先日の週末のこと。
日付が変わる頃、風呂に入ろうと脱衣所兼洗面所のドアを開けたら、ちょうど下着姿になっていた妹、樹里がいた。
妹は今年23歳だ。

「おっ!わりーわりー」と慌てて出ていこうとしたところ、「お兄ちゃんもお風呂?」と聞いてきたので、「ああ・・・」と答えると・・・。

「私、時間かかるから、お兄ちゃん先に入っていいよ」

そう言いながら脱いだばかりの服を再び着始めた。

「そ、そうか・・・悪いなぁ・・・なんだったら久しぶりに一緒に入るか?(笑)」

冗談で言ったつもりが、「えっ?いいの?」と。
いや冗談だよと言えず、「あ、ああ・・・樹里が良ければな・・・」と答えてしまった。

「じゃあ入ろっかなぁ~」

そう言うと、妹は着始めた服をまた脱ぎ始めた。
思ってもいなかったまさかの展開に戸惑いながら、俺は妹に背を向けた状態で服を脱いでさっさと浴室へ入った。
シャワーノズルを手に取り、蛇口を捻ってお湯を出すと、熱過ぎないことを確認したくらいの時に妹がドアを開けて入ってきた。

「わぁ~い。お兄ちゃんとお風呂だぁ~」

無邪気に子供のような言い方をして入ってきた。
俺は妹の身体にシャワーを浴びせた。
次に自分も浴び、スポンジを手に取ってボディソープをつけると、よ~く泡立てて、「樹里、背中洗ってやるよ」と言って妹の背中を洗い始めた。

「いつもお兄ちゃんが先に洗ってくれてたよね」

妹が子供の頃のことを言い出した。
よく覚えていない俺が、「そうだったか?」と聞くと・・・。

「そうだよ~。私を先に洗って湯船に浸からせてる間にお兄ちゃんが身体と頭を洗って、終わると交替で私が頭を洗うのをお兄ちゃんが手伝ってくれてたじゃん!」

説明されている間に思い出した。
そんな話の間に妹の背中なんか洗い終わってしまっていたので、ついでに全身を洗ってやることにした。
背中から両腕、両足を洗い終わる頃に妹の説明も終わり、思い出した俺は妹の右側に立った。

「そういえばそうだったな~。あの頃はこんな膨らみもなければ、毛も生えてなかったよなぁ~(笑)」

笑い混じりにオッパイと股間をスポンジで洗った。
すると・・・。

「当たり前じゃ~ん。小学校の中学年くらいだよ~。オッパイどころか毛なんか生えてるわけないじゃん」

俺にオッパイや股間を洗われても無邪気に話すので、調子に乗った俺はスポンジから泡を両手一杯に取り、妹の後ろへ回った。

「それがこんなに大きく育って~。どのくらいあるんだ?」

そう言いながらオッパイを手のひらで包み込み、洗うというより揉み始めた。
その時の俺のチンポはすでにスカイツリー状態。
それを妹の腰にわざと押し付けるようにして妹の返答を聞くと。

「え~、たぶん82センチくらいでカップはDだよ・・・。っていうかっ、お兄ちゃん何で興奮してんのよっ!(笑)」

勃起チンポが腰に押し付けられていることに突っ込みを入れてきた。

「いや~、樹里のオッパイがあまりにも良かったから、つい・・・」

そう言いながらもオッパイを揉む手を休めずにいると・・・。

「何がついよ~。ハイッ!今度は私が洗う番ね」

そう言って俺の手を振り解くと、落ちているスポンジを拾い上げ、ボディソープを足すと泡立てて、「背中からね~」と俺に背中を向けるように言ってきた。
言われるまま妹に背中を洗ってもらっていると、当然のことながらそのまま両腕、両足と俺が洗ってやったように洗い、最後は正面に膝立ちになると、股間にそびえ立つチンポを手で洗い始めた。

「うわ~、カチンカチンじゃん」

妹は嬉しそうに微笑むと左手で竿を握りしごき、右手で玉袋を揉み洗いしたかと思えば、中指だろうか指をアナルへと持っていき、軽く指先を穴に突き立てるようにしてきた。

(まさか!?)

ドキドキしていると、妹は爪が当たらない程度に掻くように刺激を与えてきた。
これが最高に気持ち良かった。

「樹里、ソープのバイトとかしてたか?」

「んなことするわけないじゃんっ!」

マジ切れされそうだったので、「いや~、随分慣れた手付きだからさ~(笑)」と言うと・・・。

「元彼に仕込まれたから思わずやっちゃったの(笑)」

妹はそう答え、チンポから手を離すと立ち上がって背を向けた。
背中に抱きついて、「樹里も気持ち良くしてやるよ」と言いながら右手を股間へ回し、割れ目をなぞりながらクリトリスを刺激した。

「んっ・・・私はいいよ~」

「まあまあ、遠慮すんなって(笑)」

クリを刺激しながら、左手はオッパイを揉んだり、乳首を優しく摘んだりした。
すると少し嫌がっていた妹も・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・気持ちいい・・・あんっ」

と、その気になってきたので、膣内に指を入れようと、前に回していた右手を今度は後ろから膣内を目指して体勢を変えた。
初めは中指だけを挿れて曲げた状態で出し入れしながら捻りを加え、ゆっくりとした動きから徐々に激しくすると、喘ぎ声を上げ始めた。

「あんっ!あんっ!気持ちいいっ」

そして今度は妹から俺のチンポを掴んでしごき始めた。
しばらくして妹を床に仰向けに寝かせ、右手の中指と薬指を膣内に挿入してGスポットを刺激してやる。
この時も妹は自分から俺のチンポを掴んでしごいていた。
しばらくそうやってお互いの性器を刺激し合っていたが、イクまでには至らなかった。
今度は正常位の体勢で素股を始めた。
残ってるボディソープの滑りを利用して、チンポの裏筋をクリトリスに擦り付けるように腰を動かし、両手はオッパイを鷲掴んで楽しんでいた。

「ちょっとー!お兄ちゃんだけ先にイク気じゃないでしょーね!?」

(さすがに素股では抜けねーよ)と思ったが口には出さず・・・。

「なんだイキたいのか?だったら・・・」

そう言って再び指を膣に入れようとすると・・・。

「そーじゃなくってぇ~!」

訳が分からない俺が(??)な顔をしていると・・・。

「今さら指でなんてイケるわけないじゃん!」

指以外と言われても、後はチンポしか入れるモノはないわけで・・・。

「さすがにそれはヤバいだろう」

「え~、ここまでして入れるのなしなんてありえないっ!」

なぜプチギレする妹。

「そうは言ってもな~・・・まぁ兄妹ってことは100歩譲って目を瞑ったとしても、生挿入はマジヤバくね?」

「それなら大丈夫!今日は超安全日だから。ねっ、お願い!」

両手を合わせてオネダリされたら断ることも出来ず、俺自身も挿入れたい気持ちは十分にあったので・・・。

「そこまで言うなら・・・」

と再び正常位の体勢になり、チンポの角度を調整し、腰を前に押し出すと、ニュルっと膣内に入ってしまった。
そのまま奥までズブズブと挿し込んでいくと・・・。

「あぁん・・・気持ちいい~、スゴ~イ・・・あん、お兄ちゃんの大きい~」

最深部に到達すると、一旦動きを止めて妹の顔を覗き込んだ。
すると潤んだ瞳で俺を見つめ返してきて、するっと両腕が上がったと思うと俺の首に巻き付け、唇を重ねてきた。
その動作に逆らうことなく俺も唇を重ねると、すぐに舌が絡まってきたのでそれにも応える。
今まで経験してきたどんなキスよりも妹のキスが上手いことに気付き、キスだけで俺は射精しそうなほど興奮してきた。
キスをしながら腰をスライドさせて快感を共有した。

どのくらいの時間が経ったのか分からないが、かなりの量のカウパーが注がれているに違いないと確信しつつ、(やっぱ中出しは無理だよな)と思いながらも、妹を何度かイカせることに成功した。

「お兄ちゃんも・・・気持ちいい?」

「気持ちいいよ。このまま射精したいくらいだよ」

冗談半分本気半分・・・いや、冗談2割本気8割で言うと・・・。

「えー、中は・・・ね~(笑)」

「ダメ」とは断言しなかったから、もう2~3回イカせたら中出しさせてくれそうな感じだったので、頑張って腰を振った。
そしていよいよ限界に近づいた俺は、最後にもう1回イカせてやろうと腰を振った。

「俺も・・・もう・・・イキそうだ・・・」

「あんっ!あぁ!イクー!イクー!またイッちゃう!」

「出すよっ!出すよっ!このまま中に出すよっ!」

「出してっ!出してっ!いっぱい出してっ!あっ!」

ついに許可が出たので、遠慮なくたっぷり中に射精させてもらった。
しばらく繋がったまま余韻を楽しんでいたが、ゆっくりチンポを抜いて身体を離すと妹の膣口はポッカリと口を開け、そこから白濁液がドロリと流れ出してくる光景はなんとも卑猥で興奮する画だった。
かなりの量の精液が出てきた。
いくら安全日でも、ヤバいんじゃないかと不安になったくらい。
すると妹も身体を起こして、自分の股間から溢れ出る精子を見て・・・。

「あ~あ・・・中に出しちゃった・・・どうする?赤ちゃん出来たら?」

「嫌なこと言うなよっ!(汗)」

「アハハッ!冗談だよ~。出来るわけないじゃん」

「最後に『出してっ出してっ』ってヨガってたのは誰だよ~?」

「だってぇ~・・・」

妹は立ち上がり、シャワーを浴び始めた。
お互いに身体を洗い終わると、妹を後ろから抱っこする形で湯船に浸かった。

妹のオッパイを揉みながら・・・。

「中出しって、何度かしたことあるのか?」

「ん~・・・2~3回?」

「そっかぁ~・・・やっぱ気持ち良かったりするの?」

「え~、どうかなぁ~。気持ち的には好きな人と本当の意味で1つになれた感はあるけど、出されたことでの物理的な快感はないよ~。あっ!でも出された瞬間が分かった時はあったよ。お腹の中がポワ~ンって温かくなったの。あれって変な感じだったぁ~(笑)」

ケラケラ笑いながら話す妹。

「っていうか~、お兄ちゃんのマジ気持ちいいんですけどぉ~(笑)」

顔を上に向け、俺の顔を見上げるようにして言ってきた。

「そうか~、お世辞でも嬉しいよ」

「お世辞じゃないってば~、マジで癖になりそうなんですけどぉ(笑)」

「じゃあ、お互い恋人が見つかるまでの関係ってことで付き合うか?」

「それなら私、彼氏なんか作らないかも(笑)」

「おいおい・・・さすがにそれはヤバいだろ」

「だよねぇ~。ま、でも無理に彼氏を作ろうとするようなことはしないよ・・・」

「そうだな・・・そういうのって縁だからな」

そんな話をしながらも俺は無意識に妹のオッパイを揉んでいた。

「ねぇ・・・もう1回しようよ」

「1回でいいのか?」

「えっ!ずいぶん自信たっぷりじゃん」

それから浴室でもう1発膣内に注いで、俺の部屋に移動してからも両親に気付かれないように2発注いで、その日はそれぞれの部屋で眠った。
その日から俺たちは、両親や知人に勘ぐられないように兄妹恋愛を始めた。