中学生だった俺と彼女のぎこちない初セックスへの道。
高校受験が終わり中学の同級生たちの中には、舐められないためだろうか、高校入学前の春休みのうちに童貞を捨てようとする奴が僅かだけどいた。
中には出会い系を使ってまで捨てた奴もいた。

その時、同じ学校に1個下の彼女がいた俺は、奴らのそんな動きを意識しないわけがなかった。
彼女とは中学3年の初夏から付き合っていた。
もう1年近く付き合った計算になるけど、ヘタレな俺はセックスはもちろん、キスに持ち込むこともできなかった。
ヘタレかつ受験生でもあったので休日に遊びに誘うことはあまりなく、恋人らしいことと言えば、学校帰りに仏壇屋の駐車場か彼女の家でおしゃべりをすることくらいだった。

彼女の両親は比較的若いせいか俺に対してフランクに接してくれた。
一方、俺の家族、特に母は世間体を気にして一緒に出歩くことも批判的で、1回うちに遊びに来た彼女にあまりいい印象を持っていないようだった。
だから俺たちは彼女の家か、人目につかない仏壇屋の駐車場でよくおしゃべりをした。
とは言っても、シャイな俺は愛を語ったり甘い言葉を囁くわけでなく、学校の話とか彼女の部屋にあった雑誌、セブンティーンとかキューティのページを捲りながら話を膨らませていた。
なぜかというと、まともに目を合わせない方が気軽にしゃべれたからだ。

そういう雑誌には読者アンケートがあるんだけど、『好きなヨーグルトは?』とかから始まって、時には『初体験の年齢は?』なんかもあった。
いつもは気まずくなりそうだから早く捲ったりするところを、その時は勇気を出して、なんとか自然な形で初体験のアンケートに話を振ろうと思った。

「へぇ、初体験の時期の多くは高1の夏だって~」

そう言うと彼女が沈黙したので、俺はひどく後悔していた。
やがて彼女が、「◯◯、もうすぐだねぇw」と絶妙な振りをしたのに、「そうだね」とクールに流してしまった。
また後悔していたら、少し時間を置いて彼女が、「◯◯ってさぁ、そういうのに興味ないでしょw」と言い、ちょっと腹を割って話そうぜみたいな空気を感じた俺は雑誌から顔をあげた。

「いや、あるよ。周りの奴も捨ててるし」

「じゃなくて、◯◯はどうかって言ってんのw」(←ちょっと切れ気味)

「・・・したいけど。相手がいいって言うなら」

「相手って誰?w」

「・・・◯◯さんはそういうの嫌?」

「えぇー」と彼女が言って、ちょっと悩んだ素振りをして、こう言った。

「あたしは別に嫌じゃないけど」

俺はその一瞬で緊張してしまい、なぜか「ぶふー」と思い切り吹いてしまった。
彼女が俺の腕をはたいて、「するならいつがいいの!決めて!」と言ったので・・・。

「えっ・・・春休み中とか」

その場で、休みの午前中、父親が仕事に行き、母親が家を空けるときにすることに決まった。
それから2週間後くらい、買ってもらったばかりの携帯に、「明日ならアレが大丈夫そうだけど、どうする?」と連絡が入った。

翌朝、お菓子を買って彼女の家に行った。
見慣れない私服姿で出迎えられて変な感じがした。

(スカートなのは脱ぎやすいから?)

とか思ったが・・・考えると緊張するので考えるのをやめた。
母親には俺と昼ごはんを食べて遊ぶからと、夕飯前まで実家に追い出したらしいけど、偵察に来そうで恐かった。

とりあえず彼女の部屋に入り、隣に並んで座った。
お互い半笑いで沈黙した。
すると彼女がお菓子の袋を開けながら「どうしよっかぁ」と明るい口調で言ったので、お菓子を摘んでいた手を掴んでキスをした。
首の角度を変えて何回かキスしたけど、ちょっと吸う感じにするとチュッと音がすることがわかった。
彼女の顔をチラっと見たとき、顔を赤くして伏し目がちに口をぎゅっとして、ベッドに寄りかかって両手をついていた。
左手で上半身に手を宛てがうと伸ばしていた足を体育座りにしたので、(うわっ、拒否られた!)と思ったら、よいしょと腰を上げ、ベッドに座って俯き加減で、「・・・こっちで」と言った。

俺も隣に腰掛けて、ベッドに彼女をゆっくりと倒した。
体は真っすぐだけど顔は緊張気味に横を見ていた。
長い首にまたキスをして、温かい服の下から手を入れて体にタッチした。
ブラの下に手をやるとパカッと捲れたので、どこかのタイミングで外したらしい。
指で触れると彼女が困ったように目を細めて、声には出さないけど、「んーっ」という口をしていた。
その時、俺は不自然な体勢で足と片手をついていたので、彼女の前にしゃがんで手をあてがった。
よく見えないので足を浮かせると、キラキラした液の付いた、いつかエロ本で見たものがそこにはあった。
穴はほんとに小さくて、とりあえず指を1本入れると、意外にもすーっと入った。
弾力のある中を上にちょっと押すと「んっ」と言うので、「大丈夫?」と聞くと吸った息をもどしつつ「ん~~」と漏らしたので、よくわからないけど指を2本にして上下に押してみた。

液が周りの毛にも付着し始めた頃、ポケットから出したゴムを付けてゆっくり入れた。
彼女の中が締め付けてきて、すぐに出したくなった。
同時に腰が浮いてぐいぐいと押すと射精してしまった。

「もう1回できるから」

彼女の返事を待たずにさっきみたいに上と下の中の肉を擦ると体がびくっとする。
痛いか聞くと、「わかんない・・・なんかぎゅんってなる・・・」と言い、意味がよくわからないうちにまた射精してしまい、終わった。
俺が逆を向いてジーンズを穿いていると、彼女が「こっち見ないで」と言うので、背を向けて着替え終わるのを待った。

「どうする?」と聞かれたから、「・・・帰る」と言うと彼女が何度も頷いて、俺は「じゃあ・・・」と言ってそのまま帰った気がする。