30代のタカです。
オレの会社は上層部がみんな身内の同族会社で、毎年取引先との研修会と称して温泉で宴会を催します。
会長をはじめ、上層部は奥様同伴でやってきます。
PCMAX

今年もそうでした。
夜の大宴会が終わり、みんな2次会へと繰り出しました。
でもオレは仕事の疲れと酒で具合が悪くなり、部屋で1人で寝てましたが、23時頃に目が覚めました。
ちょっと回復したので温泉風呂へ1人で行きました。
部屋の連中はまだ帰ってきていません。

部屋のドアを開けた時、女の人が通りました。
なかなか浴衣が似合う良い女と思ったら、社長の奥さんでした。
年はオレと同い年と聞いてました。
松下奈緒似で、洋服しか見たことがなかったので、浴衣はそそられました。
エレベーターで一緒になりました。

「2次会は?」
「宴会で悪酔いしちゃって、部屋で寝てました」

「あら、大丈夫ですか?」
「おかげさまで、良くなりました」

エレベーターで展望大浴場へ向かいました。
エレベーターから降りると、奥さんが何かに躓いて転びそうになり、すかさず後ろから抱きとめました。
その時、胸元がちょっと肌蹴てオッパイが見えました。
ノーブラです。

「大丈夫ですか?」

「ありがとうございます」

肌蹴た胸に大欲情してしまいました。
助けるふりして、奥さんの手を引いて壁に押し付けると無理やりキスしました。

「ムヴッ、ンンン!ちょっ、何するんですか!?」

また口を塞ぐ。

「むぐぐ・・・んんんっんん・・・!しゅ、主人に言いますよ!いい加減にして下さい!」

オレはお構いなしに奥さんを引っ張り、休憩所のソファーへ座らせ、M字開脚で浴衣を捲り上げ、顔を埋める。

「きゃー!!いやいやいや、ちょっと何するの!やめてぇぇぇー!!」

口調とは裏腹に奥さんのオマンコは愛汁が溢れていた。

「奥さん、お汁が湧き出ているんですけど?」

形の良いオッパイを揉みしだき、これでもかとオマンコを舐めまくる。

「うぉ、ぐうっ!」

腹に蹴りが飛んできた。
奥さんが満身の力を込めて蹴りを入れてきて、オレはもんどりうった!

「いってえぇ!」

奥さんには隙を見て逃げられた。
旦那に喋られたら一発クビだな・・・。

結局、翌朝まで眠ることができなかった。

みんなイビキをかいて寝ている早朝、また風呂へ行った。
2基のエレベーターからほぼ同時で奥さんが降りてきた。

「あ、あ、お、おはようございます」

まるで汚いものでも見るような目で見られた。

「昨夜のことは私の胸へしまって誰にも言いません。もし誰かに見られたらと思うと・・・」

その言い方がオレを滾らせた。
オレは奥さんを後ろ向きにして、昨夜のソファーの背もたれに手をつかせると、浴衣を捲り上げ、ショーツを脱がし、朝立ちしてるチンポを挿入した。

「ちょっちょっと!いやいやいや、何してるの!?もう、さっきの話!いやーイヤー!!」

またもや奥さんは濡れていた。
オレは1度チンポを抜き、オマンコを大きく広げ、舐め回す。

「ちょっと、いやっ!」

指でクリトリスを刺激する。

「ィィィイイイイーーーーッッッ!ィイックーーー!!」

イッてしまってフラフラの奥さんを布団部屋まで連れて行き、仰向けにして、半開きの口にチンポをねじ込んだ。

「あぁぁ・・・ふおっきいぃぃ~」

涎が滴り落ちてきます。

「オレのこと待ってたんでしょ?」

奥さんは恥ずかしそうに頷いた。
昨夜、社長が帰ってきて誘ったが、ベロベロ酔っていて、それどころではなかったらしい。
一晩中悶々としていて、もしかしたらまた逢えるかと思っていたと言う。

「じゃ、僕がいっぱい気持ちよくしてあげます」

奥さんはすごい嬉しそうな顔をした。
体中を愛撫し、丁寧に舐めた。
奥さんも愛おしくフェラチオしてくれました。
今度は優しく挿入し、力強くピストンした。

「アッアッアッ、イッイッイッイッ、ヒイィィィイッき、き、キモチィィィイッイイイーーーイッッグウゥゥアッアッアッ!!」

奥さんが上になる。

「当たる、当たる、当たるゥゥゥ~、おチンポがあたしの子宮にあったるううぅーーー、また、イッちゃうぅぅ!また、イッちゃうゥゥゥゥ、いっっっっくうぅぅぅ」

長い髪を振り乱し、顔を快楽と苦痛に歪ませて左右に振り、オレの胸へ倒れこんできた。
正常位でハメ直すと朦朧とした意識の中で自ら腰を振り、悶え、喘いだ。
最後は中出しこそしなかったが奥さんの胸に放出した。
それから2時間後、何事もなかったように朝食を食べ、ゴルフをやって帰った。

それから1ヶ月後、会議の前に奥さんからLINEが来た。
前乗りできないかと。
会議の前と後、奥さんとセックスしました。