大学1年のころの体験です。

友人達とカラオケ店に行ったとき、飲めない酒を女の子たちの前でいいとこ見せようと、がぶがぶ飲んでました。
当然、酔ってしまい、気持ち悪くなり、トイレに行きたくなりました。
PCMAX
ふらふらしながらトイレに行くと、高校時代の同級生にばったり出会いました。

りさでした。

「たけし君じゃない?かなり酔ってるけど、大丈夫?」

当時、俺はりさのことが好きでした。
オナネタにしたこともありました。

「おー、りさじゃん、全然こんくらい平気だぜ」

強がって言いましたが、ばたん・・・。

気付いたら、りさ達のカラオケの部屋に連れて行かれてました。

りさの部屋には、恵子と真澄も居ました。
昔、真澄にコクられたことがあったけど、俺はりさが好きだったので「ごめん」と言って断っていました。
真澄はエロトークとかも得意で、経験もかなりありそうな感じでした。

真澄は「たけしの奴、私のこと振ったんだよ」と、りさと恵子に説明してました。

「私のこと振るなんて上等ジャン」

真澄は、酔っている俺に近づいてきて強引にキスしてきました。
胸を押し付けたり、チンコをさすったり、りさが見てる前で・・・。

俺は「やめろ」と言って抵抗しましたが、酔ってるので、本気で抵抗出来ませんでした。
真澄はエスカレートして、俺のズボンとボクサーパンツを強引に脱がしてきました。

「なんだかんだ言いながら立ってるじゃん」

その言葉に何も言えずにいると、いきなりしゃぶってきました。

初経験で包茎の俺にはかなり刺激的でした。
真澄は、俺のチンコの皮を根元に引っ張り、亀頭を剥き出しにして、激しくこすってきました。
手と口で激しくされ、あっと言う間に射精・・・。

りさと恵子は「キャーやだぁー」とか言いながら、大爆笑。

真澄は「もう、帰っていいよ」と早々に俺を部屋から追い出しました。

ズボンを履き、とぼとぼと帰ろうとすると、「ちょっと待って」と真澄が・・・。

俺の耳元でひそひそ話してきました。

「たけし君、カッコいいのに、仮性ホーケイで早漏なんだぁ、友達たちにバラしちゃおうかな???」
「かんべんしてくださいよぉ」

「じゃあ、後で電話するから言うことききな」

その数日後、真澄から電話が掛かってきて・・・。
彼女の性奴隷になったのは言うまでもありません。
セックスは何発もやられ、オナニーみせたり、精液が出なくなるまで弄ばれました。

今でも月2回ぐらいは呼び出されてます。
最近は、ちょっと喜んでる俺です。