会社の先輩に麻衣子という女性がいる。
32歳で仕事ができる美人だ。
麻衣子は上司からの信頼も厚く、実質リーダー的な存在である。
性格も穏やかでやさしいので、俺を含めて後輩たちからも好かれているのだ。
直接の後輩に当たる俺は、よく麻衣子と一緒に仕事で組むために、関係は他の社員たちと比べても深いものがある。
PCMAX
実際に体の関係もあるのだが、もちろんそれは会社には秘密にしている。
俺には彼女がいるし、麻衣子も結婚をしているので、俺達の関係は表沙汰にはできない。

きっかけは、しっかり者の麻衣子が実はドMだったということを見破ったことだった。
2人で車で出張に行った時、珍しく麻衣子が疲れを感じたのか、俺に甘え気味になったことがあった。
その時、俺が優しく麻衣子を抱き寄せたところ、拒否してこない。
そのままキスをして胸を揉んでも麻衣子が俺を突き放すことはなく、むしろ俺に身を委ねてきた。
その姿は、今思い出してもセクシーでエロいものだった。
まさか美人の麻衣子が旦那もいるのに俺に体を預けている。
俺は麻衣子のシートを倒してパンティを脱がし、生のクリトリスを優しくクンニした。
艶っぽい声を出しながら感じている麻衣子。

「あぁぁ、あはあっぁぁん・・・!気持ちいい・・・あ、あぁぁ・・・」

クンニでエロモードに入った麻衣子は、俺にされるがままに体を熱くしていた。
マン汁を垂らしながらクンニに溺れる麻衣子。

「はぁぁぁ、あぁ、あぁぁぁん・・・!もっと、あぁっぁあ・・・」

クンニの反応がエロすぎる麻衣子に、俺はムスコを挿入したくてたまらなくなった。
その気持ちは自然と行動に出てしまい、俺は車の中で麻衣子とエッチしてしまったのだ。

「キャッ、あんん・・・す、すごい・・・もっと・・・もっと突いてぇ!」

麻衣子は俺の肉棒を味わいながら完全に俺に体を支配されている。
ピストンしながら乳首を弄り、そしてお互いに絶頂に向かっていった。

「ハァァ、アァぁんん・・・ア、アタシ・・・イッちゃう!」

麻衣子の体が仰け反り、乾いた高い声とともに絶頂に達した。
ほぼ同時に俺も麻衣子の中に精子をぶちまけた。
そのままムスコを挿入した状態で、キスをしたりイチャイチャしながら過ごした。
お互いにパートナーがいることを知っていながらのエッチだった。

その麻衣子がたまに開催するホームパーティーがある。
ホームパーティーをするときは、麻衣子の旦那が出張でいない時である。
そこで俺はもちろん、後輩も何人か呼んでお酒を楽しむのだ。
大体いつも呼ばれるメンバーは一緒だ。
その中には社内恋愛をしている若いカップルもいた。
お互い22歳の初々しいカップルだ。
彼女の方は恭子というのだが、背が小さくて可愛い子である。
彼もいい子を見つけたなと思う。

ホームパーティーが進んでいくと、みんなそこそこに酔っ払ってくる。
夜になると次第に帰宅する者が出てくる。
大体残るのはいつも俺とその後輩カップルだった。
1泊してから帰るというのがお決まりのコース。
寝るときは一応男女部屋を別にして雑魚寝なのだが、後輩カップルが先に寝入っているときに、俺と麻衣子は別室でエッチしているわけで・・・。
しっかりシャワーも一緒にしている。

「俺、先に寝ますね」

「うん。アタシはもう少し飲んでから寝るわ」

シャワーが終わって俺と麻衣子は別行動に。
俺が寝室に入ると、恭子の彼氏がいるはずなのだが、なぜかいなかった。
まあ恭子と女子部屋でヨロシクやっているのだろうと思い、気にかけずに毛布をかけて寝る俺。
完全に寝に入ろうとしたときだった。
誰かが部屋に入ってきた。
恭子の彼だろうと思い気にしなかったが、薄っすらと目を開いてみると、暗い中でもシルエットで女性だと分かった。

(ん?麻衣子か?)

最初はそう思ったが、その割には背が低い。
女はおもむろに俺の毛布の中に入ってくると、いきなり股間を弄ってきた。

「なんか先輩たちがいなそうだから来ちゃった・・・」

その声は恭子だった。
俺のパンツに手を入れて手コキをしてくる。
そして毛布の中に入り込み、勃起した俺の肉棒をフェラし始めた。

「先輩たちが来ないうちに・・・ね?」

小さな体で一生懸命にフェラしてくれる恭子。
とても気持ちが良くて、ついさっき麻衣子とのエッチでイッたばかりなのに肉棒が元気になり始めた。

「なんか・・・いつもよりガチガチだよ・・・興奮しているのかな?」

普段は出さない、甘えるような声。
タマをチロチロと舐めながら手コキをしてくれる。
恭子は俺を彼氏だと思っているのだろう。
勘違いに気づいていないのだ。
彼のほうがどこに行ったのかは分からないが、恭子はシャツを捲りあげて胸を出し、フェラだけでなくパイズリまでしてくれた。
恭子の胸は大きくて柔らかかった。
後輩の彼女にパイズリしてもらっていると思うと、さらに興奮度が上がってしまう。

我慢できず、恭子を四つん這いにさせて、バックから挿入した。
フェラしてくれている間に恭子も興奮したのだろう、すでにかなり濡れていた。
ぬるっとムスコが侵入していった。
ピストンをはじめると恭子は声を我慢しながら感じまくっていた。

「ああ、す、すごいぃ・・・!今日は激しいね・・・あふぅんん・・・!」

恭子の淫らな声を初めて聞いて、俺のムスコをさらにカチカチになった。

「あぁ・・・!だ、だめぇぇ・・・!アタシ・・・もうイッちゃいそう・・・!」

恭子のマンコが締り、俺のムスコをがっちりと咥える。
さらにピストンを激しくすると、恭子は絶頂に達した。

「ははぁ・・・!イ、イク・・・!」

俺もパイズリからの挿入で、恭子のマンコに炸裂させた。
恭子は興奮しているのか、まだ俺だと気づいていない。

「先輩たちが戻ってこないうちに帰るね・・・」

恭子はその一言を残して女子部屋に戻っていった。
しばらくするとまた部屋に誰かが入ってきた。
恭子の彼だった。

「お疲れ。どこにいた?」

「あ、先輩。ちょっと飲みすぎちゃってトイレに籠もってました」

「おう、そうか」

言わないほうがいいこともあるだろう。
そのまま俺は就寝した。