去年の夏、私は、友人夫婦の家に泊まりに行きました。
お酒も終わって、友人夫婦は寝室へ。
私は隣の客間でした。

しばらくすると、小声で「だめっ」って、友達の声が聞こえました。
隣の部屋とは仕切り戸の襖だけですから、どうしても聞こえます。
ベッドのきしみとかで、2人の身体が動いている気配がしました。
私は、まさかと思いながら耳をそばだてました。
PCMAX

チュッというキスの音が響きました。
それが何度も続いて、ベッドが大きくきしみました。
そして突然、「あんっ」という友人の甘い声が聞こえたかと思うと、ペタペタと肌の当たる音が・・・。
私は暗い中で目をぱっちり開けて襖を見つめました。
2人のセックスは、だんだんと激しくなっているようでした。
私に遠慮して声を殺しているのですが、息遣いが荒くなっていくのです。
それは、とても長く続いていたように思います。
他人のそういうのを聞いたのは初めてのことです。

2人が静かになったとき、私はもう変になりそうでした。
気を落ち着かせようとしても、身体がズキズキして、自然に震えてくるのです。
2人が寝静まってから十分に時間を置いて、私はそっと部屋を出てトイレに行きました。
トイレに入って、やっと深呼吸することができました。
ショーツはしっかり冷たくなっていて、下ろすと凄い状態になってました。
ウォシュレットを少し当てると声が出そうになって、余計に生殺しになりそうでした。

しばらくして私がトイレを出ると、なんとそこに旦那さんがいたのです。
びっくりしました。
私は濡れたショーツを脱いでいて、ロングTシャツ1枚でした。
旦那さんは私の前に寄ってきて、「大丈夫?」と小声で言いました。
私は手に持ったショーツを隠しながら、返事もできずに突っ立っていました。
彼は私の髪を撫でながら、そっと抱き締めるように引っ付いてきました。
そのとき私の下腹に、熱い硬いモノが当たりました。
その瞬間、アソコが新たに濡れてくるのを感じました。

彼の手が私のお尻に下りてきて、さらに抱き寄せられました。
熱い棒が強く押し付けられ、私はクラクラしました。
彼の胸に包まれるようにして、どうしていいかわからず、ただじっとしていました。

彼は自分のパジャマを下げてオチンチンを出しました。
私はその大きさと形に目が釘付けになりました。
彼は私のTシャツをたくし上げると少し屈んで、その大きなモノを私の内腿の間に・・・。
彼は私のお尻の方から手をまわして位置を定めていました。
私のアソコが割られて、お汁が出てくるのがわかりました。

そのときになって、やっと私は、「いや・・・やめて・・・」と小声で言いました。

彼は、「大丈夫だよ。内緒にしとくから」と言いました。

彼が私の腰を強く掴むと、次の瞬間、私のアソコがぐいっと広がりました。
私は呼吸困難になったみたいに、はぁはぁと息を乱しながら、立ったまま、太いモノをめりめりと入れられました。
そのまま彼は私を貫いたまま、抱き抱えるようにしてトイレに入ってドアを閉めました。
彼は私の背中を壁に押し付けながら両方の膝を持ち上げました。
少しアレが引き抜かれたかと思うと、今度は深く突っ込まれました。
お腹が痙攣しそうでした。
声を殺すのに必死でした。
もし暴れて、友人が起きたら大変なことになります。

彼は、ゆっくりと何度も私を串刺しにしました。
あまりの太さと長さに、私は叫びそうになりながら何度もイキました。
1年半ぶりの男でした。
ズボッといやらしい音をさせて抜かれると、私は脚を下ろされ、オチンチンを口に含まされました。
先っぽしか口に入りません。
熱い精子の匂いに頭の中は真っ白になりました・・・。

ふらふらになって私は客間に戻されました。
手には握り締めてくちゃくちゃになったショーツがありました。

翌朝は2人の顔が見れませんでした。
彼は奥さんに見られないように、こっそり私に携帯番号をくれました。

「また、やろうね」と言われましたが、「私、なんか眠かったので、よく覚えていない」とか、わけのわからない返事をするだけで精一杯でした。

その1週間後、1回だけということで、なかば無理やりホテルに連れ込まれました。
そして犯されるような激しいセックスをされました。

その後、彼は転勤になり会っていません。
友達に悪いから、これで良かったと思っています。
でも、どうしても思い出してしまいます。
彼女は、いつもあんなセックスをしているのかと思うと・・・。
そして、それを友人の私が知っているというのは、なんだか変な気分です。