2日目の晩は夕食は4人でとり、ユイと2人で部屋で晩酌をしていました。
次の日は朝早いこともあって早めにベッドへ。
昨日のことがあったのでエッチする気にもなれず、2人ともすぐに寝ました。

深夜、ふと目が覚めると、ユイが部屋の外へ出ていくのが見えました。
なんとなく嫌な予感がしたのですが・・・。
すると再びドアが開く音がしました。
ユイが戻ってきたのかなとも思いましたが、部屋に入ってきたのはマユミさんでした。

僕「え、マユミさん?どうしたんですか?」

マユミ「あ、起きてたんだ」

僕「てか、ユイは・・・?」

マユミ「ユイならアツシの部屋だよ(笑)」

僕「え?ちょっとどういうことですか?」

マユミ「まあまあ、ちょっと話しようよ」

マユミさんの話だと、やはり昨日のスワッピングは先輩の計画でした。
酔って自分たちがセックスを始めれば、自然とそういう流れに持っていけるだろうということでした。
まんまと策にはまった僕とユイ。

そして・・・。
今ユイが先輩の部屋にいるのは、じつは今日の昼間に先輩がもう一度しようとメールで誘ったのだということでした。
これにはさすがにショックを受けました。

僕「じゃあユイは?」

マユミ「今頃はアツシとしてるんじゃない?(笑)」

僕「ちょ・・・そんな」

マユミ「そう、あんまりだよねー!それで私がここにいるの」

僕「マユミさんはいいんですか?こんなの?」

マユミ「アツシには逆らえないから・・・それに他の女の子とエッチするくらい気にしないよ。最後には私のところに戻ってきてくれるし。こういうの、よくあるんだ(笑)」

僕「・・・」

マユミ「ごめんね。まさか起きてるとは思わなかったから」

僕「そんな・・・あんまりですよ」

マユミ「ごめんごめん、なんなら私ともう一度する?あ、それと昨日はユウキ君のアレのこと馬鹿にしちゃってごめんね」

僕「ユイは・・・その、先輩の誘いに乗ったってことですか?」

マユミ「そうだね。アツシ、すごい上手だから。あんなエッチされたら誰だってそうなっちゃうのかもね。私もアツシから離れられないし。そういう子、今までもいたよ」

僕「マユミさんは平気なんですね」

こんな話をされて気が気じゃありませんでした。

(清楚で真面目なユイが自分の意志で先輩の部屋に・・・)

急に自分の中のユイが遠退いた気がしました。

マユミ「なんかごめんね。ユウキ君が寝てたんなら話すつもりはなかったんだけどね、今から私とする?(笑)」

僕はショックでしたが、一方で本当のユイの姿を見てみたいとも思いました。
これが『寝取られ好き』というのでしょうか。

僕「先輩の部屋に行ってもいいですか?鍵、持ってますよね?」

マユミ「え・・・もうだめだよ、だってユイちゃん」

僕「ユイを止めるとかじゃないです・・・ユイの本当の姿が見たくて」

マユミ「ユウキ君、変な性癖あるんじゃない?(笑)ま、こっそり覗くのならいいと思うよ」

僕「はい」

マユミ「私も興味あるし、見に行っちゃおっか!」

マユミさんの鍵で先輩の部屋へ。
部屋は間接照明だけで薄暗くしてありました。
そーっと部屋に入り、ソファの影から2人の様子を見ました。
ユイはすでに全裸でベッドに横たわっていました。
先輩がユイの耳や肩を舌で舐めているところでした。
ユイの喘ぎ声が聞こえました。

先輩「ほんとユイちゃん肌きれいだな~、スベスベしてて気持ちいい」

ユイ「はぁはぁ、恥ずかしい」

先輩「乳首もピンクで可愛いね」

ユイ「はっ、あぁ!気持ちいい~」

先輩はユイの乳首を指で愛撫していました。
そして昨日と同じか、それ以上の反応をするユイ。

先輩「誘ったら本当に来てくれるなんて思ってなかったよ」

ユイ「だって・・・はぁはぁ」

先輩「だって、なんだよ?言ってみなよ」

ユイ「あんな気持ちいいエッチ、久しぶりだったんだもん(笑)」

先輩「おいおい、ユウキが聞いたら泣くぞ?」

ユイ「だって本当だもん。ユウキの前の彼氏がすごく上手だったんだけど、それ以上かも」

先輩「ほんとに?嬉しいな~。てか、ユウキとは上手くいってないの?」

ユイ「上手くいってるよ、ただエッチには満足してないけど」

先輩「なるほどな(笑)じゃあ今日はいっぱい楽しんじゃおうぜ!」

(まさかユイがこんな話をするなんて・・・)

ショックでした。
でも、これが本音なのでしょう。
先輩は手マンを始めていました。

先輩「もうこんなに濡れてるw」

ユイ「だって気持ちよすぎるんだもん・・・はぁ、あぁ!」

先輩「ユイちゃんの中キツい・・・すごい名器だと思う」

ユイ「はぁ!あぁ・・・ありがと・・・っ!あぁ!」

先輩「すごい感じてるなw」

ユイ「ああっ・・・もうダメっ・・・もうイッちゃうっ」

先輩「ユイちゃんすぐイッちゃうねぇ、手マンではいつもこんななの?」

ユイ「ああっ・・・違うのっ、いつもはイカない・・・あああんっ」

先輩「あははwユウキでイカないのに俺ではでイクんだ?そんなに気持ちいいのか?」

ユイ「気持ちいいよぉっ・・・アツシさんすごいっ、あああっ・・・イクよっ、あぁ!イクっ!」

ユイは体をビクビクさせてイッてしまいました。
手マンを始めてから1分足らずでした。
その後も先輩は手マンで3回くらいユイをイカせました。

ユイ「はぁはぁ、上手すぎるよ」

先輩「ユイちゃんも感じやすいな。俺のもしてよ?」

ユイ「うん、いいよ」

先輩は立ち上がってパンツを脱ぎ、凶暴な先輩のモノが姿を現しました。
このときはまだ半立ちくらいに見えました。

ユイ「はぁ・・・やっぱすごいよ、これ」

ユイは先輩の巨根にうっとりと見惚れていました。
手で竿の全体を撫で、ゆっくりと手コキをはじめました。

先輩「ユイちゃん・・・これが欲しかったんでしょ?(笑)」

ユイ「うん、そう・・・これすごいよ」

ユイは手でしながら亀頭をチロチロと舐めていました。
その音のエロいことといったら。
ユイは竿の下の方から亀頭までゆっくり舐め上げると、巨大な亀頭を咥えました。
ジュボッといういやらしい音がしました。

ユイ「ぷはぁ!はぁ、やっぱだめ、大きすぎる」

先輩「本当?ユウキのとどっちがデカい?(笑)」

ユイ「もう!そんなのわかってるでしょ、アツシさんの方がおっきいに決まってるじゃん」

先輩「ごめんごめん、ああ気持ちいい」

ユイ「うわあ・・・これヤバいよ、やっぱこんなにおっきいの初めて」

先輩「ゆっくりでいいから口に入れてよ」

ユイ「うん、はうっ・・・んあ、はぁ、ジュプ、ん」

ユイは惚れ惚れとした顔で先輩の巨根を咥えていました。
時々苦しそうな声をあげますが、それでもなお口の奥へ奥へと押し込んでいるようでした。

ユイ「ぷはぁ、はぁ、アツシさんすごいですね、マユミさんが羨ましい」

先輩「ユイちゃんが良ければいつでもしてあげるよ?(笑)」

ユイ「だめです、癖になっちゃうから、離れられなくなる、今日はちょっとおかしいから、今日だけ。今日だけです」

先輩「はははwわかったわかった、じゃあ今日は思いっきりやろうな!」

ユイはさらにフェラを続けていました。
優に20分は越えていたと思います。

ユイ「ねえ、アツシさん・・・そろそろ欲しい」

先輩「うーん、どうしよっか、よし、ユイちゃん、そのままの格好でオナニーしてよ」

ユイ「え・・・え!?ここでですか?」

先輩「オナニーでイカないと入れてやらない(笑)」

ユイ「そんな・・・いじわる・・・やだ、恥ずかしいです」

先輩「いいから、俺のチンコ欲しいならはやくしろよ」

先輩が少しきつめに言うと、ユイは渋々といった感じでアソコを触りはじめました。
右手で先輩の巨根を愛撫し、左手で自分のアソコを触っています。
すでに相当濡れていたのか、クチュクチュッという音が響きました。

ユイ「アツシさん、これ、いやらしすぎる」

先輩「普段はオナニーするの?」

ユイ「はぁ、っは、うん・・・たまにします」

先輩「そうか。欲求不満で?(笑)」

ユイ「まぁ・・・そうですね(笑)あぁ!気持ちいい・・・すごいいやらしいよ」

先輩「イクまでやれよ、フェラもちゃんとしろよ」

ユイ「はい、はぁ、はぁ・・・あ!ああぁ!」

先輩「いいぞ、ユイちゃん、エロいな~」

ユイはフェラをしながら自分の気持ちいいところを触り、声をどんどん荒げていました。

ユイ「はぁ、はぁああ!はあん!あああ!あ!イク!あぁ!イクううう!!!あぁあああああ!」

ユイは先輩の巨根を握ったままビクビクと体を痙攣させ、イッてしまいました。
ユイがオナニーしているところなんて初めて見ました。

先輩「よし。そろそろ入れるか」

イッて息切れをしているユイを寝かせ、正常位の姿勢に。
昨日と同様、生でした。

ユイ「また生でするんですか?」

先輩「いいだろ、てかゴムとか持ってねーしw」

ユイ「外で出してくださいね」

先輩はユイの膣に亀頭を宛てがい、入り口でぐちゅぐちゅ音を鳴らしていました。

ユイ「はぁああん、焦れったいよ・・・ねえ、早く」

先輩「焦るなって、ほら、入れて欲しいんだったらちゃんとお願いしろよ」

ユイ「えぇ・・・うん・・・先輩の入れてください」

先輩「俺の何を?」

ユイ「いじわる~・・・先輩のおちんちん、おっきくて硬いおちんちんをユイのおマンコに入れてください」

先輩「ユイちゃんエッチだね~(笑)さては他の人に言わされたことあるなw」

ユイ「もう・・・いいから、お願い、早く・・・もうだめ、我慢できない」

先輩「よし、入れるぞ」

先輩はゆっくりと腰を下ろし、ユイの中に入っていきました。

ユイ「ふああ!あ!あぁ!はあん!」

先輩「やっぱキツ・・・まだ亀頭しか入ってないぞw感じすぎだろw」

ユイ「すごい、いい、これが欲しかったの・・・すごいよ、来て、奥まで」

先輩「まだまだ、ゆっくり焦らしてからだよw」

ユイ「もう!いじわるしすぎ、はぁ、キツい、おっきいよ、はぁ、はぁあ!」

先輩は亀頭だけを入れた状態で5分くらい続けていました。
ユイは早く入れて欲しいのか腰をくねらせていました。

先輩「ユイちゃん、腰の動きがエロいよ(笑)」

ユイ「だって、早く奥まで欲しい」

先輩「じゃあ奥まで入れるぞ」

ユイ「うん、ゆっくり、ゆっくり、はぁ、はぁ」

先輩はゆっくりと腰を沈めていきました。

ユイ「はぁああ!はぁっ!あ、ダメ、いい、もっと奥、はあ!ああ!だめえ!あ、イク、もうイクうう!あああああ!だめえ!ああああああああああああ!」

なんとユイは先輩が入れただけでイッてしまいました。
これには先輩も驚きです。

先輩「すっごいビクビクしてるwもうイッちゃったんだw」

ユイ「はぁはぁ、だってこんなにおっきいの、しかも焦らされて・・・すごすぎるよ」

先輩「最初に俺のを見た時からこうして欲しかったんでしょ?」

ユイ「うん・・・そうなの、だってこんなに大きいの見たことない、はぁあん!奥、奥すごいい!」

先輩「昨日はユウキが見てたからちょっと遠慮してたけど、今日はガンガンいくぞ」

ユイ「うん、いっぱいして・・・昨日は私も我慢してたから・・・今日はいっぱい」

ユイがこんなにも淫乱だったとは・・・。
先輩のテクと巨根に溺れていくユイを見るのは悲しくもあり、しかしなぜか僕も興奮してしまいました。

先輩「よし、じゃあ動くぞ」

ユイ「うん・・・ゆっくり、ゆっくり来て」

先輩はゆっくりと巨根を膣から抜き、またゆっくり時間をかけて奥まで入れていきました。

ユイ「くっ・・・はあ!あん・・・すごい、広がってる感じする」

先輩「中がビクビクしてるよ、ユイちゃんのマンコすごい気持ちいい」

ユイ「はあ、奥が、奥があぁ!すごい、こんなに奥まで届くの初めて」

先輩「そうなんだwユイちゃんおっきいチンコ好きでしょ?w」

ユイ「好きいぃ!おっきいオチンチン好き!ねえもっと来て、奥突いてえ!」

先輩「よーし、じゃあこれはどうだ?」

先輩は奥まで入れた状態で、小刻みにピストンしはじめました。
そしてこれがユイのツボにはまったようです。

ユイ「は、はあ!何これ!あ、あ、あ!あ!ああ!ねえ、またイク!イクううう!」

ユイはビクビクしながら再びイキました。
もう5回はイッてると思います。

先輩「ユウキのじゃここまで届かないだろ?w」

ユイ「うん、ユウキのじゃだめ、アツシさんのがいい、すごいいい!あぁ!あ!まただよ!ああ!イクっ!!!」

先輩「すぐイクようになったな(笑)もっと突くぞ!wほら!」

ユイ「あぁ!だめぇ!おかしくなる!ああ!あ、ああ!すごい、おっきい!ああ!だめえ!」

先輩の奥への断続的な刺激でユイは何度もイキました。
ヘナヘナになっているユイ。

先輩「よーし、じゃあ交代だ。ユイちゃん上に乗ってみて」

ユイ「はぁはぁ、もうダメ・・・はぁ」

先輩「おいおい、まだ序の口だぞw早く乗れって」

ユイはヘナヘナと立ち上がり、ベッドに寝そべる先輩の上に乗りました。
そして先輩の巨根を手に取り、膣の入り口に宛てがい、ゆっくりと腰を落としていきました。

ユイ「はあああん、すごいよ、これ、はぁ、全部入ったよ」

先輩「下から見るユイちゃんも最高だね、おっぱいがすごく綺麗だ」

先輩はユイのおっぱいを揉みながら、ベッドでゆっくりバウンドして緩い刺激をユイに与えているようでした。

先輩「ユイちゃんの好きに動いていいよ~」

ユイ「はい・・・はぁ、すごい、騎乗位でこんなに気持ちいいの初めてかも」

ユイは初めは上下に体を動かし、次第に前後にグラインドするような形で腰を動かしていました。

先輩「ユイちゃん上手じゃん!誰に教えてもらったの?w」

ユイ「ほんと?嬉しい~前の彼氏だよ~(笑)はぁ、はぁ、前の人もすごく上手だったから」

先輩「じゃあその人のときよりもいっぱいイッてねw」

ユイ「もうイキまくってるよ・・・今までで一番いい、すごい、あぁ!」

先輩「ひとりでイッみな?好きに動いて」

ユイはさらに腰の動きを変え、前後に細かく動くようになりました。

先輩「お、すごい気持ちいい・・・ユイちゃん相当テクあるよw」

ユイ「ほんと?これ気持ちいい・・・あぁ、奥に当たっていい感じ、あぁはぁ!はあ!」

先輩「いい感じだよ、もっともっと」

ユイ「は!はぁっ!あぁ・・・もうイキそう・・・イッていい?すごいよこれ、はぁ」

先輩「自分の好きなタイミングでイキなよ、ほら」

先輩はユイの腰に手をまわしてユイのピストンを加速させました。

ユイ「はああ!すごい!あぁ!あ!あ!あぁああ!イクう!だめ、もうイク!ああああああ!」

ユイはそのまま先輩に倒れ込み、息を切らしていました。

先輩「ユイちゃん最高だよ~!すごいエロいよw」

ユイ「だってすごい気持ちよかったんだもん、はぁはぁ」

先輩「俺もそろそろイッていい?」

ユイ「いいよ・・・はぁはぁ」

先輩は再び正常位で入れ直しました。
ユイはもうクタクタなようで肩で息をしていました。

先輩「あぁ、気持ちいい、本当に名器だよ」

ユイ「先輩のもすごい気持ちいい」

先輩「よし、じゃあラストだ、思いっきりいくぞ!」

ユイ「はあ、もうダメ、お願い、手加減してええ、ああああ!だめえ!激しすぎる!あああ!もう!あああああ!」

先輩はフルスピードでピストンをはじめました。
2人の肉がぶつかりあう音とユイの叫び声が、今までで一番大きく響いていました。

ユイ「はあああああ!あああああ!だめえええええ!壊れる!壊れる!だめだってえええ!ああああ!ああああああああ!」

先輩「いいぞ、もっと奥まで突くぞ」

ユイ「あああ!!!!奥だめ!壊れちゃうから!ああああああ!だめええええええ!イク!またイッちゃううううう!ああああああああ!」

先輩「あぁあ!すごい締め付け・・・!ユイちゃん相当きてるね!」

ユイ「もうだめえ!!イクう!またイクう!!あああああああああああああ!」

先輩「俺もイキそうだ・・・このまま中に出すぞ!」

ユイ「ええ!だめ・・・!中はだめだって!危ないって!あああああ!イク!イク!ああああああ!」

ユイはもう10秒おきくらいにイッていたと思います。
先輩は中に出そうとしていて、正直それだけはやめて欲しいと思っていましたが・・・。

先輩「中がダメならもうやめるぞ、いいの?」

ユイ「だめええ!やめないで!今すごいから!あああ!いいいいいい!イクううううう!」

先輩「じゃあ中に出させろ!オラぁ!」

ユイ「中もだめめええええ!あぁ!いいいいい!あぁ!すごいイッちゃうよおおお!ああああ!」

先輩「じゃあダメ、お預け~(笑)」

先輩がピストンを止めました。

ユイ「え・・・終わり?」

先輩「ユイちゃんが中はダメって言うから止めたの(笑)」

ユイ「え、そんな・・・やだ、もっと・・・ねえ」

ユイは自分から腰を動かしはじめました。
こんなにも快楽に貪欲だったとは。

先輩「だーめ、だって中はダメなんでしょ?」

ユイ「けど・・・やめないで、ねえ」

先輩「じゃあ中に出させろ!おらぁ!フン!フン!」

ユイ「ああああああああああああ!だめええ!!!あああああ!」

先輩は再び高速ピストンをはじめました。

先輩「どうだ?いいだろ?中で出すぞ?」

ユイ「はああああ、いい、わかったよおおお!あああ!今日だけ中でいいから!お願い!もっとおおおお!あああああああああ!」

先輩「よーし、イクぞ!おらあ!!!」

ユイ「うああああああああ!あああ!いい!いいよお!中に出して!いっぱい出してええええ!ああああああ!もうだめえええ!!!ああああああ!」

先輩「おおおおおお!!!!」

ユイ「あああ!すごい、中でビクビクしてる・・・あ、すごい、出てるのわかる、はぁ、はぁ」

先輩「あぁ、すごい、気持ちいい・・・はぁ」

なんとユイは中出しを許してしまいました。
これには相当こたえました。

ユイ「はぁ・・・もう、中に出されるの初めてですよー」

先輩「悪い悪い、気持ちよすぎたw」

ユイ「安全日なので大丈夫だとは思いますけど・・・それにしても、すごかったです・・・はぁ」

肩で息をしてヘナヘナになっているユイ。
2人は疲れたのか少しの間ベッドの上で寝ていました。
僕とマユミさんはタイミングを見計らって部屋の外へ出て僕の部屋に戻りました。

マユミ「すごかったね」

僕「はい」

まさか中出しまでされるとは思っていませんでした。
ユイがそんなにセックスに対して貪欲だったとは、僕とのセックスでは知り得ませんでした。
僕とマユミさんは、そのまま僕の部屋で貪りあうようにセックスをしました。
ユイと先輩のあんなにスゴいセックスを見た後だったので、お互いの興奮は最高潮でした。
もちろんマユミさんをイカせたりはできず早漏で終わってしまったのですが、体力の続く限り求めあいました。
結局3回くらいしたかな?

ユイは朝方になってようやく戻ってきたようでした。
後でマユミさんに聞いた話だと、一晩で7回もしたそうです。
先輩の並外れた体力と、それに応えるユイの性欲の強さに、ただただ驚くばかりでした。

ユイとはその後も付き合い続けています。
旅行での出来事は、お互いに話さないようにしています。
でもユイとセックスする時は、先輩の巨根で叫び声をあげていたユイのことをいつも思い出してしまいます。