GW明けの平日ですが、初めて外でやっちゃいました。
それも初めて会った男と2時間半もやりっぱなし。

エッチなサイトで会ったんだけど、最初はポイント稼ぎのアルバイト。
だけど、もともと変わったエッチに興味ありの私なので、男が希望する野外プレイにちょっと惹かれてしまったこともありますし、年上の男性ということもあって、秘密にエロい経験をするならいい相手かなって思ったところもあって。
もちろん、やりたいだけの男と初めて会ってやるなんて超危険なんだけど、やりとりの中では落ち着いた感じ。
まあ実際会ってみて『?』だったら逃げれば良いわけで。

ところが、会ってびっくりのいい男。
超ラッキーな上に、やさしさにも大人の余裕があるし。

それで食事して郊外へ。
高速の見える丘の上でやっちゃいました。
車でほとんど裸にされて、車外へ出て、それだけでも興奮ものでしたが、草の上に寝かされて、両手を上に縛られて、足はそれぞれ木に結び付けられて、もう犯される状態。
下着を剥ぎ取られながらじっくり攻められました。
興奮しすぎて朦朧とする意識の中で、ズボンを脱いだ彼の股間から伸びたモノは、黒光りした、かなり大きな物体でした。
それが棒のようにそそり立っています。
初めて会った男に野外で裸にされて縛られて、巨大な肉棒を突き立てられようとしているのに、私は自分から腰を動かしていたかもしれません。
それくらい興奮していました。

でも、憎らしいことに、私の股間に突き入れられたのは小さなローター。
もうチンポを欲しがって濡れてまくっている股間に、ヌルヌルとローターが入って、仰け反るほどの快感。
客観的に自分の姿を見れば、外で裸で縛られ、股間でローターが蠢いて、それを彼がグチュグチュと出し入れしている気が狂いそうな絵柄。

彼が私の顔に跨がってローターを出し入れしているとき、私は自分から大きく硬い肉棒を咥えました。
口の中に肉棒を突き入れられて陵辱されているその光景は、私が毎晩のように妄想していた姿そのものでした。

1時間も体中を弄られ、何度かイッたあと、開いたままの私の両足の間にその人は入ってきました。
生の熱い肉棒が、なぶるようにゆっくりと、時には子宮まで届く長いストロークで私を刺激します。
もうこの世の快感ではなく、彼の大きな肉棒と縛られて外で犯されている状況に、私は狂ったように首を振り、立て続けに3度はイッたでしょうか。
よく覚えていません。
最後は胸に初めて会った男の精液をぶちまけられて、そのまま絶頂で気を失ってしまったようでした。

あんな快感を得ることは、もう二度とないかもしれましません。
すべてが幸運でした。
あれから毎晩、思い出してオナってます。
これからもずっとオナってしまいそうです。