俺の人に言えない趣味は、パンティでオナニーすることだった。
最初は隣に住む幼馴染のパンティの盗んで扱いたのがきっかけだった。
リボンの付いたコットンのパンティを、まだ剥けていないペニスに押し当てて、いつかその幼馴染とセックスすることを夢見ていた。

その幼馴染の母は、うちの母より少し若い。
かなり美人だったが、女手ひとつで2人の子を育てていることもあって、男らしく建設現場で働いているような気風のいい人だった。
だから初めておばさんの下着を見たときは、普段とのギャップに衝撃だった。
おばさんの部屋はその男らしい性格とは反対に落ち着いた女性らしい感じでまとまっており、タンスの中の下着はフリルの可愛いものからエロチックな透けたパンティまで、きれいに整頓されていた。

それからというもの、俺は幼馴染の家に遊びに行っては、幼馴染のパンティと共におばさんのパンティも拝借するようになった。
洗濯カゴから拝借し、おばさんとのセックスを妄想して、使い終わったら手洗いしてこっそり戻しておくということを繰り返した。

高2のときに幼馴染とキスを済ませて、その後、彼女もペッティングを受け入れてくれるようになった。
もうそのときにはどのタイミングでセックスするかで、その計画で頭がいっぱいだった。
しかしその夢は叶うことなく、幼馴染はある日、俺に手紙だけを残して引っ越してしまった。

“おばさんが再婚して街を離れる”

付き合う前から決まっていたことだけど言えなかったと、後悔の文章が並んでいた。
突然のことだったので、俺は拝借した幼馴染とおばさんの下着を返せぬまま何枚も持っていた。
時々2人のことを思い出しながら引っ張り出して、それでオナニーをする寂しい日々だった。

そんな中、俺は古本屋の店員のおばちゃんと初体験してしまった。
近親相姦ものや熟女のエロ本を買い漁る俺は、おばちゃんに目をつけられていた。
俺は、うちの母や幼馴染のおばさんよりもはるかに年上のおばちゃんに誘惑されて童貞を奪われた。
2ヶ月ほどの短い間だったが、俺とおばちゃんは互いにセックスに溺れて、孫と祖母のような関係を続けた。

夏が終わる前におばちゃんが俺の元から去ってしまうと、またつまらない日常が帰ってきた。
学校がはじまり残暑が残る中、たまたまガレージに干してあった、穿き古した母のパンティを手にとった。
日差しが強く濃い影を落とすガレージの中で、俺は初めて母を想像してパンティをペニスに押し当てた。
クロッチに染み付いた落ちない汚れにザーメンを吐き出して冷静になると、途端に後ろめたい気持ちになった。
おばちゃんと初めて経験したときのような、後味の悪い気持ちになるところが似ていた。
近親相姦ものは好きだったが、母親役として想像するのはいつも幼馴染の母だった。
自分の母を想像するのが、こんなに罪悪感があるものとは思わなかった。
しかし、母のパンティをペニスに包むのは止められなかった。

母に見つかったのは衣替えのときだった。
自室の衣装ケースの奥に、これまで盗んだパンティや古本屋のおばちゃんに使ったバイブなんかを隠していたのだが、それが見つかってしまった。
ついでに母は俺の部屋を隅々まで探したのか、近親相姦モノや人妻・熟女モノのエロ本と一緒に積まれていた。
おばちゃんと親しくなってからは特にエロ本が増えたので、高校生の趣味としては異常な数だったと思う。

母に問いただされたが、俺はなんて答えたのか覚えていない。
叱られながら、エロ本はわからないように新聞紙で包んで紐で縛り、母の目の前でパンティに鋏を入れて細かく刻んで捨てさせられた。
地味なパンティを手に取り、母の物だとバレないように鋏を入れようとすると、母が自分のパンティだと気づいて俺の手から奪い取った。
母は自分のパンティを広げて汚されているのを確認すると、「これは何?どうして?」と、パンティを汚した理由を聞いてきた。
俺は答えずに、エロ本と刻んだパンティが入ったゴミ袋を持って、とりあえず物置兼ガレージへ向かった。
持ちきれないエロ本の束を母が持ってくれて一緒に歩いた。

ほとんど日が入らない暗いガレージの奥にゴミを置くと、「もう二度と、こんなことしないと約束して」と母が言った。
俺が母に約束すると母は手を握ってきて・・・。

「ごめんね・・・。受験勉強で大変なのに、いつも家事の手伝いとかお願いして・・・ストレスが溜まってたんでしょう?だけどあなたは文句も言わず家事を手伝ってくれるし、お母さんの愚痴も聞いてくれた。お母さん、あなたには感謝してるのよ」

そう言って母は俺の顔を大きな胸に引き寄せて、俺の頭をクシャクシャにした。

「1回だけ。1回だけなら・・・絶対、誰にも言わないって約束できるんなら・・・」

そう言った母の目が何か異様に輝いて見えた。
外はまだ明るく、閉めきった薄暗い和室で俺は母のスカートを脱がせ、仰向けにした。

「本当にいいのか?」

母に改めて問いかけると・・・。

「やっぱり、やめよっか。無理にしなくても・・・」

母も決心が鈍っていたんだと思う。
俺は二度とないかもしれないチャンスだと覚悟を決めていた。

「お母さん」

「うん・・・」

俺の気持ちが通じたみたいだった。
俺は母のパンティに指をかけた。
母は尻を浮かして協力してくれた。
胸がドキドキと鳴りだした。
古本屋のおばちゃんより濃い陰毛が目に入り、俺は母の両足をM字に開いた。
指で触れると母の中心はもう濡れている。

「お母さん、濡れてるよ」

そう言うと、母は恥ずかしがって顔を座布団で覆ってしまった。
クチュクチュと指を膣を弄ると、母が切なそうな声を漏らした。
おばちゃんと違って深い陰毛に覆われているので、掻き分けて小さいクリトリスを探り当てた。
母が持ってきたコンドームをペニスに被せてくれた。
そして母は仰向けになって大きく股を拡げた。
ペニスを母の入り口に当てると、ヌルっと温かい熟女の柔肉に包まれた。
初めての母の中はキュキュと締まる感じだ。
柔らかくて密着した感じだった。

「入ってるのわかる?お母さんの中、気持ちいい?」

母が尋ねてきた。
母は服を捲り上げてブラをずらすと大きなおっぱいをボロンと出した。
その褐色の乳首に歯を立てて甘噛みしながら、母の深いところをペニスで突くと、「あっあっ・・・」と母は喘ぎ始めた。
それに合わせて膣の中がペニスを柔らかく包んできて、ものすごく気持ちよくなってきた。
目をぎゅっと閉じて耐えている母はますます顔を紅潮させている。
こんなに可愛い母をカメラに収めたくて携帯を構えると、「ダメよそんなの。内緒だって約束したじゃない」と抗議したので、絶対に顔は映さないからと約束して、母の顔を座布団で隠してムービーを撮り始めた。

母のおっぱいや股間、ペニスが出入りしているところ撮影していると、母の甘い喘ぎ声が聞こえる。
顔が映っていないことに安心したのか、母は自分から腰を動かしてきた。
携帯をそのままにして枕元に置くと俺と母は激しく愛しあった。
母の名前を呼ぶと、母もそれに応えてくれて唇を貪りあった。
母とのキスで興奮したのか、俺はあっという間に母の中でイッてしまった。
俺はコンドームを外して母のお腹にあたりに置くと、母の股間をティッシュで拭いた。
母はそんな風にされるのが初めてなのか、「すごく嬉しいけど恥ずかしい・・・」と顔を手で覆ってしまった。

中に指を入れた。

「ううっ・・・」と母が声を漏らした。

俺はもう1回と母にお願いした。
母は迷っていたが、構わず押し倒すとペニスを母の股間に擦りつけた。
ヌルヌルと擦ったり乳首をコネコネと摘んだりして母を弄び、母が何も言わないこといいことに生のペニスをズブっと深くまで入れた。
グチュグチュと音を立てて母と生セックス。
母も自分から腰を動かしてきた。
母が抱きついてきて、「イク」と言うと背中に強く指を食い込ませてきた。
母は立て続けに「イク」と大声を上げる。
俺も、もうイキそうだと伝えた。
びっくりしたのか、母はそれまでの喘ぎ声から、「お願い、コンドームをつけて」とお願いしてきた。
まだ妊娠もするし、今日はたぶん危ない日だと俺に言った。
俺はなかなか抜けずにいたが、母を妊娠させることの恐怖でようやくペニスを抜いた。
愛液でヌルヌルになったペニスは爆発寸前で、母がコンドームをつけようと手をペニスに伸ばすと快感が上がってきて、俺は暴発した。

すごい勢いでザーメンが吹き出し、母の服や顔、髪に飛び散った。
母はティッシュで俺のペニスを綺麗にして、使用済みコンドームを包むとそのまま部屋を出た。
冷静になって、またチクっとした罪悪感が湧いたが、母を初めて性的な対象にしてオナニーしたときのような嫌悪感は不思議となかった。
それよりも、これまで母には感じたことのない恋愛のような苦しい気持ちになっていることに気づいた。

セックスをはじめて1時間も経っていなかったが、それからしばらくすると弟、そして父が帰ってきた。
時間がなかったのか、母は着替えなかったみたいだ。
ザーメンがついた服で過ごしていた。
母の顔を見るたびに胸がときめき、同時に切ない思いが込み上げる。
近親相姦とはこんなに苦しいものなのかと思った。