この間、飲み会で泥酔女をお持ち帰りしました。
相手はバツイチ子持ちで36歳のパート女性。
美人とは言えないけど色気があるので、とても子持ちとは思えないなと、よく会社で話題になっていました。
そんな彼女とは仕事上ではあまり関わりはないのですが、帰りによく会うので、何度か一緒に帰ったこともありました。
そんな時は毎回、リアクションの仕草が大きな彼女のおっぱいが揺れるたびに、触りたいと思っていました。
僕との距離が近いので、彼女も満更でもないのかなって。

ただ残念なことに、飲み会になると上司と社長が彼女を独占してしまうので、AVみたいに“酔わせてエッチ”みたいな展開には全くなりませんでした。
それにプライベートで彼女を誘っても・・・。

僕「今度、裕美さんとゆっくり飲んでみたいな」

彼女「いいですね!じゃあ空いてる人がいるか聞いてみますね!」

僕「え?」

天然なのか何なのか他の人まで大勢呼ばれて、結局いつもの会社の飲み会みたいになってしまいました。

そんな状態がしばらく続いたある飲みの日。
珍しく彼女が泥酔しました。
どうやら子供のことで前の夫と揉めしたようで、かなりストレスが溜まっていたようです。
パンツも丸見えになるくらい股を開き、泥酔している彼女。

「お前、帰り道が一緒なんだから送ってやれ」

そう先輩に言われ、彼女を持ち帰る正当な口実ができました。
とはいえ、彼女には子供がいるので、このまま持ち帰ってもいいのか悩みました。

彼女「今日は、ばぁばに預けてるから大丈夫だよ~」

僕「本当に僕の家でいいんですか?」

彼女「こんなおばさんで良ければ~(笑)」

ケラケラ笑った彼女が可愛くて、ついキスをしてしまいました。
すると彼女は体を絡めて、「もっと~」とせがんできました。
散々我慢させられていたので、もうチンコがはち切れそうで痛かったです。

家に着いた頃には泥酔&痴女になっていましたが、ベッドに座らせたらそのまま寝ちゃいました。

(え、ここまで来てお預け?)

でも、彼女のパンツに大きなシミができているのを見たら、もう我慢できず(笑)

僕「裕美さーん、起きてくださーい」

一応何度か声をかけたもののビクともせず、まるで犯してくださいと言わんばかりに無防備な彼女。
なんだか薬で眠らせた女をレイプするみたいで興奮しました。

キスをしながらおっぱいを揉むと、思った以上に大きくて驚きました。
服からおっぱいを出して、陥没した乳首を吸い出してやりました。
乳首はすぐに勃起して、舌でペロペロと遊びました。
体をくねらせる彼女を起こさないようにパンストとパンツを脱がすと、なんとも毛深いオマンコが。
彼女のオマンコはすごい湿っていて、このまま突っ込んでも大丈夫だなと思ったら我慢できず、チンコを出してそのまま突っ込んでやりました。
うん、生って気持ちいいー。
本当に子供を産んだのかよ!と思うくらい締まりが良くて、思わず中出ししたくなりました。

彼女「うう~ん」

ときどき悩ましい声をあげながら爆睡している彼女を犯していると、興奮してだんだん激しくなって腰が止まらない!
会社の女をナマで犯せるなんて最高です!
体位を変える時はちょっと大変ですが、チンコを突っ込み放題!
十分に潤っていて、時々ギュッとチンコを掴まれる感じがたまりません。
全く起きない彼女にこのまま中出し!
そんなことしたらいけないと思う一方で、本気で犯しまくろうとしている自分がいました。

もう我慢の限界でした。
でも結局、ビビりな自分は彼女のおっぱいに出しました。
それはそれで興奮したのですが、どうせなら顔にすれば良かった・・・。

(せっかくだから口でお掃除してもらおうかな)

さすがに口にチンコをつけたら起きるかなと思ったのですが、なかなか起きないですね、泥酔女は(笑)
顔と口をペタペタとチンコで叩いてみたりしても起きないので、無理やり口の中にねじ込んでやりました。
すると、爆睡しているはずの彼女が舌で舐め回してきたんです。

(これ、絶対に寝たふりだろ!)

寝ながらフェラなんてできるはずがないですから。
でも彼女はずっと寝たふりを続けるので・・・。

僕「あー、入れたい・・・」

そう言うと彼女、寝たふりをしたまま自分のアソコを弄り始めたんです。
ご希望通りに犯してあげました。
2回目のせいかなかなかイケなかったのですが、彼女は体ピクピクさせてました。

僕「あー、中に出したいな・・・」

寝たふりを続ける彼女に何度か言ってみたのですが無反応。

(でも、さすがに中出しは・・・)と思ったので・・・。

僕「起きないと本当に中出ししちゃうぞ」

なんて言ってみたのですが、それでも起きないので、そのまま中に出してやりました。

結局、彼女とはセフレの関係になりました。
そのとき、「エッチして欲しくて寝たふりをしちゃった」と教えてくれました。