兄は女装コスプレイヤーです。
『初◯ミク』、『Re:ゼ◯』、『艦◯れ』、『東◯プロジェクト』、『◯ヴァ』・・・などなど、服やカツラを持っていて、コスイベントや撮影会にしょっちゅう行っています。
両親も半ば公認です。

「もう変なビョーキだから放っておきましょう」という感じです。
PCMAX

家でもコスプレして、自分に披露してくれる時があります。

「仕上がりはどう?」
「ほわわ、可愛いー」

「もっと真面目にダメ出ししてくれよー」
「ほわわ・・・」

「・・・」
「兄さんって普通の女性の格好はしないの?」

「ん?するよ。オフ会用の衣装もあるよ」
「・・・?」

「イベントの打ち上げで居酒屋に行く時の衣装だよ」
「・・・?」

「見たい?」
「・・・み、見たい」

兄は着ていたコスをスルスルと脱ぎ始めました。
兄とは言え、白くてツルツルの身体と、白い下着にはドキドキしました。
兄はクローゼットから薄いブルーのワンピースを出してスルッと着て。
白いニーハイのソックスを履いて。
サクッとショートのブラウンのウィッグに被り直しました。
チョーカーとイヤリングも慣れた手付きで着けていました。

「どう?」
「ほわわ・・・可愛い」

「いひひ、思い知ったかー!」
「・・・オフ会って何するの?やっぱりオフパコ?」

「なんでオフパコなんて言葉を知ってるんだよ!」
「だってー・・・、女装レイヤーって、必ずオフパコって言うし」

オフパコって言うのは、オフ会でセックスするという意味です。
兄はニヤッと笑って言いました。

「そうだよー、毎回毎回オフパコしてるんだよー!」
「えええー!」

「こんな兄さんじゃ嫌か?」
「そうじゃないけど・・・」

「なら決まったね!」

そう言うと兄は部屋の電気を薄暗くしました。

「知ってたよ、着替えの時から勃起してたんだろ?」

「だってー、可愛いし・・・」

「素直でよろしい!」

兄は顔を寄せてきました。
薄暗い中で唇と唇が合わさりました。
苦しさと、いい香りと、気持ち良さが混じって、ぼうっとして・・・。

「自分で脱いで、勃ってるの見せてみな」

ちょっと恥ずかしいけど、パンツとズボンをガサッと下ろしました。

「おー、大きさは合格だね」

「は、恥ずかしいな・・・」

「じゃ、この皮が被ったままのを・・・」

兄は自分のオチンチンをパクっと咥えてくれました。
唇で、ゆっくり包皮を剥いてくれて、舌で裏筋を舐めてくれました。
一見、清楚なワンピースを着たブラウンショートカットの娘が、いやらしい口で自分のチンポをフェラしている。
それだけで兄弟であることを忘れて、高まってしまいました。

「あっ、もう・・・」

すると兄は、『大丈夫だよ』という合図を目で送ってきました。
それが分かった次の瞬間、射精してしまいました。
自分の兄の口だって分かってたけど抑えられません。
ダムが決壊するように全部出し切ってしまいました。
兄は、「ん、んんん」って言って、またゆっくり頭を前後して尿道に残っているのも全部、舌と唇でしごき出してくれました。
そして、「ん、んーーー」と上を向いて、ゴクッと飲み干しました。

「え、飲んじゃうの?」
「んー?慣れたら普通だね」

「・・・」
「顔に口紅がべったりついてるからな!」

「えっ」
「ほれタオル、これは洗顔ジェル」

「えっ」
「これで父さん母さんにばれないように風呂で洗ってきな」

「えっ、えっ」
「俺は、後で洗うから」

「・・・」
「分かった!一緒にお風呂で洗ってやるって!」

お風呂場では、化粧を落とした兄と、石鹸プレイで2回戦をするのです。
もう彼女なんていなくてもいいってくらい、兄とのホモセックスにハマってます。