姉夫婦に誘われて潮干狩りに行ってきました。
海に到着すると場所取りをして、姉はまだ子供が小さいから砂浜で留守番していると言うので、私と義兄は波が膝下くらいのところまで行って貝を探しはじめました。


夢中になって探しているといつの間にか周りには私と義兄しかいなくなっていて、かなり沖の方まで来ていました。
穿いてきた膝上のグレーのスパッツも濡れはじめ、少しずつ捲りながら貝を探していると、あっという間に股間までびしょ濡れになってしまいました。

こんなこともあろうかと、下着を穿いてこなくてよかったと思いながら貝を探していると、義兄が私の下半身を何度もチラチラと見てきます。
おかしいと思い確認すると、水に濡れたスパッツが透けてしまっていて、パイパンの割れ目がクッキリと露わになっていました。
すごく恥ずかしかったけど、もうどうすることも出来なかったので、そのまま気付かないふりをしました。
しかし、義兄に間近で私の透けたスパッツ越しの割れ目を見られ続けていると、だんだん変な気持ちになってきてしまいました。
逆にもっと義兄に見られたくなり、義兄のいる方向にお尻を突き出して徐々に脚を開いて後ろから透けた割れ目を見てもらったりしました。

エスカレートした私は、もっと目の前で見てもらうために、「ちょうど足の下に貝を見つけたんだけど。流されそうなんで押さえてるから取って」と言いました。
義兄が近づき、私の足元に手を入れて、「この辺」と言いながら私の割れ目の目の前に顔を近づけられた時は、もうドキドキでした。
その後も、ちょうど波で体が揺れた拍子に義兄の鼻先に割れ目をわざと当てて、「あん」と声を漏らしてしまったりしていたら義兄に気付かれていました。

「もしかして感じちゃってる。僕もおかしいと思ったんだよね。前から後ろからこんなにクッキリと割れ目を見せつけてきたりしてくるからさ」

「えっ、そんな・・・。見せつけるなんてことしてないわ。偶然濡れたらこうなっちゃったのよ」

「じゃあここがどうなってるか確かめてみようか?」

「あっダメ、そんなことしちゃ」

義兄は私のスパッツに手を入れて、「すごい。ツルツルなんだね」と言いながらパイパンの割れ目に沿って指を這わせて、ついにオマンコの入り口を探し当てました。

「ほら、こんなにヌルヌルになってるじゃん」

「あっダメ、そこはいつもそうなってるものなのよ。お姉ちゃんに見られちゃうからやめて」

「ここからなら何してるかわからないよ」

「他の人に見られちゃうわ」

「この辺までくればもう誰もいないから大丈夫だよ。ちょっとだけ生でツルツルの割れ目を見せてよ。そしたら偶然ってことにするよ」

「えっ、恥ずかしいわ」

「もうこんなに見られてるんだからちょっとくらいいいだろ」

「本気なの。・・・お姉ちゃんには絶対に内緒だよ」

「もちろんだよ。僕だってまずいし」

「じゃあ、ほんとにちょっとだけだよ」

私はもうどうにでもしてと思いながら、沖の方を向いてスパッツを下ろしました。
義兄は初めて私の生のパイパンの割れ目を目の前にして、「おお!マジすごい。超可愛い。興奮する」と言い、おちんちんを出してしごきだし、私の見ている前であっという間に発射しました。

「2人だけの秘密だよ」と言われ、何事もなかったかのように砂浜に戻っていきました。

戻っている途中・・・。

「今度はセックスしちゃおうよ」

「さすがにお姉ちゃんは裏切れないよ」

「じゃあ写メだけ撮らせて」

「顔なしなら・・・」

義兄は「やった」と無邪気に喜んでいたので、帰ってからお姉ちゃんがお風呂に入っている間に撮らせてあげたら顔も撮られてしまいました。

「顔はダメって言ったのに」

「じゃあセックスさせてくれたら消してあげるよ」

「嘘つき。お姉ちゃんにばらすよ」

「いいよ。これもばらしちゃうから」

「わかったわよ。じゃあ後でね」

帰ってから、なんとか口実をつけて家を出て義兄のところに行くと、義兄は私を見るなりニヤついて、いきなりお風呂に誘われました。
義兄はすぐに裸になり、私の服を1枚ずつ脱がして、ブラまで外されパンティだけになると、「ほんとにいいんだよね?」と言いながらパンティの上から割れ目をなぞりだしました。
私も感じてきてしまい、「あっ。優しくしてね」と言うと、すっかり割れ目に食い込んでしまったパンティをゆっくりと下ろされ、パイパンの割れ目が露わになりました。

2人ともスッポンポンになると、義兄は私を後ろから抱きかかえ、右手で割れ目をなぞりながら左手で乳房を揉みはじめました。
私はもう我慢できなくなり、自分から義兄の硬くなったおちんちんに手を回し、ぎゅっと握って前後にしごくと、割れ目をなぞる義兄の右手も激しくなりました。
割れ目からは蜜が溢れだし、義兄の指先からピチャピチャと音がします。
私はもう立っていられなくなりその場にしゃがみ込むと、目の前にカメラのレンズらしきものが見えました。

「え?まさかビデオを撮ってたりしないよね?」

「そんなことしてないよ」

「それならいいんだけど。なんかレンズみたいなのが見えたから」

「ないない。中に入ろう」

お風呂で、また割れ目をなぞられました。

「あっあん、ダメェ、感じちゃう」

エコーがかかったように喘ぎ声が響くと義兄の指先がまた激しく動き出したので、私も負けじと義兄のおちんちんを激しくしごきました。
私が先にイカされそうになったので、しゃがみ込んで義兄のおちんちんを咥えると口の中でビクンビクンとさらに大きく硬くなりました。
喉の奥まで押し込められ、思わず苦しくなって口から抜くと、義兄はすかさず私を立たせて、片膝を持ち上げるとパイパンの割れ目に大きくなったおちんちんをあてがわれ、割れ目に沿って上下に擦られました。
気持ちよくて喘いでいると、蜜が溢れ出している割れ目にとうとう義兄のおちんちんが入ってしまました。

「やっと繋がったね。すごく気持ちいいよ」

ずんずん奥まで何度も突かれました。

「あっあっ、私もすごく感じちゃう」

もう完全に義兄を受け入れてしまっていました。
片足立ちのままで「あんあん」と激しく喘ぐと、今度は後ろを向かされて、硬くなったおちんちんがさっきよりもヌルヌルの割れ目の奥にすんなり入ってきて、またずんずんと奥まで何度も突かれました。
今度は両手で胸や割れ目も同時に攻められて、「あっすごい、ダメ、イッちゃう」と、あっという間にイカされてしまいました。

優しくキスをされてお風呂から出ると、また写真を撮られてしまいました。

「もうやめてよ」と言いましたが、義兄に「またしようよ」と言われると、頷いている私がいました。