32歳の僕には沙也加という26歳のセフレがいます。
セフレと毎回エッチだけだと味気ないだろうと思って映画館に行ったのですが、結局上映中にそのまましちゃった話です。

沙也加は見た目は大人しそうな感じで、黒髪を後ろでいつもひとつにまとめていて、黒や濃色のあまり身体の線が出ないワンピースを着ていることの多い、ごく普通のOLです。
でも出会い系で会って僕とセフレになってからはサバサバした性格で、お酒も飲まずに軽く食事を済ませてからホテルでエッチして泊らず帰ったりと、前面には出さないけれど性欲を効率よく満たしたいという気持ちが強い女の子です。

3ヶ月くらい経って、エッチだけというのも味気ないなと思った僕は、「たまには映画なんてどう?」と誘ってみました。

「まあ、いいかもね」と言われたので映画を観ることが決まりました。

夕方4時頃から映画を観て、その後食事して、ラブホでエッチするつもりでした。
あまり下調べとかしないで、たまたま時間が合った恋愛映画を観ることにしてチケットを買って映画館に入ると、すでに予告編が始まっているのに僕ら以外に誰も入ってきません。

「半端な時間だから他に誰もいないんだね」

「ま、それもいいね」

僕たちは広い映画館の真ん中の席で並んで2人きりでポップコーンを食べながら映画を観ました。
真っ暗な映画館で恋愛映画を観はじめると、冒頭から結構生々しい濡れ場シーンが連発でした。
パーティー会場でみんなが踊っているのに、物陰で男女がアンアン喘ぎながら騎乗位でセックスしたり、白昼に外で男が襲いかかって草原で全裸でパコパコやったり、とにかく生々しいのです。
それを見ているうちに、僕は隣に座っているツルツルした紺色の光沢のあるワンピースを着て映画を観ている沙也加と、濡れ場の映画の画面を交互に見てムラムラしてきてしまいました。

沙也加は真面目にスクリーンを見ていたのですが、僕は我慢できなくなり、手を伸ばしてワンピースの上から沙也加のDカップのおっぱいをがしっと掴みました。
そのまま転がして柔らかさを感じつつ、わざと乳首がブラのカップの内側に擦れるようにしました。
最初は、軽くぺちっと叩くような感じで沙也加に止められたのですが、僕は構わず両方のおっぱいを暗闇の中で交互に揉みました。
映画で男女がアンアン言っているのを聞きながら沙也加のおっぱいを揉んでいるうちに僕は興奮が増してしまい、沙也加のおっぱいに顔をうずめるようにして抱きつき、そのまま腰の両側を触りました。
沙也加のくびれを確認するようにして触り、光沢のあるワンピースの生地の心地よさと沙也加の腰回りの柔らかさを確かめました。

沙也加は僕を引き離そうとして「だめだよ」と小さい声で言いましたが、僕は「他に誰もいないんだから」と言ってそのまま続けました。

その時点では、まだお互いの性器を触りながら映画を観たほうが盛り上がるからそうしようくらいのつもりでしたが、まだ沙也加がその気になっていないので僕はわざと大胆に沙也加を攻めました。
ワンピースの裏地のツルツルした滑りの良さを利用して、腰のあたりを摘んで引っ張り上げるようにして沙也加の生足を、膝、そして太ももと露出させていきました。
真っ暗な映画館ですが、画面が明るくなると淡い光が沙也加の太ももを照らしてそこだけ真っ白く輝いて見えるので、ラブホでエッチする時よりも魅力的に見えます。

ワンピースを腰まで捲り終わると、太ももよりも白い沙也加のパンツの前側が3分の1くらい露出しました。
沙也加も気が散ってはいるもののまだ映画に集中するふりをしているので、僕はぐっと股を閉じている沙也加の太もものちょうど真ん中を割るようにして手を差し込み、太ももの内側のお肉の柔らかさを利用して、ぐっと股の付け根に向けて手を上昇させました。
ついに沙也加のパンツ越しにおまんこを触れるところまで到達しました。
僕は手をローターのように細かく振動させて、沙也加のおまんこを刺激しました。

「アン」

小さい声を出して沙也加は感じ、ついに股を緩く開きました。
思ったよりも沙也加がおまんこを触らせてくれるのに時間がかかってしまったので、映画のシーンは先に進み、話の筋がわからなくなってしまいました。
こうなったらもう映画は無視です。
目の前の沙也加を徹底的に感じさせて困らせてやろうと決意を固めた僕は、映画館の椅子から下りて、座っている沙也加の前に向かうように跪き、脚を開かせて白いパンツの足の付け根から手を入れて、そのまま手マンに持ち込みました。

「アン!だめ!見られたらどうすんの?」

「誰もいないから大丈夫だよ」

「スタッフとか後ろから見えるかも?」

「暗いから大丈夫だよ」

そんなやりとりをしつつ僕は手をスピードアップさせました。
次第に沙也加は僕に身を任せはじめました。
映画の画面では濡れ場シーンが終わって日常のシーンになっていますが、僕たちは逆に本格的に濡れ場を演じはじめています。
沙也加のパンツは新しめなので締め付けが強く、股から手を突っ込んで中のおまんこに指を突っ込んでいると手に縫い目が食い込んで痛かったし動かしにくいので、パンツが伸びてもいけないと思った僕は、沙也加のパンツを脱がすことにしました。
白のパンツを引っ張ると、さすがに沙也加は手で押さえて抵抗をしましたが、僕は強引に引きずり下ろしました。
その強引な感じが、ますます僕の興奮度を高めました。
沙也加は「こんな場所で・・・」と言いながらワンピースの下半身を捲って、すらっと伸びた脚にスクリーンの淡い光が反射しています。

「こんな場所だから邪魔が入らないんだよ」

そう僕は言って、沙也加の脚を椅子のひじ掛けに上げて、M字開脚で沙也加のおまんこをおっぴろげました。
明かり自体は暗いのですが、スクリーンからの光がスポットライトで沙也加の股を照らしているような状態でめっちゃエロいです。
濡れたおまんこの内側がキラキラしています。
僕はそのまましゃぶりついてクンニしました。
ここまで来たら、もう最後までやるしかありません。
沙也加もクンニの気持ちよさで、「アッアッアッ!」と身体をヒクヒクさせながら感じています。

「こんな場所で・・・」

「俺達ってエロすぎだよな」

沙也加は公共の場所でエッチをしている背徳感からか、いつもの半分くらいの時間で絶頂を迎えました。
ガクガク震えながらイッた沙也加は、映画館の椅子の上で身体をくねらせています。
僕はクンニ中から考えていた挿入ポジションを実行に移しました。
自分のズボンを脱いですでにガチガチになったペニスを出すと、立ち上がってM字開脚の沙也加に覆いかぶさり、自分も脚を開いてペニスの位置と沙也加のおまんこの位置を合わせます。
そして片手で暗がりの沙也加のおまんこの位置を確かめつつ、ペニスにもう片方の手を添えてグニッと挿入しました。
スクリーンに向かって下半身裸でM字開脚をしている沙也加に、スクリーンに背を向けた僕が覆いかぶさって前から挿入している状態です。
僕は挿入が完了すると沙也加の座っている椅子の背もたれに掴まって、それを支えにして身体を上下させました。
2人分の体重がかかって映画館の椅子がガタガタと揺れています。

「はあはあはあ」

「アンアンアン!」

ちょうど静かなシーンなので、お互いの声や息がよく聞こえます。
僕がイキそうになり、「イクイク!」と叫ぶと、沙也加は「中はダメ!」と泣きそうになっています。
僕はすぐにペニスを沙也加のおまんこから抜いて、横にあったポップコーンのカップにドバドバと射精しました。
その後、身なりを整えてから、余韻を楽しみながらキスしたり服の上から性器を触り合っているうちに映画は終わってしまいました。

「結局全然見なかったな」

「もう、バカなんだから」

そう言いながら出ると、出口でゴミを回収している女子大生風のスタッフがいたので、素知らぬ顔で精液入りのポップコーンのカップを渡して足早に映画館を後にしました。