学校の帰り道で知り合いの1つ年上のヤンキー女子高生に捕まって、マックを奢らされる羽目になった。
早く帰りたかったが、なかなか帰らせてもらえない。

暗くなりかけた頃、「お前、勉強ばっかりして彼女がいたことねーだろ」とか茶化してきた。

図星だったが、真面目に勉強していたことをバカにされて悔しくなった。
で、「女の1人くらい俺だって抱ける」とかとんでもない強がりを言ってしまった。
恥ずかしくて逃げ出したかったが、店を出て外れの神社の裏について来いと言われた。
反発したから集団リンチされると思い、死にそうな気分だった。

そして人気の全くない薄暗い神社の裏。
肩に手を置かれ、(ああ殴られる)と思った瞬間、意外なことを言われた。

「やってみろよ。キスしたいだろ」

躊躇っていると、がっと抱きつかれた。
そんな事をされて固まる俺。
彼女の少し汗ばんだ胸の感触が伝わってきて、そのまま無理やりキスされてしまった。
小さな口が可愛く思えて、唇と舌で探った。
彼女もそれに応えてくれた。
もう止まらなくなった。
2人で汗だくになりながら唾液を交換し続くけた。
たぶん30分くらい、休まずに。

でも初めてだったので、それからどうすればいいか判らなかった。
そして、それは彼女も同じだった。
遊んでる風に見えて、実は処女だったらしい。

「もっとしてもいいよ」と言われたが、どうすればいいかわからない。

まごまごしていると、「触るの、できるでしょ」と手を取られ、ジャージみたいなズボンの中へ導かれた。
毛の感触があった。
毛のところを触っていたら・・・。

「違うよ、もっと下」

言われて指で探っていると、突然ヌルっとした。
女が濡れるってこういうことなのかと理解した。
押したら中指がヌメッと入った。
彼女は少し苦しそうな顔をしていたが、今思えば痛かったんだろうな。
しかしそこはヤンキー、根性はあるらしく抵抗はしない。
なので薬指も一緒に入れてみることにした。
しかし、なかなか上手くいかない。

手首が痛いし、彼女も、「ちょっと待てよ」と言う。

爪が当たって痛かったのかと思い、謝った。
そしたら・・・。

「違う。ちゃんとしてよ、恥かかせんなよ」と。

一緒に下を脱いだ。
脱いだ制服のズボンを石の上に敷き、座った俺の上に彼女が抱っこするような感じで座ってきた。
位置がわからず、折れるんじゃないかと思うくらい圧迫された。
でも、少しずらしたら入った。
彼女の中は温かくて気持ち良かった。
彼女は小柄なので、奥の壁に当たって俺も少し痛かった。
抱きつかれているので表情は判らなかったが、過呼吸みたいに息を止めてるような彼女の感じがわかった。

今までは恐い子だったはずなのに、なぜか愛おしくて仕方がなくて俺は動かした。
ピストンするうちに汗だくになった。
彼女の首筋の汗を舐めながら、押さえつけて必死に動いた。

「痛いよ」

急にしおらしい声を出したのを聞いて、俺は彼女の中でイッてしまった。
いっぱい出まくって我に返り、怖くなった俺は少し彼女を付き離すようにして抜いた。
立ち上がろうとした彼女の脚の付け根から、精子が太ももを伝っていた。
少し血が混じっていた。
俺はティッシュを持ってなくて、どうしようかと思った。
すると自分も汚れたままなのに、彼女は俺を綺麗にしてくれると言う。
なんと彼女は口で俺のを丁寧に舐め取ってくれた。
そして少し残ったのを飲み込んだみたいだった。

帰りは彼女の原チャリに2ケツで送ってもらった。
バイクの後ろが怖かったので彼女に抱きついた。
走りながら少し胸に手を入れてしまった。

そして別れ際。
彼女のジャージのお尻に赤い染みがあった。

「これでお前はウチの彼氏だからな」って言われて、キスして別れた。

その後はしばらく、神社の逢い引きが続いた。
俺の忘れられない初体験の思い出だ。