最近、私は痴漢にハマっている。
される方ではなくする方で、要するに私は痴女だ。

きっかけは2ヶ月前の朝の通勤ラッシュだった。
いつものように混み合う車内。
押された拍子に前に立っていた男子高校生の脚の間に私の右太ももが挟まってしまい、気まずい空気が流れる。
PCMAX
お互い身体をズラそうとするが身動きがとれない。
しかも下手に動いたせいで擦り合わせるような形になってしまい、男の子のモノがどんどん硬くなってきた。
ますます気まずい空気が流れる。

(まぁ、わざとじゃないし、若いから仕方がないか)と諦める私。

男の子は困ったような怒ったような顔をして俯いている。
耳が赤くなっている。

(もしかして、唇が震えてる?・・・カ、カワイイ!)

なんだろう、このもっと苦しそうな顔を見たいと虐めたくなる気持ちは・・・。
私ってSだったっけ?
そんなことを考えながら密着した状態が3駅続いた。
電車を降りて会社に向かう間も、会社に着いて仕事をしている間も、朝の出来事が頭から離れない。
太ももに残る感触と男の子の顔を思い出してはショーツを濡らす始末。

我慢出来なくてトイレに向かう。
会社でオナニーをするのは初めてだ。
便座に座り、ショーツの中に手を入れるとかなりヌレヌレで、すんなりと指が入る。
スカートからブラウスの裾を引き出し、下から手を入れて胸を揉む。
ブラを下げ、指で乳首をコリコリと弄る。

誰かが入って来た!

息を止め、指を入れたまま動きを止める。
数分経ち、また1人になる。
ホッと息をつき、動きを再開する。
中ではイケそうもないので、クリトリスを触ることにする。
たっぷりとマン汁をクリトリスに塗り付けて弄る。
30秒とかからずに気持ち良くなってくる。

「・・・あっ、あっ・・・ぅん・・・」

私は身体が静まるのを待ち、ついでにオシッコをしてビデで念入りにキレイにしてから個室を出た。
トイレを出てすぐに男性社員とすれ違い、ドキドキしてしまった。
結局、その日は仕事が手に付かず、定時ですぐ帰った。

帰りの電車も混んでいて、男性と接触するたびに変な気持ちになる。
家に帰ってからも着替えもそこそこに、通販で買ったバイブを取り出し、疼く身体を慰める。
男と別れて1年、欲求不満が溜まっているのかと少し鬱になる。

あの日以来、電車に乗ると意識するようになり、初めのうちはそんなことしちゃいけないと自分に言い聞かせていたが、あのドキドキする感覚が忘れられなくて、偶然を装って身体を押し付ける行為をするようになってしまった。
相手の反応は色々だ。
まず、驚いて身体が固まるのは女性と同じだ。
ただ、逃げはしない。
押し付けられた胸やお尻の感触を愉しんでいるような人が多い。
当然、触ってくる男もいる。
大抵はオジサンだ。
それはそれで興奮するが、私はどちらかと言うと、きっかけとなった男子高校生のように恥ずかしそうに耐える姿にそそられるので、大人しそうな年下の男を狙っている。

そして今、私は帰りの電車の中にいて、目を付けた男性のすぐ後ろに立っている。
20歳ぐらいの眼鏡をかけた知的な風貌の男性で、手すりに寄りかかりながら今時珍しく文庫本を読んでいる。
こういう冷静沈着なタイプがどういう反応を見せるのか興味がある。

あっ、やだ・・・想像していたら濡れてきた。
生理前で敏感になっているかもしれない。
乳首もさっきから生地に擦られて勃っている。
実は前々からノーブラの胸を押し付けてみたくて、今日は駅のトイレでブラを外してきた。
ジャケットの下に着ているのは薄手の白いブラウスだけだ。

次の駅に停車し、沢山の人が乗り込んできた。
男は読むのをやめ、ジーンズの後ろのポケットに本を仕舞っている。
私は周りを窺いながらジャケットのボタンをそっと外し、前を広げ、男の背中に胸を押し付けていく。
すぐにビクンと反応があり、男が気付いたのが分かる。
じっとして全神経を背中に集めて、私の胸の感触を確かめているようだ。
私の後ろには太ったオバサンがいて、ぐいぐいと押してくるので、男と私は隙間無く密着している。
しかもノーブラで薄手の生地だ。
ほとんど裸で抱き付いているような感じ。
乳首が硬くなっているのが男にバレているのかと思うと余計興奮する。
男は後ろを向こうとしているのか、身体をもぞもぞさせている。
でも混んでいて無理。

と、その時!
誰かに右の手首を掴まれる。

(えっ!?えっ!?)

パニクっているうちに前の方に引っ張られる。
眼鏡の男だ。
その手を男の股間にあてがわれ、男の手が上から押し付けてくる。
男は見かけによらず積極的なタイプだったらしい。
今までも股間を触ったことはあるが、たまたま手がぶつかってしまいましたという感じで、こんな風にあからさまに触ったことはない。
しかも、誘導されて・・・。

久しぶりに触る感触に悩ましい気持ちになる。
男の背中が大きく上下し、興奮しているのが伝わる。
私は憑かれたように手を動かしていく。
ジーンズの上から男のモノを手で包み込み、そっと動かす。
形を確認するように、ゆっくりと指でなぞっていく。

手の中で大きくなってきたモノをもっと感じたくて、ジーンズのボタンを外していると、頬の辺りに痛い視線を感じる。
感じた方に顔を向けると、手すりのすぐ横に座っている坊主頭の若い男と目が合った。
愛嬌のある顔立ちで、吃驚しながらも面白そうに私や眼鏡の男、そして股間を触っている手をせわしなく見ている。

我に返った私は素早く手を引く。
気が付くと私が降りる駅が近づいている。
なぜか、助かったとホッとする私。

男の脇を通って降りる時、チラリと顔を見る。
私が中途半端に止めたせいか、すごく辛そうな表情だ。
目が『許さないぞ』と怒っている。
私はうろたえながらも、こういう顔が見たかったと満足し、他の乗客に紛れてそそくさと電車を降りた。

小走りで改札を抜け、駅から歩いて7分の所にある家に帰る。
4階建ての古いマンションで、出入りは外に付けられた鉄の螺旋階段を使う。
今日は急いだのでいつもより早く着いた。
息が切れたので、階段の手すりに掴まり少し休む。

あー、びっくりした。
手を掴まれた時は、痴女だと警察に突き出されるのかと思った。

(でも、あんな風に触ったのって初めて・・・)

身体の奥がモヤモヤといつも以上に疼く。
火照った肌に当たる夜風が気持ちいい。

ふと駅からの道を振り返ると10数メートル先にいる2人の男が見える。
(あれ?)と思ったのと、その2人組みがこちらに向かって走り出したのが同時だった。

(もしかして眼鏡の男・・・?!でも、なんで2人?)

そんなことを考えている場合ではない。
私は慌てて階段を上り、3階にある部屋に向かう。

「早く!こっちだ!!」

男の声が階下から聞こえてくる。
私は廊下を走り部屋の前へ。
バッグを開けて鍵を探す。
こんな時に限ってなかなか見つからない。

早くしなくちゃ、捕まっちゃう!
あぁ、やっと鍵が見つかった!!

カンカンカンと階段を駆け上ってくる音がする。
手が震えて鍵穴にうまく入らない。
普段だったら目を瞑ってたって出来るのに・・・泣きたくなる。
男達が廊下に現れる。
やっと鍵が開いた。
バタバタという足音を聞きながらドアを開け、身体を中に滑り込ませる。
ドアを閉め、鍵を掛けようとした瞬間!
思い切りドアを引っ張られ、勢いで私は外に出てしまう。

「残念でした~。アウト~!」

陽気な声が廊下に響く。
見ると手すりの横に座っていた坊主頭の男だ。
そしてもう1人は、やはり眼鏡の男だった。
2人は仲間だったのか・・・。

「た、たす・・・」

大声を出そうとした私の口を眼鏡の男が手で塞ぐ。
後ろから腕をまわして引きずるように部屋に入れられる。
部屋に入ってからも眼鏡男に腕をまわされたまま引きずられ、ダイニングキッチンのテーブルにぶつかって止まる。
途中でバッグは玄関に落ち、靴は脱げてその辺に転がっている。
後から入って来た坊主頭が素早くドアを閉め鍵を掛ける。
そしてスイッチを探り部屋の電気を点け、ニヤニヤしながらこちらに近づいてきた。

<続く>