接待ゴルフの日まで、あと10日となった日、私は妻に話すことにした。

私「今度の接待ゴルフだが、何着る?」

妻「この間買ったのしかないでしょ」
PCMAX

私「社長が服気にしてくれて・・・これ」

私は袋を手渡した。

妻「えっ、これ着るの?」

私「嫌だよね!変な趣味だろ!買いに行こうか?」

妻「あなたの立場無くなるし、いいよ。これ着る」

私「すまない!」

妻「ちょっと着てみるね」

妻が奥の部屋で着替え出て来た。
エロかった。
ちょっと屈むだけで見えそうなパンティ。
胸元からは谷間が見える。
色白の妻の肌が曝け出され、ムチムチとした厭らしさを醸し出していた。

妻「ちょっとヤバくない?」

私「AV女優じゃあるまいし、社長の悪趣味だな」

妻「これで、ゴルフか!ちょっと恥ずかしいな!」

私「いいんだよ無理しなくて。断るよ」

妻「駄目よ!あなた飛ばされる!」

私「いいよ。そうなったら新しい職場を探すよ」

妻「大丈夫!私は平気!若いし、これくらい着れるって」

そんな妻が頼もしく見えた。

そんなこんなで、接待ゴルフ当日の朝がやって来た。
この日も晴れ。
車に道具を積み込み、妻を待った。
着替えた妻が現れ、恥ずかしそうに辺りを見回した。

妻「近所の人に見られるの嫌だから早く行こう」

私は車を走らせた。
妻の太股を見ているとムラムラ来るものがあった。
この後、社長をはじめ、取引相手にまで妻のこの姿を見られ、何をさせられるのか?
私は不安と同時に、今まで感じたことのない嫉妬と興奮を覚えた。

妻「何、真剣な顔してるの?私は大丈夫だよ」

私「社長に何かされてもお前は大丈夫なのか?」

妻「そりゃ!嫌だけど・・・あなたの為なら」

私「裸になれって言われても、お前は俺の為に出来るのか?」

妻「そんなことないでしょ!」

そんな会話をしながら目的地のゴルフ場の駐車場に着いた。
駐車場には既に社長のベンツと取引相手のBMWとアウディが止まっていた。
とにかく金持ち達だ!
私に気づいた社長が手を振っていたので、隣に車を停めた。

私「おはようございます。遅くなりました」

社長「いいんだよ。気にしなくて・・・お~、百合さん来てくれたね。久しぶり・・・」

取引相手「さぁ、揃ったところで行きますか」

社長「そうだね。さぁ行こう百合さん」

取引相手の後を追う様に、社長が妻の腰に手を回して歩き出した。
何だか違和感を覚えた。
取引相手を接待しているというのに社長は好き放題。
取引相手の前で女性の腰に手を回して歩くだろうか?
その答えはすぐに出た。
ハウスに入ると、取引相手が全て手続していて、支払いも相手の様だった。

私「社長!今日は接待ですよね?」

社長「そうだよ。私達が接待されるんだよ。言ってなかったけ?」

私「そんな話聞いてませんよ」

社長「まぁいいじゃないか?怒るなよ」

妻「あなた・・・」

社長「自己紹介してなかったな。こっちが寺田社長で、そちらが佐々木部長」

寺田「いつも社長には世話になってるんだ。今日は楽しんでくださいね、高橋さん」

佐々木「社長、そちらは社長のこれですか?」

小指を立てた。
『俺の妻だ!!!』と言いたかったが言える筈もない。

社長「まぁ、そんなこと良いじゃないか」

私と佐々木さんが一緒のカートで、寺田さんは1人、社長は妻と一緒だった。

「ナイスショット!!!」

社長の一打から始まった。
前と変わらず、妻がボールに触れる度に黒のレースパンティが見え隠れしていた。
寺田さんも佐々木さんもジロジロ見ていて、社長も『どうだ!!!』と言わんばかりの顔をする。

(今日は何を企んでいるのか?)

私の前でも構わず妻のお尻を触り、時には指をマンコに這わせている。
イライラとムラムラでおかしくなりそうだった。
7ホール目で、妻がボールを打つと林の中へ。

妻「あれ~OBかな?」

社長「大丈夫だろ!見に行こう。君たちは先に進んでいいぞ」

そう言って林の中へ消える妻と社長。
なかなか出て来ないので心配だった。
暫くすると、ボールがグリーンの方角へ飛んで来て、その後を追う様に妻と社長が現れた。
妻の足取りが気になった。
ヨロヨロしながら顔が赤らめていた。

(また・・・パンティを脱がされたか?)

心配だった。
グリーンで妻がボールを拾う際に確認したが、黒い物が見えたので安心した。
しかし妻は俯き加減で、歩き方もヨロヨロした感じだった。
ようやくお昼になり、レストランでステーキを出された。

妻「凄い!高級ステーキ」

社長「そうだよ。神戸牛だ!いっぱい食べていいんだよ」

寺田「社長、今日は天気も良くて最高ですね」

社長「そうだな!」

イライラを解消するように私は高級ステーキを食べた。

食事も終える頃、妻がトイレに向かった。
後を追う様に社長も向かった。
気になる私も後を追った。
男子トイレに入ったが社長の姿は無かった。
戻る時、障害者用トイレの前で社長の声が聞えた。

社長「もう濡れているのか?」

妻「お願いです。もう許して」

社長「何言ってるんだ。まだ半分だぞ」

妻「こんなの付けてゴルフ出来ない」

社長「ローターくらいで何だ!バイブ入れるか?」

妻「そんな無理です」

社長「じゃ早く脱いで・・・」

妻「見られますよ。夫も居るんです。困ります」

社長「旦那さんを係長にと考えていたのに・・・残念だ」

妻「そんな・・・」

社長「さぁ脱げるね」

驚いた。
妻はローターを入れてゴルフしていたのか?
ローターなんて一度も使ったこともない妻が・・・。

足早に席に着いた。
少しすると社長と、後を追う様に妻が戻って来た。
妻のポロシャツから透けて乳首が立っているのが明らかだった。
寺田さんも佐々木さんもポカ~ンと口を開けていた。

「さぁ、そろそろ行きましょう」と社長が言うと、「そうですね!」と寺田さんが言った。

妻はノーパン・ノーブラだ!
しかもマンコにはローター?
声を掛けることも出来なかった。
妻も私の方を見ることは無かった。

妻を取られた感じがした。
今の妻はもう社長の不倫相手!!!
そう思うと興奮し始めるのが分かった。

社長はローターのコントローラーを持っているのか、妻が打つタイミングやボールを取るタイミングに合わせスイッチを入れているんだろう?
妻がビクッと動くのが分かると同時に、白い太股を垂れる透明な液も見えていた。
あと3ホールで終わりという時、寺田さんが打っていると、妻の方からバイブの振動する音が聞えた。
たぶん全開で動かされているんだろう!
妻がよろけて、その場に座り込んだ。

社長「おい百合さん、大丈夫か?」

妻「えぇ、大丈夫です」

社長「いや、日射病かも知れないから、そこの休憩所で休もう。寺田!私達はここで終わりにするから、高橋君と最後まで回ってくれ。後でハウスに向かうから」

寺田「分かりました。大丈夫ですかね」

私「社長、私が残りますよ」

社長「何言っているんだ。君は回りなさい」

鋭い目線で見られ、何も言えなくなった。
妻は社長と休憩小屋に向かって行った。

次のコースを終え、気になって仕方ない私は寺田さんに事情を言い、最後まで回った事にして途中でやめた。
急いでさっきの休憩小屋に向かうと2人の姿は無かった。
辺りを見渡すと、林の陰にカートが止まっているのが見えた。
恐る恐る近寄ると、妻が全裸で社長のチンポを咥えていた。

社長「気持ちいいよ。百合」

妻「夫には言わないで下さい」

社長「大丈夫、口は堅いから」

妻「これっきりにしてもらえませんか?」

社長「気に入ったんだ!俺の不倫相手になってくれ」

妻「そんな!」

社長「俺のチンポ咥えて、嫌はないだろ!」

妻「社長が無理やり・・・」

社長「なんだ!俺が無理やりだと・・・」

社長は妻を芝生の上に四つん這いにしてお尻を叩いていた。

社長「お前のマンコに入れるぞ!」

私は声を出せなかったので、ボールを林に投げ込んだ。
慌てる様に社長が出て来た。
妻も服を着て出てきてカートに乗り込んだ。
間一髪!妻のマンコ挿入は阻止した。
もう一発、林に目がけてボールを打ち込んだ。
そして逃げる様にハウスへ向かった。

遅れること3分位して、社長と妻を乗せたカートが到着した。

寺田「今日は社長、お付き合い頂きありがとうございました」

社長「楽しかった!また誘ってくれ」

寺田「もちろん」

社長「百合さん楽しかった。また」

私「では社長、私達はこれで」

社長「高橋君、また誘ってもいいかな?」

私「えっ、他の人の方がいいですよ」

社長「私は、奥さんが気に入ったんだ!欲しいんだよ」

私「そんな!駄目です」

社長「まぁ今日はいい!また後で話そう」

私はドキドキしていた。
社長の目はマジだった。

帰りの車内で妻は無言だった。
途中、誰も居ない事を確認し、車を停めた。
助手席のシートを倒し、妻のスカートを捲った。
呆れた。
ノーパンは知っていたが、マンコとアナルからそれぞれ2つの線が出ていた。
無我夢中で紐を引っ張り出した。
中からローターが2つ出てきた。
妻の目から涙がこぼれた。
ローターを捨て、俺は妻にキスをした。

妻は口づけを終えると話し始めた。
社長にされていた事を細かく・・・。
俺が見ていた以上に凄い事をされていた。
でも、まだチンポ挿入はされていない。
ちょっと安心した。

私「社長殴って辞めるよ」

妻「駄目よ!あなた。今辞めて他にあてでもあるの?家のローンは30年あるのよ」

私「そうだけど・・・」

妻「社長は悪い人ではないと思う!私が気に入られたから・・・」

私「でも・・・このままだと必ずお前は社長に抱かれるぞ」

妻「・・・ちょっと様子見よう。ね」

妻にそう言われ我に返ったが、確かに月々の支払は大きく、今の会社だから払えるんだ。
辞めても他にあては無い。
借金を払えなければ、結局妻に迷惑をかけてしまう。

何か方法はある、よく考えよう。
そう思った。

<続く>