中1の夏休み。
萌ちゃんが、「家に遊びに来て」と言うので行ってみた。
電話で鼻息が荒い時は、萌ちゃんがだいたいエッチなこと考えている時だった。

「いらっしゃーい」

萌ちゃんが嬉しそうに僕を部屋の中に招いた。
PCMAX

「どうしたの?急に」
「うん、パパもママも出かけたから呼んだの」

「またエッチなこと考えてんの?」
「え?なんでわかるのー?」

「だって他にないじゃん」
「他にないって・・・そんなことないと思うけどなあ」

「今日は何?」
「これ、観ようかなと思って」

「それ何?」
「エッチなビデオ」

萌ちゃんの手にはVHSのビデオがあった。
もうDVDが主流だったがビデオがまだ少し残っていた頃。

「恥ずかしいからカーテン閉めるね」

萌ちゃんの部屋にはビデオとテレビの一体型のがあって、それにビデオをセットした。
かなり古そうな装置だったが、ビデオが再生された。

「そのビデオ、萌ちゃんの?」
「ううん、パパの部屋から見つけちゃった」

「あ、前にキスした時に言ってた『パパの変なやつ』ってそれ?」
「うん、パパがいない時にずっと探してたんだけど見つからなくて」

「どこにあったの?」
「クローゼットの中だった。隠し場所を変えたみたい」

「よく見つけるなあ。で、それを観るの?」
「うん、一緒に観よ。最初まで巻き戻さなきゃ」

僕と萌ちゃんは床に並んで腰を下ろした。
2人仲良く体育座りでビデオ鑑賞を始めた。
巻き戻しが終わると部屋の中がシーンとなった。
外からセミの鳴く声が聞こえてくる。
タイトルのようなものが映ったあと、キレイな女性が部屋に入ってきた。
なんかインタビューを受けている。
「経験人数は?」とか「1人でいる時は何してんの?」とか聞いている。
全然面白くない。

「萌ちゃん、早送りしようよ」

萌ちゃんは目をギラギラさせて無言で観入っている。
僕の言葉が聞こえていないようだ。
僕も仕方ないのでそのまま画面を観た。
やがて、やたら筋肉質の男性が出てきた。
女性と濃厚なキスをしだした。

「あ、ホントだ・・・舌がチラチラ見えるね」
「ね、大人のキスって舌と舌を絡めてるでしょ」

「ふーん、大人ってこんなふうにキスするんだ」
「ここまで観て、お父さんの机の中に戻しておいたの」

「それで気づかれちゃったんだ。パパになんか言われた?」
「なんかね・・・よそよそしかった」

男性は女性の後ろにまわり、服の上から胸を揉みだした。
萌ちゃんの喉がゴクリと鳴った。
男性が女性の服を脱がせ始めた。
女性が下着だけの姿になった。
やがて女性の胸が露わになった。
ブルンとした大きなおっぱいが画面に映った。
途端に僕の鼻息が荒くなった。

「雄太君、興奮してんの?」

僕はつい萌ちゃんの胸を見てしまった。

「こら、見比べないの」

「・・・」

僕は萌ちゃんに軽く頭を叩かれた。

「あの女の人、すごい胸がおっきいね」

「うーん・・・でも萌ちゃんのおっぱいの方が可愛いよ」

女性のは大きいけど乳輪が黒っぽくて萌ちゃんのに比べると品がないように見えた。
男性は女性の下着をすべて脱がそうとしている。
僕と萌ちゃんの喉が同時にゴクリと鳴った。
女性の股間のところにモザイクが現れた。

「これってモザイクっていうやつ?」
「うん、たぶん・・・。雄太君ってこういうの観るの初めて?」

「うん。萌ちゃんは?」
「私も。さっきのとこまで観てやめちゃったから」

「そういえばなんで観るのやめたの?」
「パパが帰って来ちゃったの。だから慌てて机の中に戻したの」

男性が女性の足を開いた。

「なんか黒っぽいね」
「萌ちゃんのは全然黒くないよね。大人になると黒くなるのかな?」

「でもモザイクがあるからよくわかんないよね」
「うん、ママのは毛が多いから黒っぽく見える時があるよ」

「え?見たことあるの?」
「お風呂でね」

「そんなこと見てんだ・・・」
「別にそこばっかり見てるわけじゃないけど」

男性が女性の股間を舐め始めた。

「いやあん、舐めてる」

「え?そんなことするんだ」

萌ちゃんが太ももをすり合わせ始めた。

「女性って舐められるの好きなの?」
「わかんない。私まだそんなことされたことないもん」

「だってオシッコの出るところでしょ」
「うん・・・雄太君は私のアソコ、舐めることできる?」

「ううん、わかんない。けど・・・萌ちゃんのだったら大丈夫・・・かな」
「ホント?なんか嬉しい」

男性が全裸になった。
股間にモザイクがかかった。

「うわ、すごいでっかい」
「ホントだ。なんかぼんやり光ってるよ」

「黒っぽくって恐ーい・・・あれに比べたら私、雄太君の方がいい」
「僕も大人になったらああなるのかあ・・・」

やがて、女性の頭が男性の下半身の方に行き、お互いの性器を舐め始めた。

「いやあん、なんかこれすごおい」

「萌ちゃん、顔が真っ赤だよ。大丈夫?」

萌ちゃんは太ももの間に両手を挟むような体勢になった。
僕も無性に股間を触りたくなってきた。
萌ちゃんの息がさらに荒くなってきた。
僕の喉はカラカラだった。

「萌ちゃん、汗かいてるよ」
「え?え?そう?いやだあ」

「背中も」
「ちょ、ちょっと暑いね。エアコンの温度下げようか」

「え?これ以上温度を下げたら寒いよ」
「そ?そう?じゃあこのままにしとこうか」

珍しく萌ちゃんが取り乱していた。
そして、男性が女性の中に挿入。

「あれがセックスなんだね」

「あ・・・女の人、気持ちよさそう」

体位を変えてバックへ。
女性は四つん這いになっている。

「え?あんな格好でやるの?」

「いやあん、すごおい」

そして男性がフィニッシュ。
ネバネバしたモノを女性の顔へかけた。

「いやあん、顔にかけたあ」
「あの女の人、笑ってるよ。あんなものかけられて嬉しいの?」

「すごいたくさん出たみたいだね」
「僕はいつになったらあれが出るんだろう」

「早く出るといいね」
「早く出た方がいいのかなあ」

萌ちゃんが僕の股間を見た。

「やっぱりおっきくなってるね」
「そりゃあ、こんなの観たらそうなるって」

「すごく窮屈そう。痛くないの?」
「うん、別に痛くはないけど・・・窮屈なのは窮屈かな」

「脱いじゃえば?」
「ん・・・別にこのままでいいけど・・・」

シーンが変わった。
さっきの女性が部屋に1人でいる。
そして、「オナニーをします」と言った。
自分で服を脱ぎだし、おっぱいを揉みだした。

「これ、恥ずかしくないのかなあ」

「いやーん、恥ずかしいわよ。観てる方が恥ずかしいもん」

徐々に女性の口から声が漏れ始める。
女性が下着を脱いで股を広げた。
局部がアップになった。
モザイク処理をしているとはいえ、なんとなく形や色がわかる。
その部分を自分で触りだした。
女性の声が大きくなった。
萌ちゃんがさっきから横でモゾモゾしている。

「すごい気持ちよさそうだね。萌ちゃんもあんなことやるの?」
「え?私?私は・・・その・・・」

「萌ちゃんって大人っぽいからしてても不思議じゃないよね」
「え?いやあん、私は・・・しないわよ」

「ホント?全然しないの?」
「いや、全然しないってことは・・・」

「萌ちゃん・・・汗・・・」
「え?そ、そんなにかいてる?」

「拭いてあげるようか?タオルないの?」
「き、気にしなくっていいよ」

「あっあっ、萌ちゃんあれ何?」
「え?どれ?」

女性がローターを持ち出した。

「あのピンク色のやつ、なんだ?知ってる?」

「なんだろう?見たことないけど」

僕らはまだローターを知らなかった。
女性はそれを股間に押し付けて、さらに悶え始めた。

「あれ、気持ちいいの?」
「ブーンって言ってるね。ビリビリくるのかなあ」

「萌ちゃん、買ってみてよ」
「いやん、どこに売ってんのか知らないもん」

横で萌ちゃんが時々モゾモゾやりだすので気になってしょうがない。
やがて画面の女性の体がビクビクっとなった。

「ねえ萌ちゃん、あれ何?」
「イッちゃったんじゃない?」

「え?あれがイッちゃったってことなの?」
「うん・・・まあ」

「どんな感じ?」
「え?よ、よくわかんない・・・けど」

「ホント?」
「う・・・うん・・・」

「萌ちゃんなら大人っぽいからあんなふうにイケるかもよ」
「いやーん、恥ずかしい」

またシーンが変わった。
今度はその女性の周りに2人の男性がいる。

「男の人が増えたね」

「もしかして3人でするのかなあ」

1人の男性が女性を羽交い絞めにし、もう1人の男性が女性に体を触り始めた。

「やあん、なんかこれすごおい」

萌ちゃんは身を乗り出して見ている。
女性は体の動きを封じられているのに、とても気持ちよさそうにしている。

「なんかこれ、すごいドキドキしちゃう。どうしよう・・・」

萌ちゃんの食いつきがすごかった。
どんどん前に出て行って画面に近づいて行く。
僕はビデオより萌ちゃんの反応の方が楽しかった。
女性は下着を脱がされ、アソコを舐められている。
上半身はもう1人が動けなくしているので下半身だけがクネクネ動く。

「やあああん、どうしよう。変な気持ち。ひやあ・・・ひあ、ひゃあ」

「萌ちゃん、大丈夫?すごい汗だよ」

僕は萌ちゃんの方が心配になった。
女性のアソコに指を突っ込んで出し入れしている。
出し入れの速度が速くなると、なんか液体のようなものがたくさん噴き出てきた。

「あれ?オシッコ漏らしたの?」

「いやあん、わかんない。でも黄色くないね」

ふと萌ちゃんを見ると、盛んに股間を触っている。

「萌ちゃん、さっきの女の人と同じことやってんの?」
「え?そ、そんなことないよ」

「だって、今・・・」
「なんでもないよ。ちょっとね・・・」

「イキたかったんじゃないの?」
「そんなことないよ」

「僕に気にしないでしていいよ」
「そ、そんなんじゃないから・・・」

羽交い絞めにされている男性におっぱいを揉まれ、正面にいる男性がセックスを始めた。

「すごおい、2人にされてるのってこんなにすごいんだ」

「なんかいじめられてるみたいで可哀想だよ」

もう1人の男性が場所を変え、股間のモノを女性に咥えさせた。

「あの女性、大変そう」

「・・・」

セックスしている男性がまた女性の顔に精液をかけた。

「あ、またかけた」

「ベタベタして気持ち悪くないのかなあ」

もう1人の男性も女性アソコに硬くなったモノを挿入した。
また女性は悶え始める。
その男性はガンガン突いている。

「こっちの人、動きがすごいね」
「あの女の人、痛くないのかなあ?」

「でも気持ちよさそう・・・」
「今、『そんなにされたら壊れちゃう~』って言ったよね」

その男性も続けて女性の顔に精液をかけた。

「あれを女の人の中で出すと赤ちゃんができちゃうんだよね」
「そうそう。雄太君もあれが出るようになったら気をつけてね」

「いつになるかわからないけど僕、初めては萌ちゃんとしたいな」
「私も」

ビデオが終わったらしく画面が真っ暗になった。

「すごかったね」

「うん、なんか今、すごい変な気持ち」

萌ちゃんは立ちあがろうとしてよろめいた。

「あっ、大丈夫?」

僕が差し出した手がうっかり萌ちゃんの胸を掴んでしまった。

「あ、ご、ゴメン!!」
「あ、いや・・・大丈夫・・・」

「・・・」
「・・・」

「萌ちゃん、どうしたの?モジモジして。おしっこ?」
「ううん、違う。違うよ。あ、雄太君、もう夕方だけど帰らなくていいの?」

「そうだね。じゃあ帰ろうかな・・・」

なんか萌ちゃんに追い出されるようにして僕は家に帰った。
夕日が眩しかった。
僕は萌ちゃんに手を振ろうと思って振り返った。
しばらく待っても萌ちゃんの部屋はカーテンが閉まったままだった。

翌朝、僕は股間に異変を感じて目が覚めた。
パンツの中を見ると、昨日男性が出していたものと同じネバネバが大量に付着していた。

<続く>