下校途中の道に今は使われていない会社の寮があった。
ちょっとした抜け道があり、ここで悪友たちとよく溜まっていた。
ここならば思う存分に女を犯せると思い、夏休みに友人と計画を立てた。

ターゲットは山◯美樹と、◯本麻美だ。
美樹はバスケ部で160センチくらいのほっそり体型。
髪はツインでかなり可愛く、バストはBカップくらいか。
PCMAX
麻美は髪は肩位まで、バストはBカップくらいで吹奏楽部。
どちらも美少女系で、前から俺たちは狙っていた。

ちょうど夏休み、プールの授業がある午前帰りの日に作戦実行となった。

「ちょっと寮の中を探検しようぜ」

何も知らない2人はホイホイついて来て、友人たち3人としめしめ思っていた。
美樹は体操服姿で、麻美は制服姿だった。
寮の中に入ってしばらくは話をしたりしていたが、友人が「そろそろ遊ぼうぜ」と言った。

「そうだな、じゃあこいつら輪姦すか?」

「いいね、犯ろうぜ」

2人はきょとんとした顔をしたが、俺たちは一気に飛びかかった。

「いやぁーー!!何するのよっ!!!」

美樹が叫んだが、すぐさま友人は唇を塞ぎ、手と足を押さえつけた。
俺は麻美に飛びつき、顔を舐め回した。
美樹は、「ぎゃぁーー!!」と叫んで逃げ惑った。
友人と仲間2人は、「おい、逃げるなって、犯せろよ!」と言いながら美樹を追いかけた。
今、この空間には麻美と俺しかいない。

「いやっ・・・やめて。離して・・・」

大声を上げるわけでもないが、身体をよじらせながら必死に逃れようとしている。
じっくり麻美の身体を舐め回すように見てやった。
柔らかそうな唇、制服から膨らむ胸、柔らかそうな足・・・。
この麻美の身体が俺のものになると思うと興奮を隠せなかった。

その頃、美樹の悲鳴が響いてきた。
後で聞くと、壁際まで追い詰めて3人で押さえ込んだらしい。

「俺たちも始めようぜ」

そう言って震える麻美の胸を揉んだ。
すごく柔らかい弾力だ。

「いや!やめて!!」

手で払いのけようとするが無視して揉みまくった。

「いやぁあーーー!!!!」

再び美樹の悲鳴が聞こえてきた。
これも後で聞いた話だが、体操服を引き裂き、ブラとブルマ姿にしたらしい。
ブラはブルー地にピンクのチェックだったらしい。
俺は麻美の唇を奪い、手を押さえつけて胸を直に触ろうとした。
足をじたばたさせて必死に抵抗している。

「いやっ・・・いやっ・・・」

恐怖に引き攣った顔を見て俺の中で何かが切れた。
麻美の制服を乱暴に引き裂き、スカートを剥ぎ取り、下着姿にした。

「いやぁーー!!やぁぁーーだぁあ!!」

初めて叫び声を出した。
麻美のかばんを漁ってスクール水着を取り出すと、手を思いっきり縛り、スカートの紐を引きちぎり、それで足を縛って身動きが取れないようにしてやった。
そうしておいて美樹のほうを見に行った。
麻美は俺1人で犯したかった。
物陰から見ると、ブラとブルマだけになった美樹が3人から逃げ惑っているところだった。

「いいねぇ、楽しいねぇ」

「最高だぜ」

美樹は大泣きしている。

「いやぁーー!!」

「もうこないでっ!!」

友人はニヤニヤしながら逃げ惑う美樹を見ている。
しかし部屋の隅に追い詰められてもう逃げ場はない。

「おい、観念してやらせろよ」

「早く脱げよ」

「あんたたち、なんなのよっ!!」

いきなり3人は美樹を抱えあげてブラを引きちぎった。
ぷっくりした可愛い胸が出てきた。
なかなかのボリュームだった。

「いやぁー!見ないでぇえっ!!!」

涙を流しながら懇願する美樹。
手で胸を隠そうとじたばたしてるが、脇を抱えられているのでどうしようもない。

「おおーっ、いい胸してるじゃん、いいねぇーー」

歓声が上がる。
同時に2人が美樹の胸に吸い付いた。

「いやぁーーっ!!!変態!気持ち悪いっ!!」

美樹が蹴りを入れようとしてきて、それにキレた友人がブルマの上から美樹のアソコを触った。

「ヌレヌレじゃんかよ、お前」

「俺が生で触ってやる」

ブルマを一気に引きずり下ろし、毛の生た美樹のアソコを舐め回した。

「いやぁーあーー!!お願い、許してぇ・・・」

美樹を地面に下ろし、3人がかりで胸やアソコ、そして体中を触っている。
すごい姿になっている優等生の美樹に俺は興奮した。
麻美の方に戻ると、手首の水着が外れていて必死に逃げようとしていた。
足は外せなかったらしい。

「おい、美樹を置いて帰るのかよ、楽しみはこれからだぜ」

麻美は怯えた顔でこちらを見ている。
グレーのブラとパンツ姿で後ずさりしている麻美の髪を引っ張ってやった。

「痛い!お願いだから許して・・・」

懇願する麻美。
俺は手を離して麻美の身体を自由にしてやり、「言うこと聞けば帰してやる」と言い、俺は自分のモノを出した。

「これをしゃぶれば、後はなんもしねえよ」

でも麻美は、「許して・・・」としか言わない。
向こうから美樹の叫び声が響いてくる。

「じゃあ、お前も美樹と同じことしてやるよ」

麻美のブラを剥ぎ取り、押し倒して胸を舐め回した。

「いやぁあ!!やめてぇえ・・・」

美樹よりも大きくて柔らかい。
パンツの中にてを突っ込み、麻美のアソコを探ると暴れ始めた。

「ごめんなさい・・・許してぇ・・・」

口では言うがヌレヌレだ。
俺は麻美を抱き起こし、無理やり口の中にねじ込んだ。

「んうぐう!!ぐう!!」

麻美の目から涙が流れた。
麻美の口の中は温かくて気持ちよかった。
頭を掴んで首を無理やり揺り動かすと、うめき声を上げながら咥えている。
吐き出そうとしているが、俺が思いっきり首を掴んでいるので無駄な抵抗だ。
かなり気持ちいい。

「しゃぶれよ!」

首を振って抵抗する。
仕方がないので、また無理やり首を上下させた。
すると、隙きを突いて逃げようとしたので、パンツを掴んで引きずり下ろし、指を穴に挿してやった。

「ぎゃぁーーー!!いたぁいい!!出してぇえ!!」

麻美の大声が響いた。
俺はそのまま麻美を抱え込み、俺のモノを一気に刺した。

「いたぁいい!!!ぎゃぁあー!!」

悲鳴が上がり、血が流れ落ちてきた。

「丁寧に扱ってやろうとしたのに、お前が反抗するから悪いんだろ」

胸を揉みながら腰を動かしていると、すぐに射精しそうになった。

「中に出すぞ」

「それだけはいやぁーーー!!」

「じゃあ、言うことを聞くのかよ!」

「聞くから・・・」

中出しは許してやり、背中に大量にかけてやった。
麻美は脱力状態で動けない状態。

「しっかりしゃぶってきれいにしてくれ」

麻美は大人しくしゃぶり始めた。
やはり強制とは違って気持ちいい。
下手くそだが、命令に従う麻美はとても可愛い。
さっきの麻美の悲鳴を聞いて友人たちがこっちに来たが、無視してフェラさせた。
この状況を見ればわかるだろう。

「ち、俺も麻美とやりたかったのに2番目かよ」

友人は麻美の腰を持ち、一気に貫いた。

「うーー!!!!」と声を出す麻美。

「あっちの女見てこいよ、面白いぜ」

麻美の口に出した後、美樹の方へ行くことにした。
美樹は全裸状態で身体を固定されて、2人に全身を弄ばれていた。

「こいつ、処女じゃなかったんだよ」

どうやら白状させたらしい。
美樹の尻の下は大量の液で濡れていた。

「こいつのしょんべん(笑)」

美樹はもう無抵抗でなすがままになっている。
友人2人は交互に美樹の口とアソコで楽しんでいた。
俺は美樹の胸をいただいた。
麻美とは違う弾力、これもいい。
こうして俺たちは何時間も代わる代わる、飽きるまで2人を犯し続けた。