以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、異動で隣街へ勤務となったので、ダメ元で連絡すると、「じゃあ食事でも」ということになりました(ニヤリ)。
当然、食事だけで終わるはずもなく、食後の相談を。

「それはない!ないない絶対ない!」と渋る奥さんを、とりあえず乗せてラブホへ到着。

辺りをキョロキョロする奥さんに「早く入りましょ」と、逆に急かされて部屋へ(笑)
ソファーに腰掛け、タバコをふかしながらエッチの前の沈黙。
さすがにお互いに緊張状態。

上は黒のニット、黒のパンツから覗くブラウンのパンスト脚をまじまじと視姦していると、奥さんと目が合い、この期に及んで「しないからねっ!」と恐い顔で言う。
しばしエッチとは関係のない話を。
しかし、その間も手は奥さんの腹に回しているのだが、はねのけようともしない。
意表をついて抱き締めてキスをすると、呆気なくしがみついてきた。

すかさず小柄な奥さんを抱えてベッドに移動。
自称Fカップの胸に頬擦りすると、体に力が入るのがわかりました。
ニットを脱がして黒のブラに包まれていた乳首に吸い付くと、「あ、あぁ~ん、いゃ~ん」と甘ったるい喘ぎ声をあげる奥さん。
思った通り感度良好!

攻める手を徐々に下へ移動させる。
お腹に食い込んだパンツのファスナーを下げると協力的に腰を浮かしてくれる。
スルッと脱がせると、ブラウン系のパンストに黒のフルバックというコントラストが艶かしい。
まあ、太い脚とパンパンのお腹が苦しそうなのはご愛嬌ってことで。

その格好のままVゾーンへ顔をうずめようとすると飛び起きて抵抗されましたが、構わずシャワー前の香りを堪能しつつ、ズボンとパンツを脱ぎ、奥さんのパンストとパンツを脱がして臨戦体勢に。
普通なら「シャワーを」となるところでしょうが、何も言わずに69に突入。
上になった奥さんが俺の顔に腰を下ろしてきたので、しょっぱいマンコをしゃぶり、肛門のしわにも舌を這わせると、喘ぎながらマンコを顔に擦りつけてグラインド開始。
おかげで鼻と口の周りは愛液でベトベト。

しばらくすると動きが止まり、チンポを咥えられて生温かい感触。
カリをリズミカルに舌が這いずり回り、たまらず勃起状態に。
さらに奥さん、竿の中ほどまでチンポを咥え込み、ジュポジュポとバキュームフェラを開始。
フィニッシュは挿入ではなく、奥さんの口に大量発射(性癖なものでw)。

奥さん、思わず口が滑ったのか、「若い男よりも多いわ」だって。

そういうことね・・・。
案の定、見たまんまのスキモノの奥さんでした。

ソファーで一服した後、浴室でいちゃいちゃして、最後は皮手コキで発射(性癖)。
俺のこだわりは、ムチムチのパンスト、毛深いマンコ、そしてシャワー前の肛門を舐めること。
パイパンなんて興味無し、チンポが反応しないどころか、性欲が減退します。

さて、久しぶりのスキモノ熟女を堪能した後は、奥さんのミニバンまで車で送り、再会を約束して別れました。