中1の頃、学校の裏に専売公社(現JT)の廃墟があった。
そこはヤンキーの溜まり場で、俺も先輩に連れられてときどき出入りしていた。
まあタバコとか遊びの場所だった。

ある日、学校をサボって廃墟に行くと、中3の先輩たち(男2人、女1人)がいた。
みんなでタバコを吸いながらふざけていると、女の先輩Tが突然、「男の子がオナニーするところが見てみたい」と言い出した。
アホかと思ったが、後輩は俺だけだったから、俺がオナニーするところを見せる流れになった。

俺がみんなの前ですることを躊躇っていたら、男の先輩が2人がかりで俺を押さえつけて、Tに「早く脱がせろ」と言い出した。

抵抗はしたものの結局脱がされて、俺の仮性包茎チンポが剥き出しになった。
Tはそれを見るなり、「可愛いね」と言いながら人差し指で弄り始めた。
俺は恥ずかしさでいっぱいだったが、俺のチンポは意識とは別の存在となり、いつしかギンギンになっていた。

Tは「すごい~」と言いながら、「皮は剥いてもいいの?」と聞いてきた。

敏感な部分が剥き出しにされた。
チンポは感度抜群になり、つい俺は、「ああっ」という声をあげてしまった。
Tは大喜びで、さらに俺のチンポを弄び始めた。

そんな状況の最中、俺の同級生のMという女子が、「何やってるの?」と入ってきた。
Mは驚いて顔を背けたが、Tが「ちょうどいいところに来た。ちょっと手伝えよ」と言いながら、Mに俺のチンポを握らせた。
Mも先輩の命令なので逆らえず、握ったまま、「ど、どうすればいいんですか?」と困惑していた。
男子の先輩らは「しごくんだよ」と言いながら、手を動かすマネをした。
Mはぎこちない手つきでしごき始めたが、恥ずかしそうに手を動かすMの表情に俺は興奮してしまい、声を出すほど感じてしまった。

それを見た先輩らは調子に乗って、「口でするんだよ」と言ってきた。

Mはそれはできないと言ったが、TがMの頭を押さえつけて、「いいからやってみろよ」と言って、無理やり口の中に入れさせた。
すでに興奮状態だった俺は、温かいMの口の感触で一気に高まり、速攻で暴発してしまった。
Mは咽せながら、「何これ~!」と言って吐き出した。

その日以来、俺とMは先輩たちに手コキショーをやらされるようになった。
2人ともだんだんその気になり、気がついたら俺はMと付き合っていた。