのだろう。
しかしリナも自分から塗ると言った手前、止めることはできない。

「と、とりあえずバックヤードに行きましょうか・・・」

リナはもう1人の従業員にお店を見ててもらうように頼み、俺を連れてバックヤードに行った。
そこにはリクライニングもできる簡単なソファーもあり、俺はそこに座らされた。

「・・・患部を見せてもらえますか?」

見せると言っても場所が際どいのでジーンズを脱がないと難しいところだ。
リナもどうするか迷っているようだったが、俺からジーンズを脱いで患部を見せた。
パンツになっている俺を見て少し顔を赤くしているリナ。
本当に足の付け根なのでムスコの場所も近い。
リナは薬を手に付けて慎重に患部に薬を塗ってくれた。
まさにタマに触れるかもしれないという際どいところだ。
正直、タマに触れているときもあったが気にしないふりでいた。
しかし男の下半身は正直で、俺のムスコはみるみる大きくなっていった。
パンツが明らかに膨れ上がってしまい、さすがにリナも気づかないわけがない。

「あ、スイマセン。変なこと考えていたわけではないのですが・・・」

俺はリナが顔を背けて照れていることに気づいたので、フォローのつもりで言った。
リナも言葉を返す。

「ま、まあしょうがないですよね・・・ほんとこれは・・・」

困ったような表情のリナ。
正直、萌えた。

俺は思わず、手についた薬をタオルで拭いているリナを抱き寄せて、リナの手をムスコに持ってきた。

「な、何をしてるんですか・・・!?」

「こんなになったから、せめてヌイて欲しいな」

「そんな・・・それはダメです・・・!」

しかし俺がムスコをパンツから出して強引に直接握らせると、リナの表情が少し淫らに変わった。

「こ、今回だけですから・・・」

リナはゆっくりとしごきはじめると、俺が言う前にムスコを咥えてきた。
ペチョペチョという音も出ている。
可愛らしいフェラだ。
俺はリクライニングを倒して、完全にリナのフェラを味わった。

「気持ちいいですか・・・?」

優しく聞いてくるリナ。
俺が気持ちいいと答えると、リナがしゃぶる速さが変わった。
だんだん激しくなっていき俺は興奮を抑えられなかった。

「リナちゃんのアソコも見たいな」

「え・・・恥ずかしいです・・・」

リナにパンティ姿になってくれるだけでいいからとお願すると、エロモードに入っているのかリナは従ってくれた。
白のレースのパンティ姿になったリナはかなりエロい。
それに反応しないわけがなく、俺はリナを抱えて俺の上に上下逆に跨がらせた。
シックスナインで俺はリナにクンニした。

「いやぁ・・・ダメです・・・!」

リナは恥ずかしそうにクンニから逃げようとする。
しかし、しっかりハグしているので逃げることはできない。
パンティを脱がして直接マンコやクリトリスを弄っていると、リナは感じすぎてフェラをやめて喘ぎ始めた。

「あぅぅぅぅん・・・あぁん・・・あ、あぁっ・・・!」

リナのマンコがどんどん湿っていく。
クリトリスに吸いつくと、もう抑えられないような反応になってきた。

「はぁぁん・・・あぁぁぁ・・・い、イヤァぁぁん・・・!だめぇぇ・・・!」

リナは完全に悶えるだけとなり、もうフェラができる状態ではない。
しかし俺のムスコを握りながら喘ぐので、程よく気持ちいい刺激だった。
リナはそれ以上に気持ちよくなっているのだろう、呼吸が乱れる。

「あぁぁ・・・ご、ごめんなさい・・・イキそうです・・・!あ、あぁ・・・!」

体を震わせて、リナは仕事中だというのに昇天してしまった。
俺の上でグッタリしながらも頑張ってフェラを再開させるリナ。
俺はその体をまた上下逆にして、ビンビンのムスコをリナに挿入した。

「あああぁぁぁぁ・・・!んん・・・気持ちいいですぅ・・・!」

俺も気持ちよすぎて、そのままリナに中出ししてしまった。

それからは俺が薬局に行くとリナは恥ずかしそうな顔をするので、周りに誰もいない時はこっそりキスをしたり胸を揉んだりしている。
もちろん、その後はバックヤードで・・・。