『本当にあった怖い話』をもじった『本当にあったエロい話、告白大会』を仲間内でやったときの出来事です。

僕たちは高校の2、3年に同級だった仲良しグループで、フルに集まると男子5名、女子6名+その時都合がついた子たち、みたいな集まりでした。
高校を卒業して進路がバラバラになり、みんなが集まれるのが夏休みとか年末年始の休みに限られていましたので、夏休みにはお盆&暑気払いで1泊2日、年末年始には忘年会と称してやはり1泊2日の大飲み会を開催していました。
高校を卒業した夏休みから開催していますが、企画したり運営したりするのは地元に残った僕がやっていました。
別に嫌々やってたわけじゃなくて、企画したりするのは好きでしたし、みんなすごく仲が良くて、仲間が喜んでくれるのが嬉しくて進んでやっていました。

この『ほんとにあったエロい話』は、高校を卒業して2年目の夏休みから行なっています。
それまでは近況報告みたいなものをしてましたが、もうすぐ成人することもあり、酒の上での失敗談とか色気のある話とか聞きたくて、本人に限らず実際にあったエロい話を告白しましょう・・・みたいなノリで、車座になって1人1人順番に話していく形にしました。

初めは言い出しっぺの僕が、中学生の頃からヤっていたオナニーを先日母親に見つかった話をしました。
タイミング悪く、母親が見ている時に出してしまい、手の中を精子だらけにして困っていると、「早くお嫁さんを見つけて無駄に精子を出さないように」みたいな説教をされたことを一部脚色して話しました。
女の子に、「現行犯じゃたまらないね~」と同情されながら大笑いされました。
でも男連中は割りと家族にオナニーしてるところを見つかってるみたいで、「俺は妹に見られてるのを知らずに放出して、賢者タイムに入ったところで『見たよ』と静かに言われてメチャ恥ずかしかった」とかって盛り上がったんですが、女の子の中には逆に「見たことがある」という子もいて、「弟が私のパンツでヤってた。私のパンツでどうするんだろ?何やってんだよって思った」とか、男からすると貴重な意見が出たりして、なかなか楽しめました。

その年よりも次の年、夏よりも冬、冬よりも次の夏・・・とみんな経験も増えていったことで、より過激な告白がされました。
毎回、全参加者が順番に男女関係なく告白するので、ある程度の年齢になると初体験の告白なんかもあり、本人から聞くのでかなりの衝撃がありました。

ある時、僕の運命を決定付ける告白がありました。
告白の主は理恵でした。
理恵は大都市の大学に通っていますが、建築科なので圧倒的に男子が多く、合コンや飲み会に参加する機会も多く、飲めば酔い、酔えば必然的に王様ゲームみたいなものに発展するのだと言います。

「今のところは、胸を揉まれるとかキスをするとかお尻を見せるくらいで済んでいるけど、他の子はフェラさせられたりしてるから、私もヤバいかも・・・」

という話で、理恵の初キスは合コンで初めて会った他学の学生に奪われたらしく・・・。

「初フェラや初エッチの相手が知らない人だなんて嫌だから、今日この場で私のバージンをもらってくれる人がいれば卒業したい・・・」

しかも、同じ思い出を共有したいから、できたら相手も初めての人がいいというのです。
この時参加した男子5名の中で童貞は僕だけでした。
男たちのほとんどは風俗だったり彼女と初体験を済ませていて、みんな面白おかしく告白してましたから、童貞は僕だけだと女の子も知っていました。

「じゃあお願い」

なんて気軽に理恵は言うけど、俺は理恵のことが嫌いじゃないし、むしろ彼女にするなら理恵みたいな子がいいと秘かに思っていたくらいなので、逆に(僕なんかでいいの?)と思いました。

理恵が、「初めては僕君がいい」と言ってくれたので、僕も「お願いします」とOKしました。

しかし、童貞の僕にはAVで見た程度の知識しかなく、AVは当然百戦錬磨の男優や女優がやっているので、僕が初めてのセックスを無事に成し遂げるとは思えませんでした。
すると理恵が、「私も経験ないからみんなに見ていて欲しいし、アドバイスも欲しい」と言い出して、僕と理恵はギャラリー有りで初体験をすることになったのです。

今の今までみんなで車座になって酒を飲み話をしていた所に布団を敷いて、僕と理恵は自ら裸になって座りました。
理恵と顔を見合わせては照れてしまい動きが取れません。
僕は理恵に誤解されないように、前から理恵のことが気になっていて、むしろ好きだったので嬉しいことを伝えました。
すると理恵も、「私も僕君が好きだよ」と言ってくれ、理恵からキスをしてくれました。

「キスは初めてじゃないけど・・・ごめんね」

僕はギャラリーの声援に応えるべく、ギャラリーの指示に従って理恵を抱き締めることからはじめました。
そっと腕を回すと・・・。

「理恵が好きなんだろ?そんな上品な抱き方じゃ誰かに取られるぞ。俺と代わるか?」

なんて言われて、僕は理恵を強く抱き締めてキスをしました。

「ほら、右手が空いてるぞ、胸を優しく揉め」

「乳首を吸え」

なんて言われて、言われた通りにすると、最初は笑いながら僕の愛撫を受けていた理恵の口から吐息が・・・。
すると女の子からも・・・。

「理恵も僕君のを触ってあげて。握るの。握って上下に擦ってあげて」

という声が掛かり、僕は一気に興奮してしまいました。
僕も理恵の股間に手をやり、文字通り手探りでクリトリスを探して、指先で軽く擦りながら別の指でマンコを弄りました。
ピチャッピチャッと音がして湿った感触もありましたので、理恵の膣に指を沈めてみました。
触れていた指先に少し力を入れて押したという感じですが、この辺りはAVの成果です。
指先を曲げると理恵の喘ぎみたいなものが聞けましたので、(感じてくれてるのかな?)と思い、そっと優しく指先を動かしました。
指をゆっくり進めると、どこまでも入っていくような錯覚をしました。

「まだ、ちょっと・・・ゆっくり、愛して・・・」

そう理恵に言われ、「ごめん」と言って指を戻すと、「ごめんね。私、やっぱり僕君がいい・・・やさしい僕君が好き・・・」と言ってくれました。

僕は、「僕は理恵が好きだ。僕と付き合って下さい」と理恵のマンコに指を入れながら告白しました。

「いいよ。こちらこそよろしくね」

ギャラリーからの指示で、理恵は僕のチンコを咥えてくれて初体験のフェラ。
当然僕もフェラは初体験で、僕も理恵のマンコに舌を這わせて初クンニをしました。
ここでもAVの知識が役立ちました。

いよいよ挿入という段階になり、みんなが注目する中で理恵とひとつになりました。
緊張のためになかなかイケず快感だけが持続して、僕は割りと冷静に自分を見つめていました。
理恵のことが気になり、「大丈夫?」と声をかけると・・・。

「僕君が優しくしてくれるから思ったより痛くないし、初めてだけど気持ちいいし。ありがと」

そう言って顔を上げてキスしてくれました。
女子たちが理恵の股間を確かめて処女卒業を認定、晴れて僕と理恵の初めてが終わりました。

そして僕と理恵の交際が始まりました。
他の男子から、「俺も理恵が好きだったんだからな、上手くやれよ。チクショー」と言われ、女子からは「理恵を泣かしたらハブだからね」と脅迫されました。

「じゃあ僕が泣いたら?」と冗談で言うと、「そんときは私たちが慰めてあげる」と笑い、男連中はそれを受けて、「じゃあ理恵が泣くことがあれば俺たちが慰めてやる」と笑いながら言いました。

僕と交際をはじめてからは、理恵は合コンや見知らぬ男が参加する飲み会には、「婚約者がいるから」と断って行かなくなり、その2年後に僕たちは結婚しました。