私はごくごく普通の看護婦なんですが、2年前に彼氏と別れてからなかなか彼氏ができなくて、それに看護婦という職業柄、本当にストレスが溜まるんです。
だから休みの時なんかは部屋でオナニーばっかりしてるんです。
オナニーが私の精神安定剤になっていることも事実です。

オナニーはごく普通っていうかノーマルなんですけど、この前、初めて職場でしちゃったんです。
その日は若い患者さんの清拭をしてて、やっぱり若いせいか、股間が少し膨れていたんです。
パンツ1枚なんですぐにわかりますよね。
でも仕事なんで、「私が抜いてあげましょうか?」なんて言えないし・・・。
その患者さんには奥さんがいるんですが、なかなかのいい男。

(あの勃起しているペニスが私のアソコに入ってきたら・・・)

そんなこと考えていたら、だんだんアソコが濡れてくるのがわかりました。
あのペニスを握って、ローションをつけてシコシコしてあげたら、きっと気持ちいいんだろうなって思うんです。

(ああ、硬い、は、入ってくる~、あ、だめ、そんなこと・・・)

仕事をしながら頭の中でずっとエッチなこと考えていました。

翌日は夜勤でしたが悶々とした気持ちが収まらず、誰もいない病室に夜中に忍び込んでオナニーをしてしまったんです。
ナース服のボタンを外して、ブラの上からおっぱいを揉むと、だんだん体の力が抜けてきて・・・。

「あ~ん、だめ、そんなに揉んだら~」

チャックを全部下げてブラも取り、上半身だけ裸になって・・・。

「こ、こんなところで、あ~ん、誰か来ちゃう~」

アソコからいっぱい愛液が出てくるのがはっきりとわかりました。
クリトリスも大きくなって、もう触らないと我慢できなくて・・・。

「だめ~、濡れてきちゃった~、触って~」

私は四つん這いになり、ストッキングを下げ、パンティの横から指を突っ込むと、もうグチョグチョでした。
指がおまんこにヌルヌルと入っていって・・・。

「あ~ん、そ、そこ、感じる~、もっと、もっと奥まで~」

必死に喘ぎ声を押し殺しながらオナニーしてたんですけど、もう我慢できなくて、声が部屋中に響き渡りました。
クリトリスを触るたびに体がピクっと反応して、私はすぐに絶頂に達していました。
ふと我に返るとナース服のファスナーは完全に開き、ブラもずれて、パンティも膝まで下がっていました。
我慢できずに職場でオナニーしてしまった自分が恥ずかしく思えました。

でも職場でのオナニーは、家でするのとは比べ物にならないくらいに興奮します。
今度はかっこいい患者さんを誘惑して、また誰もいないこの病室で四つん這いになって後ろからいっぱい突いてもらおうと思っています。
こんなエッチな妄想をしなくてもいいように、早く彼氏を作って、いっぱいいっぱいエッチしたいです。