「だめ、お母さん、赤ちゃんできちゃう!」

借りてきたDVDの中で、結構な年のおばさんが叫んでいた。
息子役の、これもおじさんが一生懸命に腰を動かして中出しする直前。

(こんなおばさん、妊娠なんかしねぇだろ)

画面で悶える女優の顔を見ながら・・・。

(俺の母なら妊娠するか?)

そう思いながらセンズリする手を速めた。
母は40歳、そこそこ巨乳で尻もデカい。
腰もそこそこくびれてる。
前に1回覗き見たことのある母の裸を思い出したら一気に高ぶって、ティッシュを取る間もなく射精してしまった。

これが先々週までの俺。
でも、今は違う。
母とはもう20回近くやった。
近親相姦は普通のセックスより気持ちいいとは聞いてたが、こんなに気持ちいいとは思わなかった。
19歳で3人目の女だけど、今までで一番いい。

高校時代は立て続けに2人セフレをゲット出来たけど、予備校生になった途端に逃げ出されてしまって、この半年はソープで4回だけ。
金がないからほとんどセンズリ。
エロ掲示板を巡り巡って、最近は近親相姦をしてみたいという妄想がヒートアップしてたけど、俺には妹も姉もいないし、そそるような叔母さんもいない。
結局、母がターゲット。
美人でもないけどブスでもないし、中学生の頃はセンズリネタにしてたこともあるし、一番に体がエロいこと。
160センチくらいの身長で、少し垂れてはいるけどCカップ以上はある。
Tシャツとショートパンツ姿でいられたら見てるだけで勃起してくる。

色々体験談を読むと、酔っ払った時とか、無理やりとか、睡眠薬とかあるけど、どう考えても全部無理。
と思ってたら、『夜這い』って手があった。
ウチは親父も普通のサラリーマンで毎日家に帰ってくるし、出張も年に1回か2回しかない。
チャンスと言えば、親父は釣り好きなんで、3連休とかあると3泊4日の釣り旅行に行く。
これしかなかった。

先々週、親父は釣り仲間と3泊の予定で旅行に出かけた。
俺は予備校から帰ると、遅い晩飯を食いながら母を見つめてしまった。
もう風呂には入ったみたいで、長めの髪をアップにしてて首筋が色っぽいし、Tシャツの下はノーブラみたいで乳首が分かる。
キッチンからお茶を運んできてくれるショートパンツの母の色白な生足。
後ろ姿の尻もエロかった。

俺は勃起しかけたチンポを隠しながら風呂に入り、まずは1回センズリで収めた。
そして夜中の12時まで、なんとか自分の部屋で我慢して、真っ裸になると1階の母の部屋に向かった。
心臓はドキドキなのにチンポは完全に勃起して先走り汁が出る寸前。
母の部屋のドアをゆっくり開けて侵入。
外灯の薄明かりで部屋の中は結構見えた。
暑がりの母はTシャツと下半身はショーツ1枚のはず。
ダブルベッドの真ん中でタオルケットだけかけて寝ていた。

俺はベッドに上がり込んで、タオルケットに潜って母の体に抱きついた。
びくって体を震わしたんで起きたのかと思ったが、そのまま軽い寝息。
俺は母のショーツとTシャツに手を入れて、あそことオッパイを触り始めた。

「何?」って寝ぼけた感じで俺の方を見たが、近眼の母は誰だか分かんない様子で、最初は親父だと思ったみたいだった。

俺の指が割れ目を弄ってクリトリスを刺激しはじめると徐々にあそこが濡れてきて、Tシャツを捲り上げて脱がすのもショーツを脱がせる時も、目を閉じたまま肩を上げたり尻を浮かしたりして協力的だった。
俺が乳首に吸い付いて舌で転がしはじめると喘ぎ声を上げはじめ、あそこはもうヌルヌルに濡れてきて、母の方から手を伸ばして俺のチンポに触ってきた。
チンポを握った途端、「えっ!」って小さい声を上げて体を硬くすると、恐る恐るって感じで俺の胸や腹を触ってきた。
で、やっと親父じゃないと分かったみたいで、もう1回俺の方を見つめると、急に体をよじって逃げ出そうとした。

「お母さん!」

逃げ出そうとした母を後ろから抱き締めて耳元で囁くと俺だと分かったみたいで、逃げるのをやめて振り向きながら、「みっちゃん、どうしたの?ふざけないで」って言った。
俺は黙ったまま母の濡れた割れ目に指を出し入れし、オッパイを揉みながら首筋にキスをし、肩先から背中を舐め回した。

「・・・みっちゃん、やめて、お願い・・・」

泣きそうな声を出したけど、もう逃げ出そうとしないで、力が抜けたみたく俺にされるままになっていた。
俺のチンポは母の尻に当たって爆発寸前。
俺は閉じたままの母の太腿の隙間に突き入れて腰を動かした。

「お母さん、こんだけ、こんだけでいいから」

俺の呟きに応えて母が太腿をぎゅっと締め付け、俺のチンポを挟み込んでくれた。
母の汗と愛液に濡れた太腿で挟み込まれたチンポが気持ち良くて、母の指先が俺の亀頭を触ってきた瞬間、「お母さん!」って叫びながら射精してしまった。
瞬間、母は驚いたように体をすくめたけど、俺が射精し切ったことで安心したようだ。
深いため息をつくと、オッパイを握り締めた俺の手を軽く握りながらゆっくりと半身を起こした。
俺の精液で濡れた太腿と下腹部を自分のTシャツで拭い、俺のチンポも拭いてくれようとした。
けど、俺のチンポはまだ8割方大きいままで、やる気もまだまだあったし、母が触ってくるとまた硬くなり始めた。

「・・・まだ・・・もっとしたいの?・・・今度は手でしてあげる・・・」

母が俺の方に向き直った。
俺は黙ったまま母のオッパイに吸い付くと、乳首からお腹、お腹から下腹部へ向けて順に舌を這わせた。
さらに母の体を仰向けにさせて足を開かせ、あそこを舌と指で攻め始めた。
乱暴にされないことと、俺が一度射精したことに安心したのか母は抵抗しなかった。
俺の頭を撫でるようにしながら目を閉じて、徐々に徐々に俺の攻めに応じるように声を上げはじめ、尻を小さく揺すり始めた。

(まずは母をイカせる)

そう思いながらチンポの挿入を我慢してクンニを続け、母のオッパイを弄り続けた。

「・・・みっちゃん、もういいわ・・・もう、いい・・・」

どれくらいか攻め続けてるうちに突然、母の体がびくっ、びくって痙攣しかけて、母が俺の頭を押さえつけて動きを止めようとした。
構わず舌先を母の膣の中に突き入れようとすると、母のあそこがぎゅっと縮み・・・。

「あああ!!!みっちゃん!!お母さん!もう!もうダメええ!!」

叫び声を上げるのと同時に母が体を突っ張らせてイッた!
俺のチンポも極限状態に硬くなっていて、ぐったりした母の両足を抱えるように押し開くと一気に挿入した。

「い、や!だめ・・・」

瞬間、母が声を出したけど、後は黙ったままチンポを根元まで咥え込んでくれた。
センズリで1回、素股で1回、2回も出してたから結構長持ちした。
母の体は思った以上にキツくて反応も良くて、しばらく夢中で腰を動かした。
母の方もしばらくするとまた感じ始めたみたいで、俺の体にしがみついてきて尻を揺すり始めた。
眉をしかめる表情がエロくて、キスしに行って舌を入れると、母の方からも舌を絡めてきてくれた。
同じ女なのに元カノ達より唾液が美味しいのはどうしてだろう?
あそこもチンポと母の膣が溶けて合わさったみたいで、動けば動くほど気持ち良かった。

「みっちゃんのおちんちんおっきい!硬くて気持ちいい!気持ちいい!」

どれくらい動いたかわからないが、母の両手が俺の背中を掻き毟り、爪を立て、口を半開きにしながら、普段はエッチな言葉なんて絶対言わない母の口から卑猥な言葉が出てくる。
2人とも汗まみれで、下半身は溶け合わさった感じで、母の体の中に飲み込まれていきそうな気持ち良さだった。
最後の方は2人とも動物のオスとメスみたいに呻き声を上げながら貪り合うみたいにセックスして、母がイクのと俺が射精するのがほとんど同時だった。
痙攣する母の体の中に俺のチンポから精液が止めどもなく迸り、母の体内に入っていった。
終わってから、母は体をピクピク痙攣させながら半泣きで、俺はその隣でぐったりと横になったままだった。

「みっちゃん、どうしよ・・・あたしたち・・・どうしよ・・・」

すすり泣く母の声を聞きながら、いつの間にか眠り込んでしまっていた。

目が覚めたのは翌朝の昼前だった。
隣には母が裸のまま寝ていて、昨夜のセックスが夢じゃないのは確かだった。
起こさないようにベッドから出ようとすると母が目を覚ました。
すごくエロい顔に見えて思わずキスをした。
朝立ちもしてなかったチンポに力が漲ってくる感じで、何か言いたそうな母のオッパイに吸い付きながらあそこを指で弄り、何分か後にはチンポを挿入していた。

親子って、絶対に相性がいい。
他の女とはまるで違う。